1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

トウモロコシをもっとおいしく!「甘くなる」茹で方

トウモロコシがおいしい季節になりました。スーパーで安かったり、近所の方から頂いたり・・・と、食べる機会が多くなりますよね。いつもよりおいしく食べたい!トウモロコシが「甘くなる茹で方」をまとめてみました^^

更新日: 2016年07月09日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2067 お気に入り 253531 view
お気に入り追加

トウモロコシが大好き!

学校終わった\(^o^)/お腹空いた〜今日は大好きなトウモロコシあるって聞いてさらにタノシミ

大好きなトウモロコシ、食べ過ぎちゃった(σ≧▽≦)σ

トウモロコシが食べたいのです!トウモロコシが大好きなのです!

トウモロコシには、女性に嬉しい成分がいっぱい。

トウモロコシは、消化が良くないこともあるので、食べ過ぎに注意し、よく噛んで食べましょう。

とうもろこしには、ビタミンE・リノール酸などが含まれており、肌老化の原因になる活性酸素を抑える働きや、シミ予防に効果的です。

とうもろこしに多いのが食物繊維だ。便秘の改善や大腸がんの予防、美容に役立つ。

利尿作用が高く、栄養豊富でカロリーが低く、しかも満腹感が持続するので、ダイエットにも最適です。

鮮度が大事。すぐに調理しましょう。

おいしさは時間との勝負です。やむを得ず、すぐに食べれない時は、皮は剥かないでおきましょう。

とうもろこしはとにかく鮮度落ちが早いので、買ってきたらすぐに茹でるか蒸すかして、美味しさを逃がさないようにします。

収穫して1日もすれば、とうもろこしは、鮮度も栄養価も半減してしまうんだとか。野菜界の生もの、お刺身と思ってもよい

時間がたてばたつほど、糖分がエネルギーとして使われてしまいますので、すぐに調理してあげる、食べてあげる、を心がけ、太陽の恵みを味わい尽くしてくださいね。

外皮がキレイなグリーンなものが新鮮。黄色くなってきたら、鮮度が悪い証拠です。

甘くなる茹で方のコツは、「水」だった!

お湯が沸騰してから、トウモロコシを鍋に入れることが多いですが、水からゆっくり茹でることで、甘さが引き出されます。茹で時間は、沸騰後3分が目安です。

水にトウモロコシを入れ、沸騰後3~5分で完成!ぷっくりジューシーな味わいに!

水からとうもろこしを茹でると、実の中に水分が多く蓄えられるので、出来上がりが凄くジューシーになります。

ポイントは、水からとうもろこしをゆでること。とうもろこしの甘み成分であるでんぷん質は、ゆっくり加熱することで水分を吸い、粒ひとつひとつがみずみずしくなるのです。

できるだけ浅い鍋に、水とトウモロコシを入れて火にかけます。水の量はトウモロコシに水がかぶる程度です。茹でるポイントは「沸騰してから3分ほど茹でること」です。

茹でたトウモロコシを熱いうちにラップに巻く!

茹でたてのトウモロコシを熱いうちにラップで巻きましょう。それだけでシワシワにならず、時間が経ってもおいしく頂けます。
冷凍保存も可能です。その際、輪切りにしておくと、自然解凍が簡単です。もちろん、電子レンジでも大丈夫です。

熱いうちにラップに包んでおくと、しわしわにならない!熱がとれたものを冷蔵庫にいれて1日‥たったものでもみずみずしくてシャキシャキ。

ゆでたての熱いままを、そのままラップしても、冷めても粒にしわができずにきれいに保存できます。ラップしたものは1ヶ月冷凍保存できます。

短期間で食べきれない場合は、皮をむいて茹で、よく冷ましてから、実だけをほぐしてフリーザーバッグなどに入れ、冷凍保存にします。この時はバッグの空気をしっかり抜いておくと霜付きも少なくて味も損ないません。

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • y_hさん|2013.07.04

    とうもろこしを食べると排泄物に黄色い粒粒がいっぱい。
    ・・・消化されているのだろうか?

1

lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう