1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

【風の谷のナウシカ】東京芸大准教授「メーヴェ作ってみた」

数年前から動いていたメーヴェをつくるプロジェクト。ついにジェットエンジンの搭載モデルが飛行テストに入るようです

更新日: 2013年08月02日

on365さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
765 お気に入り 260918 view
お気に入り追加

数年前から動いていたメーヴェをつくるプロジェクト。ついにジェットエンジンの搭載モデルが飛行テストに入るようです。

メーヴェって?

ジブリのアニメ「風の谷のナウシカ」で、ナウシカが気持ちよさそうに乗っているあの乗り物です。

「メーヴェを作りたい!」 Open Sky プロジェクト

作品中に登場する一人乗りの乗り物。あれを本気で作って飛ばそうとしてる大人達がいる

出典jugem.jp

1966年4月18日(発明の日)生まれの発明系アーティスト。2010年10月より東京藝術大学 先端芸術表現科 准教授。

ポストペットの製作者として有名な方です。

どんなプロジェクトなの?

このプロジェクトは、宮崎駿氏原作のコミック/アニメーション作品『風の谷のナウシカ』の劇中に出てくる架空の航空機「メーヴェ」の機体コンセプトを参考に、それを「本当に飛行可能な航空機」として試作し、試験飛行を試みるものです。

劇中の機体の形態再現ではなく、飛行機としてきちんとした性能を確保することを第一の目的としています。

「オープンスカイ プロジェクト」の最終的な目標は、人(体重50kg程度の女の子)がひとり乗れる仕様で「パーソナルジェットグライダー」を作ることです。

というわけで、本気で作られています。

始まりは、2003年。

現在はテストフライト用の初級滑空機が出来たところで、今後は徐々に高度をあげてテストし、エンジンの地上テスト、地上走行テスト、ジャンプ飛行テスト、などいろいろテストを行っていく予定です。

2007年のコメントです。設計段階のフェーズ1から始まり、徐々に形になって来ました。

愛・地球博など、様々な場所でも展示されました。

そして、2013年、ジェットエンジンの搭載モデルが飛行する!

2013年についにジェットエンジンによるジャンプ飛行テストを開始します。

ジェットエンジンを搭載した一人乗り自作航空機でOpenSkyプロジェクト最新の機体が、ついに飛行テストに。

2013年7月13日(土)~ 9月16日(月・祝)に開催される「OpenSky3.0」にてテストされるようです。

搭載モデル自体は、2011年には登場していました。

テスト飛行のパイロットは、八谷和彦氏本人らしいです。

公式サイトはこちら

会場はこちら

八谷和彦 個展「OpenSky 3.0 ―欲しかった飛行機、作ってみた―」

◆日程:
2013年7月13日(土)~ 9月16日(月・祝)
◆休場日:
毎週火曜日、夏期休暇(8月13日~16日)
◆時間:
12:00~19:00(最終入場18:30)
◆入場料:
大人500円、大学生・高校生300円、
中学生以下無料

◆同時開催:
「すすめ!なつのロケット団」

◆追記:予告編ムービー

1




on365さん


NAVER リンク