1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

明るい気分になれる80年代洋楽のPOPなヒット曲集♪

やたらカラフルで、シンセで、軽かったエイティーズ・ポップス。日本人にも馴染みやすいメロディがあふれていました。疲れた時や落ち込んだ時には、ぜひ聴きに来て下さい。

更新日: 2016年05月26日

ekizoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
232 お気に入り 288429 view
お気に入り追加

80年代にもっとも前衛的だったプリンスが、可愛い女の子たちのためにプレゼントした最高にキュートな一曲。

日本ではフジテレビの宣伝で有名な曲。動画も夜ヒットです^^;

まとめタイトルでこの曲を連想された方も多いでしょう^^; 定番です。

80年代前半はシンセの時代でもありました。フレッシュな音像が快感!

アメリカ西海岸の陽気なロックを絵に描いたような名曲。

80年代版ジャクソン・ファイブのようだったニュー・エディション。

日本のファッション界にも結構大きい影響を与えたSOS。おしゃれでポップ。

アフター5にこんな感じで飲みに行ければ、超ハッピー!

Tracy Ullman - Breakaway
60年代のガール・ポップをパロったMVがいい。英国ならではのセンス。

運営者の判断により非表示にされています。

真夏の夜のクラブにピッタリの曲。レゲエをポップに昇華。

Ghostbusters - Ray Parker Jr.
クールでハッピー。曲に合わせてGhostbusters!って叫んでれば嫌なことも忘れそう^^;

運営者の判断により非表示にされています。

たしか田原俊彦とかもライブで歌ってたくらいポップで、歌詞も応援歌^^;

個人的に再評価を望みたいローマン・ホリデイ。デビューアルバムは傑作。

Hall and Oates - Private Eyes
80年代にソウルとポップのいいとこ取りで成功したH&Oの有名曲。

運営者の判断により非表示にされています。

ちょっとだけ変態がチラ見えしちゃってますが、それでも堂々たる名曲。感動すら。

ハードロック系からはもちろんこの曲。歌詞の内容は意外にシニカル。

意外に陰影に富んだ曲が多いニューロマですが、デュランのこの曲は肉食系で気持ちいいです。

ドリーミーなところでは、これがおすすめ。カバーですが、ジュリアンの魅力がうまく出てます。

ブラコン(死語?)で元気だったライオネル・リッチー。

「ネリーさんだ象」をここに含めていいのか疑問だが、元気にはなる。

ビリーのポップスの傑作「イノセント・マン」からのシングル。イントロの気持ちよさは出色。

オザケンが「ぼくらが旅に出る理由」で取り上げたことでも知られる、ポール・サイモンの名曲。祝祭的な雰囲気。

ポップなシンセで忘れてはならないのがこの曲。最近ダフト・パンクもオマージュしたジョルジオ・モロダーのプロデュース。

まあ80年代を通してたぶん最もポップだったWham!ですが、このステキな曲がなんで中国なんだろう?
日本人にはMaxell^^;

でもやっぱり心から明るく自由な気分にしてくれるのは、ボス。

ロビン・ウィリアムズの、最後のお別れのときにも流れていたという…
でも、誰にも真似できない最高のスマイル!

すいません、湿っぽくなっちゃったんで、最後は永遠の野獣トリオで。

↓ こちらもどうぞ

1 2





今まで愛して来た素晴らしい娯楽/芸術の世界を紹介して行きます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう