1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

エアコンの電気代を猛烈に抑えられる3つのポイント

毎日暑くて、寝苦しくて、どうしてもエアコン頼りになりがち。電気代が気になるところですが、とりあえず3点だけ気をつけてみると、猛烈に電気代を節約できるそうです。実はエアコンの電源をこまめにオン/オフすると余計に電気代がかかるとか。基本のところをまとめてみました。

更新日: 2013年07月31日

narumiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
702 お気に入り 287821 view
お気に入り追加

この時期、気になるエアコンの電気代

◆涼しそうな人がこんなこと言ってました

2-3時間の外出なら電源切らない、サーキュレータと併用、自動フィルタ掃除機能付きのエアコンにする、この3つ揃えるだけで猛烈に電気代抑えられるけどな。

この3点、気をつけるといいらしい

1)2-3時間の外出なら電源切らない

部屋が涼しくなってきたから節電のためにスイッチを切る、
 しばらくしてまた暑くなってきたからスイッチを入れる――。

 実は、こまめなオン・オフは節電には全くの逆効果です。

エアコンメーカーのダイキンも下のように言ってます。

エアコンは、急に部屋を冷やすときに多くの電気を使います。
 設定温度まで冷やした後、その設定温度を維持しているときは、
 急に部屋を冷やす場合と比べてとても少ない電気ですみます

スイッチの入切を繰り返して温度調節を行うと、
 急に部屋を冷やす運転が多くなるので、
 エアコンに温度調節を任せるよりも、多くの電気を使う

2)サーキュレータと併用

扇風機とは違って、空気を遠くに飛ばしたり、混ぜたりするための製品。

だいたい2000円〜5000円くらいで売ってる。

サーキュレーターを併用することにより、
 エアコンから出てくる風の送風先を変えることができ、
 冷房の設定温度を高めかつ弱風でも涼しく感じる

エアコンは部屋の暖かい空気を吸い込んで、
 冷たい空気を部屋に吐き出しますが、
 冷たい空気は下へたまりやすくなっています

エアコンの冷気が当たる壁に向けてサーキュレーターの風を
 当てると、高い風速により冷気が拡散されて温度ムラを改善し、
 部屋全体の温度を効率良く下げることができます

3)自動フィルタ掃除機能付きのエアコンにする

エアコンのフィルターは、こまめに掃除しないと
 ホコリがたまって目づまりを起こし、
 放っておくと運転の負荷が増えて、
 電気代も余分にかかってしまいます。

フィルター掃除は「2週間に1度」が理想的と言われますが、
 なかなか手が回らないのが現状でしょう。

上位機種では、フィルターだけでなく熱交換機や送風ファンなど、
 内部まで掃除をする機能がついています

電気代のムダ解消と自動掃除の追加電気代を比べてみるといいですね。

それかこまめにフィルターを洗いましょう。

◆番外編 いっそのことテレビを消そう!

エアコン1台を止めることで期待できる節電効果
 (1時間あたりの消費電力)は130ワット。
 一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなる。

単純に比較しても、テレビを消す節電効果は、
 エアコンの約1.7倍にもなる

レポートの詳細はこちら

1





なんでもまとめます。

まとめリクエストは↓
narumi789 [at] gmail.com



  • 話題の動画をまとめよう