1. まとめトップ
  2. カラダ

スモーカーズ・フェイスとは

イギリスのBBCテレビが製作した22才の双子が40才になった時の予想画像です。
写真は22歳の双子の女性に協力してもらい、片方がタバコを吸い続け、もう片方はまったくタバコを吸わなかった場合です。

スモーカーズフェイスは文字どうりたばこを吸っている人は非喫煙者に比べ肌の老化が進み、年齢より老けてみえるのでそう呼ばれる名称です。

スモーカーズ・フェイス(タバコ顔)とは、あなたの未来(5年から10年先)の顔の特徴を、現在の顔に組み込んだものです。その結果、「不自然な老け顔」が出来上がるのですね。

タバコを吸っている人は、周りの同年代の非喫煙者と比べてみて下さい。
 自分の顔に発生している、「明らかな変容」に、もはやタバコの「効果」を認めざるを得なくなるはずです。

喫煙者では非喫煙者に比べてコラーゲン線維の合成能力が低下したことがわかりました。1日20本の喫煙は加齢10年分のしわが増加することが確認されました。

特に女性は20歳から10年、15年程喫煙しますと、顕著にこのスモーカーズフェイスの兆候が顔に現れます。

しわは老化とともに起きる自然の現象ですが、喫煙によりこれを一層促進させ、気づいた時には戻せない程ダメージが進みます。

スモーカーズ・フェイスの特徴

眼の下のくま、色素沈着、目尻の皺が出てきて、目尻が少し下がって見えます。

ニコチンやタールによってだんだんと歯が変色していき、黄ばみが引き起こされてしまいます

出典http://歯黄ばみ.com/tobacco.html

スモーカーズ・フェイスの原因

喫煙者の血中のビタミンCは非喫煙者の半分以下だといわれています。
喫煙者は、その大事なビタミンCをタバコで発生する大量の活性酸素除去のために、消費してしまうため、肌の衰えが早く進んでしまいます。

タバコを吸うと、エアロゾル化したタールが顔付近にまとわりつきます。
 このタールは粒子状なので、毛穴に溜まった皮脂に取り込まれ、黒ずんだ角栓(かくせん)を形成します。

ニコチンによる血管収縮作用によって、末梢まで血液が行かなくなり、肌が乾燥して肌荒れや肌のかゆみなどの原因になります。

タバコに含まれているタール(ヤニとも呼ばれる)が歯にくっついてしまうからです。タールは歯磨きで落とすことはできません。
また、歯茎の色が黒ずむ「スモーカーズメラノーシス」と呼ばれる現象も起きてきます。歯の少し上から歯茎が黒くなってきます。

タバコにふくまれる多くの有害物質(ニコチンやタール)が、女性ホルモンの働きをさまたげる。すると活性酸素が大量に発生し、細胞を傷つけ、老化を速めてしまいます

スモーカーズ・フェイスの予防法

スモーカーズ・フェイスから脱却するには禁煙するしかありません。5年後、10年後の自分の「顔」のため、早めに禁煙することをオススメします。

すぐにタバコをやめることで、まずはビタミンCの崩壊が食い止められます。
栄養と酸素とコラーゲンも十分に供給されるようになり、肌にハリとツヤが戻ってきます。

人間の身体はもともと若さを保つようにできているのです。

1





metalStoneさん



  • 話題の動画をまとめよう