1. まとめトップ

【裏天皇家】世界天皇スメラミコトの復活【聖地伊勢神宮】

この世の終わりが、九分九厘決まった時。最後の一厘、神の力で逆転する。この、一厘の秘密の意味を解いた者はまだ誰もいない。そしてこれを一厘の仕組と呼ぶ。

更新日: 2016年06月15日

147 お気に入り 224443 view
お気に入り追加

旧約聖書に記されし真の契約の民。古代縄文人の末裔。イスラエル12支族の子孫。真の古代ユダヤ人。古代スメラミコトの臣民。シュメールの直系。周・呉の太伯の子孫。それが日本人です。

聖地伊勢神宮

これはオリオン座の三ツ星を表し、外宮がアルニタク、内宮がアルニラム、伊雑宮がミンタカを表している。

(ネット上の文章引用)

ソロモン王の時代に建設されたエルサレムの神殿の城壁は、現在その西の壁が「嘆きの壁」として残っており、ユダヤ人の信仰の対象となっているが、そこには皇室のシンボルである十六弁菊家紋がある。
そして、伊勢内宮の参道に並ぶ石灯籠には、ダビデの紋(六芒星)とヘロデ王の紋が刻まれている。
更に、内宮と外宮の設計は、真ん中に正殿があり、東西に宝殿が並び、外宮ではこの正殿と東西の宝殿を線で結ぶと正三角形になり、内宮はその逆になるように配置されている。
それを重ね合わせると、六ぼう星になる。
つまり、伊勢神宮はソロモンの神殿なのだ。

(ネット上の文章引用)

原始日本人(縄文人)と里帰り民族(弥生人)のユダヤ大五芒星。

平安京のことを古代ヘブライ語でイスラエルという。

(ネット上の文章引用)

※クリックで拡大できます

日本の近畿地方には、古来より巨大な【生命の樹】が存在している。

(ネット上の文章引用)

天照大神はイエス・キリストである

天照大神の別名はアマテラス クニテラス アメノホアカリ クシタマ ニギハヤヒノミコト(天照国照天火明櫛玉饒速日命)という。男神アマテルとはこの神のことを指す。

実はこのニギハヤヒこそがイエス・キリストである。

竹内文書には「イスキリス・クリスマス。福の神。八戸太郎天空神。五色人へ遣わし文」で始まる文書がありそれによると十字架上で死なずに日本へ渡来(ゴルゴダの丘で処刑されたのは、弟のイスキリと記する)とある。

(ネット上の文章引用)

出口王仁三郎は伊勢神宮に「イスラエル」と読み仮名を振った

、日本に渡来した原始キリスト教徒(秦氏)によって、ソロモンの神殿が建設された。それが伊勢神宮である。

神社の配置によって形成されているのは、十字架ではなく、T字架であり、それを構成しているのは、瀧原(たきはらの)宮、月読(つくよみの)宮、伊良湖神社、気比(けひ)神社の4社。
なお、イエスが磔刑に処されたのは、十字架ではなくT字架であり、十字架ができたのは少し後の時代であったという説があります。おそらく、それが真実であり、十字架になってしまわないように、伊雑(いざわの)宮をあえて「月読(つくよみの)宮―気比(けひ)神社」ラインから外したのではないかと思われます。
なお、イエスが磔刑に処された際には、そのT字架に罪状書きが取り付けられたとされています。

3つの神社を1セットとする時は、「一直線に並ぶのは不可で、二番目の神社は起点となる神社から見て、3度ずれなければならない」というルールがあるようです。ちなみに、「月読(つくよみの)宮―加佐登(かさと)神社―気比(けひ)神宮」は、加佐登(かさと)神社が東側に3度ずれ、一方、「伊雑(いざわの)宮―内宮(ないくう)―外宮(げくう)」は、内宮(ないくう)が西側に3度ずれています。

(ネット上の文章引用)

おそらく、「月読(つくよみの)宮―加佐登(かさと)神社―気比(けひ)神宮」は男神(陰陽の陽)のラインで、「伊雑(いざわの)宮―内宮(ないくう)―外宮(げくう)」は女神(陰陽の陰)のラインであり、陰と陽では鏡合せのように逆にしなければならないという思想があるのではないかと思われます。さらに、加佐登(かさと)神社がT字架の何を表現しているのかを考えます。
位置的に言えば、おそらく、それは「足台」でしょう。

(ネット上の文章引用)

一口に十字架と言っても様々な種類があり、我々がよく目にする横軸と比べ縦軸が長くなったものはラテン十字と呼ばれ、また、T字になったものは、タウ十字と呼ばれます。
 そして、十字架の種類の一つに東方十字(八端(はったん)十字)と呼ばれるものがあります。これは、ロシア正教会で用いられるもので、上部の横軸が罪状書き、下部の斜めの軸は足台を表しています。これは、ロシア正教会の伝承では十字架には足台があったとされているからです。おそらく、イエスが磔刑に処された十字架にも足台があったのではないかと思います。

(ネット上の文章引用)

<ヨハネの福音書 第19章19-38節>
ピラトは罪状書きも書いて、十字架の上に掲げた。それには「ユダヤ人の王ナザレ人イエス。」と書いてあった。それで、大ぜいのユダヤ人がこの罪状書きを読んだ。イエスが十字架につけられた場所は都に近かったからである。またそれはヘブル語、ラテン語、ギリシヤ語で書いてあった。

(ネット上の文章引用)

史上初の伊勢神宮と出雲大社の式年遷宮が重なる2013年

ヨハネの黙示録666の正体

世界天皇スメラミコトの復活(天照大神の天の岩戸開き)

