1. まとめトップ

【猫大喜び】猫ちぐらを作ろう! 作り方のまとめ

猫飼いのあこがれ、猫ちぐらを自分で作る方法をまとめました。根気さえあれば誰でも作れますのでがんばってくださいね。

更新日: 2015年01月16日

cat800さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
493 お気に入り 413517 view
お気に入り追加

▼ 猫ちぐら(猫つぐら)とは

猫ちぐら(猫つぐら)は、わら(藁)で作った猫ベッドです。

わらは保温性が高く通気性があるので、夏は涼しく冬はあたたかくと、猫がオールシーズン快適にすごすことができます。

何よりも猫が入っている姿がかわいいです!

本物は大人気で現在2~3年待ちで、金額も安くありません。
最近は中国製の安価なねこちぐらを売っていますが、品質や安全性に不安があったりします。

なので時間のある方はぜひ作ってみて下さい。

※ねこちぐらの購入方法から作り方までをまとめていたのですが、引用に問題があったようで観覧できないようになってしまいました…。
ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
改めてコンテンツに気をつけながらまとめています。

▼ 猫ちぐらを作ろう!

猫ちぐらは、藁縄と時間と根気さえあれば誰でも作ることができます。

大変ですが、そのかわり出来た時の喜びもひとしおです(^^)

時間があるときに、ぜひ作ってみてくださいね。

▼ 猫ちぐら マニュアル本を入手しよう!

猫ちぐらの作り方の本がありますので、まずはこれを入手しましょう。

川崎市の日本民家園で販売されていますので、直接購入するか通販で購入して下さい。
※一般の書店やAmazonでは販売していません。

▼ 猫ちぐらの材料をそろえよう!

材料は藁縄だけです。
(藁を編む所から始めるのはさすがに大変ですので…)

ホームセンターやネットで購入できます。金額も安いです。
Amazonでも売ってますよ。

藁縄以外にも紙紐等の、同じ様なものなら何でもかまいません。

ただし猫がひっかいて口に入れる可能性がありますので、ビニール製のものや、品質のよくわからないものは使用しないで下さい。

▼ 猫ちぐらを作る前に

藁縄でも紙紐でも、けっこう粉やカスが散りますので、汚れても良い場所でやりましょう。

また1日で出来るものではありませんので、いつでも中断できる作業場を確保しておきましょう。

作りかけを猫にみつかると、ひっかいたり紐で遊ばれるかもしれませんが、それはそれでかわいいのでどうすればいいか悩みますねー。

▼ 猫ちぐらの作り方を見てみよう!

▼ 実際に作ってみたレポート

基本の編み方です。
これができそうな人がわらで挑戦してみて下さいね。

1





cat800さん

マイブームをまとめています。
よろしくお願いします(^^)



  • 話題の動画をまとめよう