1. まとめトップ

君が代と古代ユダヤ人

古代ユダヤ人は海を渡って日本に来たとも言われています。日本に残る古代ユダヤの痕跡とは...

更新日: 2013年07月24日

fever7777さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
167 お気に入り 174300 view
お気に入り追加

難解な日の丸の歌詞

立て 褒め称えよ 神を シオンの民
神に選ばれた民 喜べ 生き残り選ばれた民 
救え 人類を 神の印が来る そして全地に語られる

「日本」という言葉もヘブライ語で、「聖書に従う国」という意味。同じように「瑞穂の国」の瑞穂とは、ヘブライ語で「東へ向かったユダヤ人」という意味。

日本の風習・伝統儀式に入り込んでいるヘブライ語

『誰が守る? 誰が守る?  堅く安置された物を取り出せ  契約の箱に封じ納められた 神器を取り出せ  神譜をとり 代わるお守りを作った  未開の地に 水をたくさん引いて  水を貯め その地を統治せよ』

「ハッケヨイ!ノコッタ!」もヘブライ語です。「ハッケ」は「投げつけよ」、「ヨイ」は「やっつけよ」、「ノコッタノコッタ」は「投げたぞ!やったぞ!」という意味になります!

剣山には隠された千古の謎がありまして・・・。
高根三教氏の学説によれば、アレキサンダー大王は、ヘブライ民族国家の国是である「神宝」を持ち出して、「崇神天皇」と変身なされております。さらにヨハネ黙示録に記されているとおり、剣山にはユダヤ民族が2千年にわたって求めて探しえない「契約の棺」が埋葬されております。

太平洋戦争終戦後の昭和20年11月にアメリカの進駐軍が大阪に向かいました。その時、特殊部隊(考古学者も何人か入っていたそうです)が堺に入り、仁徳天皇陵を2日間に­渡って発掘し、埋蔵品を箱に詰めてアメリカ本国に持ち帰ったそうです。

日本の神社にみられるダビデの星

「トリイ」はヘブライ語アラム方言で「門」という意味である

伊勢神宮の参道にある灯篭全部にダビデ紋が彫られている。ただし、石灯籠は戦後建立されたもので、伊勢神宮が建てたものではないというが...

イスラエルの国旗にも使用されている「六芒星」のマーク。日本で言えば「籠目紋(カゴメ紋)」。その上下の三角形が重なった真ん中にある六角形は「亀甲紋」。「亀甲紋」は、出雲大社・厳島神社・櫛田神社・香取神宮の神紋。殆どの神社に使われている、神道の秘紋と言われているのだ。

古代の日本人は、唯一の神、また真の神であるヤハウェを知っていたのではないか。

日本人と古代ユダヤ人

1 2





fever7777さん

【政治・経済・社会システム】
http://bit.ly/piwiKy
【社会問題】
http://bit.ly/o6ndc7
【教養・旅】
http://bit.ly/pdqBjs



  • 話題の動画をまとめよう