秦氏は、北イスラエル­王国の十支族ではありません。

イスラエル十支族はアッシリア滅亡後、東進を開始し、紀元前には日本列島に到達してい­ました。
この際、契約の箱アーク(御船)、三種の神器(十戒石板・マナの壷・アロンの杖)、そ­して、モーセの作った青銅の蛇の旗竿(ネフシュタン)を携えていました。

現在、契約の箱と十戒石版(八咫鏡)は伊勢神宮内宮の地下殿に、マナの壷(真名之壷)­は外宮の地下殿に、それぞれ御神体として祀られ、ネフシュタンは、外宮の心御柱(しん­のみはしら)となっています。
このネフシュタンの別名を天御量柱(あめのみはかりのはしら)と呼びます。

アロンの杖(草薙剣)だけが、伊勢ではなく、名古屋市の熱田神宮に祀られていますが、­時代が満ちたときに、伊勢神宮に返還され、伊雑宮(いざわのみや)の心御柱となります­。

一方、秦氏は、イエス・キリストの磔刑・復活後、ユダヤ戦争から逃れ、中央アジア⇒朝­鮮半島に移住した後、最終的に日本列島にたどり着いた、南ユダ王国の人々です。
「ハタ」とは古代エジプト語で「ユダ」つまりライオンを意味します。
ユダ族の紋章はライオンであり、現在でも狛犬や、獅子舞にその名残をみることが出来ま­す。
彼らは、自分達の救い主イエス・キリスト磔刑の聖十字架を、はるばる日本まで運んで来­ました。

聖十字架は、縦木が「天御柱(あめのみはしら)」、横木が「忌柱(いみばしら)」と呼­ばれ、伊勢神宮内宮の心御柱として、地下殿に契約の箱(アーク)と共に祀られており、­ごく一部の祭祀一族のみしか、拝することを許されていません。
別名として、縦木は「轅(ながえ)」、横木は「軛(くびき)」と呼ばれます。イエスが­ゴルゴダまで担いで歩いたのは忌柱のみであり、
天御柱は、ゴルゴダの刑場に立てられていました。

驚くべき事に、イエスの磔刑から2000年を数える現在でも、十字架は一切腐らず、当­時のまま(血のついたまま)の姿を留めています。
ピラトが「ナザレのイエス ユダヤ人の王(INRI)」と書き、十字架上に打ち付けられた罪状板は、現在、伊雑宮­に保管されています。
このINRI, (INaRI)が、日本全国に散らばる「稲荷神社」の語源です。

欧州のさまざまな教会に、聖遺物として、十字架の欠片が保管されていますが、
残念ながら、それらはすべて偽物です。

日本の指導者達は、これら、大和民族の神権の証し(レガリア)であるヘブライの御神体­を、諸外国から守るために、渡来の記録が残る朝廷図書館を焼き、大陸から仏教を導入し­、律令制度を取り入れ、八百万(やおよろず)の神の信仰を作り出すことで、
大陸文化によって、ユダヤ=キリスト一神教を覆い隠しました。
これらの御神体を、諸外国に強奪される事は、絶対に許されません。

時代が満ちたとき、「本当の伊勢神宮」である伊雑宮が、本宮として巨大神殿に
建て替えられ、
本宮・内宮・外宮の三宮が並び立ちます。全ての準備が整ったとき、地上に
天照大御神(イエス・キリスト)が再臨します。そのとき日本人は、聖書の予言通りに、
神権の証である主の箱と、聖十字架を地上に復活させ、高く掲げなければなりません。

イエスの再臨を持って、古代より永きに渡った伊勢神宮の役割は、
終焉を迎えることとなります。

(ネット上の文章引用)

一厘の仕組

この世の終わりが、九分九厘決まった時。最後の一厘、神の力で逆転する。この、一厘の秘密の意味を解いた者はまだ誰もいない。そしてこれを一厘の仕組と呼ぶ。

一厘の仕組を解く者、此れ即ち、天照大日孁貴大神の血脈
一厘の仕組を解く者、此れ即ち、三種神器の主
一厘の仕組を解く者、此れ即ち、国体の天皇
一厘の仕組を解く者、此れ即ち、シュメールの天帝
一厘の仕組を解く者、此れ即ち、スメラのミコト

旧約聖書に記されし真の契約の民、古代縄文人の末裔、イスラエル12支族の子孫、真の古代ユダヤ人、古代スメラミコトの臣民、シュメールの直系、周・呉の太伯の子孫、此れ即ち、我ら日ノ本の民

今度の戦は神力と学力のとどめの戦ぞ。神力が九分九厘まで負けたようになった時に、まことの神力出して、グレンと引っ繰り返して、神の世にして、日本のてんし様が世界をまるめて治しめす世と致して、天地神々様にお目にかけるぞ (日月神示 下つ巻第20帖)

今度の戦済みたらてんし様が世界中治しめして、外国には王はいなくなるのざぞ
(日月神示 天つ巻第16帖)

神の目には外国も日本もないのざぞ。みなが神の国ぞ。七王も八王も作らせんぞ。一つの王で治めさすぞ。てんし様が世界みそなわすのざぞ (日月神示 地つ巻第15帖)

立て替えと申すのは、神界、幽界、顕界にある今までのことを、綺麗に塵一つ残らぬように洗濯することぞ。今度という今度はどこまでも綺麗さっぱりと立て替えするのざぞ。立て直しと申すのは、世の元の大神様の御心のままにすることぞ。御光の世にすることぞ。てんし様の御稜威輝く御世とすることぞ (日月神示 水つ巻第12帖)

不二は晴れたり、日本晴れ、三千世界、一度に開く梅の花

時は満ちたり、スメラミコトの御姿、汝の眼におさめて下されよ…

http://bit.ly/1kRXx2H

(ネット上の文章引用)

日ユ同祖論

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう