1. まとめトップ
12 お気に入り 102077 view
お気に入り追加

自動車学校は通学か合宿の2種類がある!

自動車学校で学科と実技を学び、免許センターで試験!
というのは全国共通ですが、自動車学校のスタイルは通学方式と合宿方式の2種類があります!

合宿で免許を取るメリット・デメリットをまとめてみました。

大学生に人気なのが合宿での取得方法!

そのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット1 出会いが多い

免許合宿の利用者には長期休みを利用した大学生が多く、20歳前後の女性と簡単に出会うことが出来ます。
普段の生活の中で、20歳前後の女性と出会うことのハードルの高さを考えれば、これがどんなにすごいことかがわかることと思います。

免許合宿で出会った二人は苦難をともにしただけあって卒業後もうまくいくことが多いようです。
卒業後に交際・結婚したという人も少なくないようで、かなり期待が出来ます。

同じところに泊まっていた合宿生とは異性問わずな仲良くなれたので私的には楽しく免許が取れました(^_-)~☆

宿舎での朝食・夕食などで一緒に過ごすことも多く、自然な流れで女性と親しくなることが出来ます。
会話のきっかけも学科のわからないところや面白い教官の話など、話題にも困ることも無いと思います。

様々な場所から1か所の学校に集まるため、普段で会えないような人と出会うことができます。
免許取得という共通の目標に向けて、頑張っていくうちに自然と仲良くなるというパターンが多いようです。

なかには彼女ができたという人や、一生の友達ができたという人もいるようです!

メリット2 免許取得までの日数が短い

通学での取得となると学科のスケジュールや配車のスケジュールが合わず、早くても2~3か月かかるという人が多くいますが、合宿の場合は学科・配車ともにスケジュールが組まれており、無駄なく免許取得に集中することができます。

AT限定なら2週間ちょっとで取得できるなど早さが魅力です。

メリット3 確実に取得できる!

合宿免許では、運転免許の取得が確実にできます。これも一つの大きなメリットですね。運転の技術や学科の習得には個人差はありますが、合宿で毎日教習を受けることで、上達は確実に速くまた確実の身についていきます。まわりの人たちとの会話などからも運転のコツや学科のコツなどをつかむこと出来るのが合宿免許です

鳥取県内の道路は市内でも最大で片側2車線しかなく、交通量も非常に少ないため走りやすいです。

合宿だと、ほぼ毎日車に乗ることになるのですぐに運転のテクニックが上達します。
通学だと配車やその他スケジュールの関係で、車に乗る間隔があいてしまい、なかなか上達しないということも多いようです。

メリット4 旅行気分も楽しめる

合宿での取得は地方の自動車学校に行くことになります。

学校によっては宿泊先で郷土料理や観光地へのバスなどを運航しているところもあり、免許取得と旅行の両方を楽しむことができます。

普段の生活圏からから少し離れての宿泊しながらの教習は、新しい環境でその土地の料理や郷土にふれ観光に出かけるなどしてちょっとした旅行気分を味わえるのも合宿免許の楽しさのひとつです!

メリット5 安い!

どこの自動車学校でも、通学よりも安い場合がほとんどです。

もし予定のスケジュールで取得できなくて、再検定や再試験となった場合、通学だと追加料金がかかりますが、合宿の場合はかからないということが多いようです。

合宿免許のシステムのほとんどがパック料金となり、教習費+宿泊食費(3食付)+交通費、全て込みの安心保証料金となる。
教習所によっては教習補習や再検定、延泊費用など追加費用がなしというところもある。

デメリット1 まとまった休みが必要

最低でも2週間の休みが必要です。

大学生の長期休暇や、自由登校期間中の高校生などでないと無理でしょう。

2週間程度の教習課程を一気にこなすため、結構忙しい。
また、その間、地方の合宿所へ行くため、まとまった休みがいる。

デメリット2 人数制限がある

宿舎の定員や配車の定員の関係で、人数制限があります。

人気の自動車学校はかなり前から予約でいっぱいとなってしまうようです。

デメリット3 道路事情が違うことがある

1 2





競馬・旅行・ディズニー・自衛隊など好きなことを気ままにまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう