1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

Windows8/8.1 で日本語アカウント名が使われてしまう

Windows8 インストール時の初期ユーザ作成で Microsoftアカウントでサインインした場合、ユーザー名やホームフォルダ名に日本語が使われてしまう場合があります。トラブルの原因になるので、できるだけ英数字以外は使いたくないですね。# 10/05 8.1 の手順を追加

更新日: 2013年10月18日

Pome_Shibaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 87127 view
お気に入り追加

Windows8をインストールするとき、MicrosoftアカウントでPCにサインインすると、C:\Usersの下に作られるフォルダ名が、Microsoftアカウントに登録している名前(苗字ではなく)になります。

Microsoft アカウントが、「山田 太郎」と登録されている場合、「太郎」というフォルダが作成されてしまいます。

このとき、Microsoftアカウントに名前を日本語で登録していると、日本語のフォルダ名になります。

すでに漢字名フォルダができてしまったら、もうそのユーザはその漢字名フォルダを使い続けるしかありません。

日本語フォルダーができてしまったら、早めに新しいユーザーを作りなおしましょう。

インストール時に一旦「Microsoftアカウントでサインインしない」を選択して、英字のローカルアカウントを作成し、そのあとでMicrosoftアカウントに切り替えると、C:\Usersの下は一旦作ったローカルアカウント名のフォルダが使用される

Microsoft アカウント

新しいアカウントを作成する

先にローカルアカウントを英数字の範囲だけで作成し、そのあとでMicrosoftアカウントへ移行すれば、日本語のフォルダが勝手に作られることから逃げられます。

新しいユーザーの追加でアカウントを作成するときはアルファベットと数字のみ(半角)で作成してから、アカウント名の変更で表示する名称を変更します。

こうすることでアカウントのシステムフォルダーが日本語や記号に対応していない場合の不具合を回避することができます。

インストール時に 「ローカルアカウントを作成する」

「PCへのサインイン」という設定画面になったら、下にある「Microsoft アカウントを使わずにサインインする」を選択します。

非情に「ローカルアカウントを作成する」を選択します。そして、英数字でローカルアカウント作成するのです。

実は、ローカルアカウントを選択しても、後からMicrosoftアカウントを関連づけることができるのです。

Windows8.1 では手順が変わりました。

後から Microsoft アカウントを関連づける

ローカルアカウントでログインし、「設定」「PCの詳細設定」「Microsoftアカウントへの切り替え」クリック、LiveIDとパスワードでログインできるようにする。

日本語アカウント名はインストール問題の原因となる?

日本語アカウント名を利用していると日本語化されていないソフトでトラブルが発生するのは良くあることですが、日本語対応しているはずのソフトウェアでも様々な問題の原因となります。

KOBO の問題はまだ記憶に新しいですし、XPでのムービーメーカーのインストール問題やVista の Windows Update 問題など、無数の Bug がありました。

1 2





Pome_Shibaさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう