1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

スピリッツ新連載の「ヒガンバナの女王」が来るんじゃないかとざわざわ

2013年5月27日発売の週刊ビッグコミックスピリッツで新連載となった「ヒガンバナの女王」(作者:岡仁志太朗)が来てる。これは化けるんじゃないかとネットで話題!!その様子をまとめました。

更新日: 2013年06月07日

swryyyyyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
279 お気に入り 104351 view
お気に入り追加

▼2013年5月27日のスピリッツで新連載!

▼コミックナタリーも取り上げてます!!

▼twitterでは、単純に「面白い」というよりも「ゾクゾクする感」がキテる

ヒガンバナの女王は今週も煮え切らない童貞の見苦しい鬱屈とした劣情を描いていて素晴らしかったですね

ヒガンバナの女王、先週から始まったけどこれは毎週チェックやわ。主人公が他人と思えない(名前的な意味でw)。男の方が主人公だよね?

今週号から始まった『ヒガンバナの女王』。濃いめのキャラと世界観で面白くなりそう。ラストの三角絞めの入り方が実にリアル。相手の片手を払って、延髄付近に脹ら脛を落とす描写が美しい。「分かって描いている感」があって、なんだか嬉しくなってくる。 #w_spi

「この… 泣き虫妄想野郎。」
「アハッ。」

▼これは人気が出るんじゃないかとザワザワ

スピリッツ新連載のヒガンバナの女王。これは面白い。一話でこれだけ食いつかせる漫画も久しぶりだわ。今後期待。

スピリッツの新連載のヒガンバナの女王、がなんかいい感じだぞ(`・ω・´)、これは売れるかも?( ・◇・)?

スピリッツで先週から始まったヒガンバナの女王ってやつが面白そうや...。多分来ると思う。

スピリッツ新連載の「ヒガンバナの女王」がなかなか。今後の展開次第では化けそう。

▼スピリッツ編集者によると、作者の岡仁志 太郎さんはこんな人

「ヒガンバナの女王」の岡仁志くんと「よいこのSF劇場」の高橋さんは二、三年目の頃に持ち込みを受けて、スピ賞→新コミというスタンダードなコース。しかしその後、長いことうまく掲載までに導くことが出来なくて、申し訳ない気持ちでしたが、今年は二人とも初単行本が出せそうで本当によかった…

▼岡仁志 太郎さんのtwitterはこちら。

▼あの作風なのに、つぶやきを見ると、なんだかとても良い人そう。

拙作の感想等ツイートして下さってる方、 拙作をきっかけにフォローして下さった方、 心の中では常にペコリでございます。 ただただ感謝の気持ちでございます。

馬鹿騒ぎするのは最初だけ、 と頭では分かっていても結局、 頭の中で馬鹿騒ぎをしてしまふ。

▼岡仁志先生はどうやらこのまとめを見られた様子、、

私何がどう間違っても良い人ではござんせん。 知ってる人は知っております。 人生謝らなければいけないことばかりです・・

▼それに対して先ほどのスピリッツ編集者のオイカワさんもかぶせる

そうだね! RT @onanistar_low: 私何がどう間違っても良い人ではござんせん。 知ってる人は知っております。 人生謝らなければいけないことばかりです・・

みんなに知ってほしくて、応援したくてこれ作ったのですが、なんだかすみませんです、、
なにはともあれ頑張ってください!毎週期待してます!

1




swryyyyyさん

同じネタでたくさんまとめが作られているので、差別化した切り口を心がけてます。よろしくお願いします。

このまとめに参加する


NAVER リンク