1. まとめトップ

京都1泊2日女子2人旅♡おすすめの観光コース

先日女性2人で大阪から京都に1泊2日で旅行に行ってきました。1泊なので観光名所すべてを網羅することはできませんでしたが、十分堪能できました。私たちが辿ったコースをそのまま再現するので、京都観光モデルプランの一つとして参考にしていただければ幸いです♪

更新日: 2014年07月16日

729 お気に入り 279142 view
お気に入り追加

1日目は、朝9時頃、大阪・淀屋橋駅を出発。京阪に乗って祇園四条駅を目指します。
電車賃はなんと片道400円!京阪は安くて綺麗で快適なのです。平日で車内もすいていて座れました。約1時間で京都に到着。

祇園四条駅に到着すると、早速、駅構内におみやげを売っている売店発見。
そこで目にとまったのが...

京都で最近よく見かけるおみやげ。京都のちりめんでできた風呂敷を、別売りの100円の取ってに自分で結びつけるだけで簡単に作れます。風呂敷はどれでも好きな柄を選べます。

さあ、駅を出た後は、歩いて15分ほどのある場所を目指します。
その途中にも大通り沿いにおみやげの店が何軒も並んでいるので、寄り道しながらぶらぶら歩きます。
そのおみやげ屋さんで見つけたのは...

百人一首の絵がかかれた袋の中にいろんな味の小さな丸いおせんべいが入っています。

桜柄やテッセン柄など、いろんなお花の柄が描かれたマグカップのシリーズです。

寄り道ばかりはしていられません。詰め込み弾丸ツアーなのだからそろそろペースをあげなくちゃ。するといよいよ視界に入って来たのはお目当ての...

本当はじっくり中まで回りたいけど、今回は時間がないので外から写真を撮るだけにしましょう。

急いでタクシーにのりましょう。この後12時にランチの予約を取ってあるんだから、それに間に合うように行って帰ってこないといけないんです。もう11時なんだから。
タクシーで向かった先は...

新緑の季節の南禅寺は格別です。門を通った瞬間広がる緑の風景と吹き抜ける風に癒されます。ですが、私たちのお目当ては何といっても庭園です。手前にはカキツバタ、奥には小さな滝、と圧巻です。行って損はないです。省略しなくてよかった。南禅寺は湯豆腐でも有名で、湯豆腐の店がたくさんありました。

南禅寺を出た後は、ちょうどいい時間になったので、いよいよ、楽しみにしていたランチです。
テレビで見てからずっと行きたかったあのお店...

関西のテレビでは毎年夏が近づくと川床料理の特集がバンバン流れます。それを見ていて前から行きたかった今回の旅行で一番の目玉です。特に5月下旬はおすすめです。
適温で風が涼しくて、他のお客さんも夏場ほど多くないからです。
今回は鴨川の川床料理の中でも特に有名な田鶴さんにお邪魔しました。
老舗なので普段のランチよりは少し奮発しました(笑)が、それ以上の味と華やかさでした。屋外で食べるランチはとても気持ちがよかったです。
鱧料理や鴨まんじゅうなど京都らしいものが食べられます。
突然真横の水路に白サギがとまって癒されました。

京都といえば以前からやってみたかった舞妓体験です。今回は4000円台の格安プランがある「四季」さんにお世話になりました。
時間も1〜2時間ほどでテキパキと進めてくださり、200着の着物から選ばせてもらえるのでおすすめです。

舞妓体験が思いのほか早く終わったので、予約していた夕飯まで時間が余ってしまいました。
そこで、前からテレビで見て行きたかったあの場所に...

鍛金とは、一枚の地金を金槌で叩いて締めることによって美しいフォルムを創る技法のことを言います。独特の味のあるオシャレな食器や調理器具が売られています。
三十三間堂の近くにあるお店です。コップやビアジョッキを買いました。

せっかく近くまで立ち寄ったので、有名な三十三間堂も拝観したかったのですが、残念なことに、17時までで閉まってしまうので、タッチの差で間に合いませんでした...。
弾丸ツアーだとこういうこともあるのです...。

再び鴨川の川床に戻ってきました。Vineria t.v.bです。川床というと、座敷で和食というイメージですが、ここ数年、鴨川には洋食やエスニックの川床が急増しているんです。私たちが訪れたのもその一つ。とってもオシャレでリーズナブルなレストランでした。シャンパンに白レバーのパテ、生ハム盛り合わせ...。
ただ、一つだけ注意していただきたいのは...川床って昼は涼しくてちょうどいいんですけど、夜になると寒いです。5月ぐらいだとはおるもの一つ持って行った方がいいかもしれません。
振り返ると歌舞伎の南座や京都の夜景が見えて、雰囲気に酔いしれました〜。

1 2 3




くろめくりいむさん