1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

スーパー園児が育つ幼稚園・保育園

幼稚園はお遊戯してお絵かきしておうた歌って、子どもたちはゆるゆる過ごしてるもんだとばかり思ってました。幼稚園って多種多様に進化してるんだな。。

更新日: 2013年08月03日

ゴージさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
889 お気に入り 496094 view
お気に入り追加

幼稚園・保育園えらびは幅が広い

「お勉強幼稚園」と呼ばれる幼稚園の一部では、古典、漢文、フランス語も教えている幼稚園もある

教育思想家の理念や、キリスト教や仏教など特定の宗教を取り入れているところなど、園ごとに特色がある

事前の園の見学は大事。子どもたちの表情・教室の雰囲気、先生に質問したり、先輩ママたちの評判など、納得いく情報収集が必要

今の幼稚園や保育園は、スーパー園児に育てるべく、さまざまな工夫をしている。遊ばせてるだけの園もあるようだが、ハンパない教育方針の園も。。

保育園、幼稚園と一言でいっても、カラーがそれぞれにあるので、どっちがいいか一概には言えない

保育園は厚生省、幼稚園は文部省が管轄。

親子で入学!?画期的な教育

京都造形芸術大学の中にある、保育園や幼稚園にならぶ教育機関。小学校に行く前の児童が通う混合保育園。

入学資格が「親と子どものセット」となっていて、授業は、先生と親と子どもで授業をやっている

親は、月曜日と金曜日の登校は必須で、あとは選べるとのこと。

多数の親子で交流することで、子は自分の親以外の大人たちの愛情を感じるようになり、親たちは自分の子以外の子を抱きしめる喜びを感じるようになる

京都造形芸術大学のユニークな教員や外部講師を迎えて行う「創作プログラム」などで〈感じる力〉〈工夫する力〉〈伝える力〉を育む

冒険してたくましく育つ

2001年公開のドキュメンタリー映画「こどもの時間」で全国的に知名度が広まった保育園。全国から子どもを入園させたい親で殺到するとか。

保育園に見えない・・・。

子どもの感性を生かす保育をすることで有名で、入園させたい家族が全国からやって来る

木造の園舎に山あり谷ありの園庭、遊具はひとつもない。放し飼いの大型犬・馬・ロバ・鶏・クジャクなどの動物たちに囲まれている

大学で講演する北原園長。

ドキュメンタリー映画を撮った監督が「職業柄、世界の辺境を歩いたが、モンゴルやブータンの奥地でも感じたことのない驚きがあった」と話したほど。

園内に園長室も事務室もない。自由に遊ばせているだけに見え、子どもの興味を途切れさせない工夫が凝らされている。

この保育園に、大人の都合によるルールは何もない。しかし、子どもは自然のルールには従うようになる。

園長先生は言う「ここにはいろいろな菌がいますが、病気に打ち勝つ体を作らなければなりません。少々熱があっても連れて来なさい」

食育で心身をやしなう

夏は海に、冬は山に。子どもたちを自然の中でのびのびと遊ばせることができることで、テレビでも放送された注目の保育園です。

春にはヨモギを摘んで餅作り、夏には桑の実のジャムを手作りパンにのせて…、秋には、ソバ打ちに豆腐。すべて年長さんが手作りする

年下の子に料理を作ってあげることで、「おいしかった!」「ありがとう!」といった言葉の大切さも学ぶ

た・・・たくましい!

自分たちが使う雑巾は、自分たちで縫う。自分たちが使う縄跳びは、自分たちが編み上げる

卒園行事が富士山の登山

これまで30回以上も、卒園記念で子どもたちに富士山登山をしてきたことで知られている保育園。

充分な練習、準備を積んで登山に挑みます。にしても、大人でも大変な富士山にチャレンジするなんて!

月に1、2回はお弁当を持って午後あるいは夕方まで歩き(遠出)、行動範囲を拡大して行く

2歳のこどもたちが、毎年10月頃に、近所山の頂上までを往復することに挑戦

毎年夏になると5歳児(年長組)が富士登山に挑戦する

保護者も一緒に山に登るが、自分の子どもには一切手を貸してはいけない

1 2





このまとめへのコメント6

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ゴージさん

気になったこと、おもろいことをまとめます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう