1. まとめトップ

ドヤ顔がかわいい!コツメカワウソって知ってる?

ドヤ顔っぽいのがかわいいコツメカワウソの画像集です。未熟者なのでカナダとかユーラシアカワウソが混ざっているかもしれません。

更新日: 2013年08月26日

shikibu56さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
180 お気に入り 84816 view
お気に入り追加

カワウソの仲間で1番身体の小さい種類。

体長は40〜65cm、体重は3〜6kg

インド南部や東南アジアの河川や湖の周辺、沼地、湿地帯などのほか、沿岸部に生息している。

名前の通り爪が小さいが、前足を器用に使って獲物を捕まえることができる。

食事は魚やカニ・ザリガニなどの甲殻類、カエルなどの両生類が中心。

コツメカワウソは好奇心が強く遊び好きで人にも慣れるため、マレーシアでは飼いならされて漁業に使われてもいたこともあった。

水性生活に適した体つきをしており、全体的にスリムな流線型。

尾は長く体長の3分の1ほどあり、水中でバランスを取ったり、推進力をつけたりしている。

天敵はワニや大型の蛇、犬やジャガーなど。水中で機敏に動くことができるため生存率は高めともいわれている。

いくつかの水族館や動物園にいます。
日本でペットとして飼うことも一応できますが、密輸された個体だったりすることもあるので生半可な気持ちでは手を出せませんね。

鳴き声は「ピャー」と言ったかわいい感じで鳥のようです。

群れで生活するため何種類もの鳴き声を使い分けてコミュニケーションを取ります。

コツメカワウソ10~15頭ほどの大きな家族群で生活している。

一夫一婦制で夫婦の結び付きが強い。

動物園や水族館に行くなら家族で飼育されているところの方がが見ていて楽しいです。

水から上がると、麻袋や地面に身体をこすりつけて乾かします。
すぐにフワフワに戻ります。

魚を食べている時の悪い顔が可愛いですね。

頭から派と、尻尾から派がいます。

一部水族館ではカワウソと握手するイベントも!
ぷにぷに!びしょびしょ!
こちらは油壺のコツメ。

この画像はオオカワウソ。南米に住んでる。
ラッコ並みの大きさなのでコツメカワウソとは全く違った雰囲気。
頭から尻尾の先まで2m近くになることも。
体長85〜140cm、体重オス26〜34kg、メス20〜26kg。
ちょっとモンスターっぽい。
群れでワニを食べることもあるそうです。

現在はバックヤードで飼育されていて、時々お散歩に出てくる女の子。

1




美術館、博物館めぐりが好きです。
民族衣装も好きなのでその辺りをボチボチまとめてます。
ほかのまとめももどうぞ。

このまとめに参加する