1. まとめトップ
  2. ガールズ

幸せの絶頂だったのに…女性が“マリッジブルー”に陥る5つのワケ

結婚が決まった時は最高に幸せを感じていたはずなのに、だんだんと憂鬱になっていくマリッジブルー。その原因と解決法をまとめました!

更新日: 2015年01月15日

minami1987さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
499 お気に入り 1233088 view
お気に入り追加

多くの女性が経験するマリッジブルー

結婚が決まって幸せ絶頂のはずが、
なんだか急にイライラ、モヤモヤ、情緒不安定。

アンケートによると、76%もの人が経験ありと答えました。

アンケートはゼクシィより。

マリッジブルーかね。結婚したこと自体はなんともないけど、仕事と日々の生活と披露宴へのカウントダウンがすっごいプレッシャー。なんも進んでないよ…。

友達が結婚するらしい。嬉しい知らせ。微妙にマリッジブルーらしい。私もそうだったなぁ。いろいろ不安になって、どんどん自信がなくなって無限ループだったなぁ。でもなんだかんだで結婚してもうすぐ半年だ。まだまだ先は長い。

▼なんでマリッジブルーになるの?

原因①「変化」に対する恐れ

何か新しいことを始めようとすれば考えなければいけないことが
多くなったり、生活リズムを変えなければいけなくなるなど、
環境の変化がストレスをもたらす

住み慣れた実家を離れ、友達もいない都市で自分ひとりという
気持ちが強くなり、また家族とは違う苗字の、違う家庭の人間に
なるのだと考えると、とても悲しくなった

原因②「本当にこの人でいいのか?」と思ってしまう

理想を追いかけるとキリがないが、相手がこの人で良いのか
という自問自答をしてしまい、悩んでしまった

女性の場合、生物学的に「子どもを産み育てる」立場であるため、
なるべく優秀な遺伝子を選ぼうと慎重になって、結婚前に
漠然とした不安を抱える傾向が強いと考えられます。

多くの夫婦は男性側からプロポーズして結婚を決めます。
だから、男性側はる程度の覚悟を決めて求婚している

男性は「この人でいいのか」悩んだ末のプロポーズ。
よって求婚される側の女性が特にマリッジブルーになりやすい。

原因③結婚式の準備でのすれ違い

原因④自分が「損」するように感じてしまう

結婚を理由に仕事をやめなければならなくなった

仕事が大好きな女性にとっては苦痛に感じますよね。

原因⑤絡んでくる家庭問題

いくら当人同士はラブラブであっても、義父母と価値観が
合うかどうかというのも、マリッジブルーの原因になりえます。

結婚式に新郎のあたたかい家庭と、決してあたたかいとは
言えない私の親戚がそろうのも憂鬱で。

▼解決法は?

①あまり深刻に考えすぎない!

1 2





minami1987さん



  • 話題の動画をまとめよう