1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

新スイーツ「アントルメグラッセ」、表参道にアイスクリームケーキ専門店「グラッシェル」オープン!

新感覚の新しいジャンル、アントルメグラッセ専門店が表参道にオープンします。あの『LeTAO(ルタオ)』を運営するお店です。

更新日: 2013年07月03日

mochitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
594 お気に入り 29521 view
お気に入り追加

アントルメグラッセ・生グラス専門ブランド 「GLACIEL(グラッシェル)」7月7日(日)OPEN決定!

北海道をはじめ国内外から旬の食材があつまる東京・表参道で、アイスクリーム職人が一つ一つ丁寧に仕上げる「アントルメグラッセ」「生グラス」は、作り立てに、こだわりを持たせました。

アントルメグラッセとは?

アントルメグラッセとは、「アイスクリームで作ったリッチなデコレーションケーキ」のこと。

華やかな色使いや味の組み合わせが特徴。

お店のスペシャリテ。口に入れるとマスカルポーネシャーベット、クリームチーズアイスと順にとけてゆきスフレのチーズが口に広がります。マスカルポーネはイタリア産、北海道産のブレンドを使用。

チョコレートのアイス、バニラアイス、ナッツとフィアンティーヌのクリスティアンの組み合わせ。ハートと鍵がテーマのアントルメグラッセ。プレゼントに最適なアイス。

グラシエがガラス越しの工房で商品を作っているアントルメグラッセは常時20種類を展示。

バニラとイチゴのアイス、真っ赤なイチゴのコンポート、アーモンド生地をミルクアイスで包んだグラシェル風ショートケーキのアントルメグラッセ。香り高いイチゴ、マラデボアを使用。

フランスを代表するお菓子フレジエをフランボワーズ(木いちご)とバニラアイス、ダックワーズ生地で作りました。シンプルながら定番のアントルメグラッセ。

アントルメグラッセのこだわりは、「おいしそう」「食べたい!」と感じていただく形、見た目の美しさだけでなく、切った断面の色の美しさ。

パッションとオレンジのシャーベット。ココナッツのアイスクリーム、オレンジゼリー、緑のピスタチオ生地、ローストココナッツとホワイトチョコレート、フィアンティーヌのクリスチャンの組み合わせ。上からかかったオレンジのソースが見た目にも華やかな夏限定のアントルメグラッセ。

テントウムシをかたどったアントルメグラッセ。バニラアイス、木いちごとイチゴのシャーベット、イチゴのジュレ、アーモンド生地の組み合わせ。表面にベリーの赤いソースをかけ飾りつけをしチョコレートのお花を飾り付け。

さらに1つのアントルメグラッセに、卵黄が入ったしっかりとした味の濃いグラスと、さっぱりしたソルベを組み合わせて重くなりすぎないように工夫しております。

その2つのアイスと生地の時間差での口どけの違いは時間差の味の違いに変わり、生地の触感が、味わったことのないアクセントを醸し出します。

バニラアイス、ベリーのジュレ、牛乳のシャーベット、マスカルポーネのシャーベットの組み合わせ。ベリーとマスカルポーネの贅沢なアントルメグラッセ。側面の赤い点の生地がキュート。

ローストしたココナツのダックワーズ生地、ココナッツのアイスクリーム、マンゴーとパッションのシャーベットグラシェルの夏を代表するスペシャルなアントルメグラッセ。カットしたマンゴーに見立てたシャーベットの黄色、上からかかった艶やかなオレンジソース、木いちごの赤が美しく。

生グラスの専門店でもあります

素材は北海道のミルクをはじめとした厳選素材をベースに、選りすぐりの生産者の方と契約し取り寄せた旬のフルーツ。

定番のいちごをふんだんにつかった「トロワフレーズ」「マスカルポーネ」「宇治抹茶」など季節に応じておおよそ15種類をご用意。

「アントルメグラッセ」って聞いたことありますか?一言でいうとアイスクリームケーキなんですが、一言では言い尽くせない奥の深いスイーツです。7月7日、アントルメグラッセ・生グラス専門店「GLACIEL」がオープンします♪ 楽しみです♪bit.ly/19ReDfy

取材もそろそろ大詰め、アントルメグラッセ・生グラス専門店、グラッシェルさんへ。表参道の路地裏、小径を入ってたどり着くステキ空間。厳選素材で作るアントルメグラッセは伝統とモダンが交差、おいしくてすごくキレイ。7/7オープンです。 pic.twitter.com/f94XUzjXEv

本日初めてアントルメグラッセなるものを食しましたが、まじウマです、新感覚です、7月7日表参道オープンです、是非! pic.twitter.com/JnlJ5uu5fb

7月7日(日)OPENの「GLACIEL 表参道店」さんのホームページを発見しました。美味しそうなアイテムが豊富に掲載されており、深夜に見るのは危険ではありますがご紹介いたします。特にアントルメグラッセがタマランです(;´Д`) glaciel.jp

東京都渋谷区神宮前5−2−23
TEL:03-6427-4666
営業時間:10:00–20:00(カフェL.O19:00)
定休日:毎週火曜日(祝日の火曜日は営業します)

表参道という立地にも関わらず、店舗の大部分を工房で占めております。作り立て、出来立ての商品を美味しく味わって頂くのがグラッシェルのこだわりです。

2階には「サロン・ド・テ」と呼ばれるカフェを併設。アントルメグラッセや生グラスはもちろんのこと、帯広「ランチョ・エルパソ」のソーセージをはじめ、クロックマダムやキッシュまでご用意しています。

1




mochitaさん



公式まとめ