1. まとめトップ

ユニバーサルデザインまとめ

ユニバーサルデザインについてまとめました。

更新日: 2013年07月23日

iroha810さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 6804 view
お気に入り追加

ユニバーサルデザインとは

ユニバーサル=普遍的な、全体の、という言葉が示しているように、「すべての人のためのデザイン」を意味し、年齢や障がいの有無などにかかわらず、最初からできるだけ多くの人が利用可能であるようにデザインすること

「さまざまな人たちが、いつでも、どこでも、わけへだてなく安心して使える製品を生み出すこと、これが未来をめざす製品作りの基本になる」

米国ノースカロライナ州立大学ロン・メイス博士

ユニバーサルデザインの7つの原則

1.公平性

使う人がだれであろうと、公平に操作(そうさ)できること
できるかぎり、すべての人が、いつでもどこでも、同じように使いこなすことができる

2.自由度

使用するときの自由度(じゆうど)が高いこと
たとえば、右ききの人でも、左ききの人でも、思いどおりに使える

3.簡単

使い方がとっても簡単であること
ひと目見ただけでも、すぐに使い方が理解(りかい)できるわかりやすい作り

4.明確さ

わかりやすい情報で理解しやすい
使う人の知りたいことが、わかりやすくていねいに説明されている

5.安全性

使うときに安全、安心であること
うっかりミスで、まちがった使用をしても、できるかぎり危険につながらない

6.持続性

使用中からだへの負担が少ない、少ない力でも使用ができること
長い時間使っても、どんなかっこうで使用しても、疲れにくい

7.空間性

だれにでも使える大きさ、広さがある
使う人の大きさや、姿勢(しせい)、動きに関係なく、ラクに使いこなすことができる

ユニバーサルデザインの商品

1.指先に針が触れにくい安心仕様
2.取り外しが容易

はさみを初めて使う乳幼児や、
握力の弱いお年寄り、
手の不自由な方も使用できる
『ユニバーサルデザイン』のハサミ

出典ameblo.jp

オレンジのレバー部分をつまむと
簡単にコンセントからプラグが抜くことが可能

シャンプーとリンスを区別するための凹凸がついたボトル

見やすいデジタル表示部
大きく押しやすいコントラストを明確にしたキーの配色
見やすさ・操作のしやすさを第一に考えて設計

1




iroha810さん

気になったものをまとめています。

Twitter:https://twitter.com/uma3dori

お気に入り追加していただけると嬉しいです。



公式まとめ