1. まとめトップ

仕事をする上では、いつまでもアナログな感じがしますが、FAXはまだまだ現役で必要となります。しかし、FAXの利用にはいくつかのデメリットがあります。

FAXが持つデメリット

1.利用場所に依存する
FAX複合機が置いてある事務所からしかファックスの送信も受信もできない。今時、スマホを始めとしたモバイル環境も充実しているのに、利用する場所が限定されるなんてナンセンス。

2.FAX複合機のコスト
FAX複合機は、それなりにお金がかかります。購入するにはそれなりに高額で、リースするにもいい料金がかかる。たまにしか利用しないけどないと困るのがFAX。どうにかコスト削減ができないかと思います。

3.FAX複合機のスペース
FAX複合機は、それなりに大きな機械です。当然ながらオフィスの中ではそれなりのスペースを必要とします。

FAXが抱えるデメリットを解決してくれる「インターネットFAX」

1.場所を選びません
インターネットFAXは、メールを利用したFAXの送受信サービスです。インターネットに接続された環境なら、スマホでも携帯でもFAX送受信が可能。

2.コスト
FAXの受信だけなら無料のサービスや、月々1,000円ほどで利用することのできるインターネットFAXサービス、基本料金は無料で送信に応じて料金がかかるなど、インターネットFAXにもさまざまなサービスがあります。FAX複合機と比べコストは大幅に削減。

3.スペース
当然ながらメールを利用したインターネット環境から利用するので、大きな機械も不要です。

インターネットFAX会社はどういうところがあるの?

純国産のサービスや、海外から日本に入ってきているサービスなどさまざまあります。以下は主なインターネットサービスです。

・eFax
・BizFAXストレージ&リモート
・BizFAXスマートキャスト
・KDDIペーパレスFAX
・D-FAX
・Toones
・メッセージプラス
・faximo

インターネットFAXの比較サイト

インターネットFAXにもさまざまなサービスが存在していますので、情報提供から比較まで行っている比較サイトも多くあります。

1





oshimさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう