1. まとめトップ
  2. 雑学

育てやすいハーブ集めました

観葉植物もいいけど、リラックス効果や料理に使えるハーブも育ててみたい・・・。でもハーブの植物・・・。世話が大変そう・・・。そんなイメージがありますが、出来るだけ育てやすいハーブを集めてみました☆

更新日: 2013年07月04日

507 お気に入り 313489 view
お気に入り追加

ハーブとは・・・

まず・・
ハーブとは、ヨーロッパで薬用の薬草やスパイス等で使用される植物のことです。

野菜や穀物のように大量に生産されている物や、草花のような観葉植物は除外。

香りや辛味、苦味などの風味を楽しむ為に使用されるキッチンハーブを指すことが多いです。

植物の種類には、何年の育つ 『多年草』 と、1年で枯れる 『1年草』 があります。

『1年草』 を育てる場合は、種の採取をしておくと次の年に買わずに済むのでとても楽。

オレガノ

トマトやチーズと相性のいいハーブ

とても強く育てやすいが高温多湿に弱いので、
夏は風通しのいい所に置いてあげましょう。

乾燥に強いので、水やりは控えめに。

カモミール

多年草は「ローマン種」一年草は「ジャーマン種」
ハーブティーとして利用され、よく見かけるのは「ジャーマン種」になります。

半日陰を好み、寒さには強い方です。
乾燥には弱いようですが、あげ過ぎも注意。
土が湿っているくらいが丁度よいようです。

半日陰で、たまに水をあげていれば育つので、比較的育てやすい。

花は随時摘み取り、乾燥させてハーブティーに使用してよいようです。

クレソン

水辺でよく育つハーブ
育成旺盛でよく茂るので、成長期は随時収穫して料理等に使いましょう。

鉢植えより水耕栽培がオススメ

強健ですが、涼しい場所が好きなようですので、
半日陰に置いてあげましょう。

寒さには強いですが、冬にも収穫したければ、8℃以上の気温を保つようにしましょう。

バジル

サラダやパスタ、ピザなどイタリア料理によく使われるハーブです。

上にどんどん伸びていくので、芽先を摘み取ると脇芽を出すので、枝を増やし収穫量を増やしていきましょう。

日光が好きなので、日当りのいい場所に出してあげましょう。
乾燥にも弱いので、土の表面が乾いたらたっぷりと水やり

日光と水だけ気を付ければどんどん増えるので、収穫しジェノベーゼソースを作っておくといいでしょう。

ただ、花を咲かせてしまうと、葉が固くなってしまうので収穫中は花芽を摘み、秋近くになって来たら花を咲かさせて種を収穫して来年に備えましょう。

ペパーミント

ハーブティー、サラダにしても美味しく、爽やかな香りが特徴のハーブ。

枝1本あれば、水に浸けておけば簡単に根を出します。

鉢植えでも育ちますが、根を横にどんどん伸ばして増えていくので、違う植物と寄せ植えはしない方が無難です。

乾燥を嫌うので鉢植えの場合は、保湿性の高い土にして午前中に軽く水をあげるといいでしょう。

根がどんどん増えるので、植え替えは毎年した方が無難

寒さにはとても強く霜にあたっても根は死なないので、春までほっとけば、新芽が出ます。

収穫時期は春〜秋。
ただ、花が咲くと香りが弱くなるので注意。

ラベンダー

ハーブの王道 
初夏に紫色の花を咲かせ、リラックス作用のある香りが漂います。

ハーブティーやポプリ、入浴剤として使用されます。

乾燥を好むので、水やりは控えめに。
寒さには強いですが、日光が大好きなので日当りのいい場所に出して、ある程度ほっといても育ちます。
日光不足になると、花の付きが悪くなるので注意。

花が満開になる前に収穫も兼ねて、花穂を切り落とす作業があります。

ルッコラ

ゴマのような風味のあるハーブで、サラダなどによく利用されている。

成長も早いので、早ければ種を蒔いてから1ヶ月くらいで収穫が出来るようになります。

日光は好きですが、夏の日の光は葉を固くしてしまうので、半日陰へ。
乾燥気味でも大丈夫が、美味しい葉っぱを収穫したいようなら土が乾いてきたら水をたっぷりあげましょう。

レモンバーム

葉にレモンのような爽やかな芳香を持つハーブ
主にハーブティーに使用します。

半日陰を好みます。
寒さに強く−5℃までなら耐えられるので、庭植でも可

土が乾いてきたらたっぷりと水をあげますが、
高温多湿状態になると病気の原因になるので、あげ過ぎには注意。

ローズゼラニウム

蚊が嫌がる香りがすることから「蚊蓮草」とも呼ばれています。
ベランダや窓際に置いておけば、虫除けにもなるハーブ

寒さに強く、丈夫です。

ローズマリー

料理(特に肉料理)で、よく使われます。
他にも、煮出した液を入浴剤に使ったり、化粧水、シャンプー・リンスでも使用されています。

とても丈夫で、枝1本あれば根を生やして増えていきますし、特に世話をしなくてもどんどん成長していきます。

乾燥を好むのであまり水をやる必要はありません。
たまにあげるぐらいが丁度いい。
水はけのいい土を使いましょう。

寒さにとても強く、半日陰でも育ちます。

冬には小さな可愛い花をつけます。

育てやすいシリーズ

1





black-rebellion0215さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう