1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

旨そー(゚Д゚)「風立ちぬ」が喫煙者を悶々とさせてる

先日公開された、ジブリの最新作「風立ちぬ」。喫煙シーンが多いので観た人の感想では、喫煙者も非喫煙者も「たばこが美味しそう」と感じる人が多いらしい。どうやら宮崎駿もかなりのヘビースモーカーらしいので、そこらへんも映画に反映されてたりして!

更新日: 2013年07月29日

zawawa23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
170 お気に入り 253103 view
お気に入り追加

今どき珍しい喫煙シーンがたくさん

風立ちぬ は主人公がタバコを何度も吸うから感激した(笑)。タバコを主人公がこんなに吸うのは、今や珍しい。

そういや風立ちぬはタバコが旨そうな映画だった。いわゆるジブリ的な「メシがうまそか」のパワーが全部タバコにふられてた感じ

風立ちぬの感想。煙草吸いすぎ。めっちゃ煙草吸いたくなったわ。あと彼女欲しくなった。現実って恐ろしい。

劇中で吸うタバコの銘柄は??

堀越二郎の吸っているタバコは、明治37年から煙草専売局が製造販売している「チェリー」

こちらは、宮崎駿も愛煙しているようです

東日本大震災による工場の被災により生産の中断に追い込まれたが、2011年5月12日には販売量が少ないことを理由に、廃止することが発表された

「チェリー」の銘柄に反応する人も

風立ちぬで主人公が吸ってたタバコの銘柄がチェリーだった気がする。もう廃番になっちゃったんだよね…(´・_・`)

そう考えると、宮崎駿監督は風立ちぬの映画で登場させるほど、チェリーというタバコにこだわりがあったということだよな。幻のタバコ、チェリー。再販しないかなあ。

たばこがとにかく美味しそう

でも風立ちぬ見てるとすごいタバコ吸いたくなってやばい。たばこたばこたばこ。

風立ちぬ、たばこが吸いたくなって恋人に会いたくなる映画でした。

昨日の風立ちぬが後をひくー(*_*)たばこカッコいい(笑)

たばこは宮崎駿の嗜好が詰まってる?

Photo by Brand X Pictures / Brand X Pictures

タバコを吸うシーンがたくさん出てきますが、これは宮崎駿の嗜好と完全に一致

宮崎さんのヘビースモーカーぶりは業界でも有名だそう

ちなみに、宮崎駿は震災後「同じ愛煙家としてタバコがないのは辛いだろう」と、総計200箱以上のタバコを宮城県気仙沼市へ寄付したほど

本当にたばこが好きなんですね・・・( ゚д゚)ポカーン

戦闘機、タバコ、空を抜けてく風、そしてタバコ。宮崎駿さんの遺作になるんじゃ?てなくらい宮﨑さんの主張が詰まった映画だった

たばこに懐かしさを覚える人も

Photo by DAJ / amana images

昔の男の人は仕事をしながら、お茶を飲みながら、お酒を飲みながら、じつに堂々とタバコを吸っていた、仕事とタバコはセットみたいなものだった

たばこは映画に欠かせない要素だった?

風立ちぬのなかで、タバコはすごく重要なアイテム。だれもかれもが、みんなタバコ吸ってます。今回はジブリ飯の出番が少なかったですが、タバコがめっちゃうまそうでした

ちょっと意識して見ると、タバコだけでキャラが見え隠れする。同時に、各国の人がそれぞれの国のタバコを吸っている

二郎の友人の本庄は、たばこをよく貰っていたりと、そういう所もキャラクターの性格を出しているのかもしれないですね

1




このまとめへのコメント1

  • y_hさん|2013.07.30

    芸術、自分の気持ちの表現、とは、本来、中立で無難なものではないと思う。
    極端で、偏見に満ちていて、でも、なにか考えるきっかけくらいにでもなるかもしれない、といったものだろう。

1

zawawa23さん

気になったことをまとめて行きます。どうぞよろしくお願いします♪



公式まとめ