1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

最近「遼くん」って聞かなくなったよね…なぜ?

最近そういえば「遼くん」って聞かなくなったと思いませんか?彼は今相当苦悩しているようです。最新ニュースも含めて今現在の「石川遼」を追ってみました。

更新日: 2013年07月31日

21 お気に入り 162680 view
お気に入り追加

この名称さえ懐かしさを感じる

実は今「米ツアー1年生」だった

ここまでの戦績は「HPバイロンネルソン選手権」での10位タイが最上位で、19戦して予選落ちが9回。

強豪揃いの米ツアーは、メジャーリーグで活躍する日本人に例えればわかりやすいかも。

レギュラーシーズンで125位以内に入れなければ、ウェブドットコムツアーのファイナルシリーズがあるが、「そこくらいまでは見ています」と石川は言う。

えっそんなに下を見てるの?かなりネガティブになってない?

石川は残り2試合で共に上位でフィニッシュするか優勝することが求められる。

かなり厳しい条件

そんな遼くんを米ツアーで日本人最高の3勝を挙げている丸山先輩は?

「日本に来たら間違いなく今でも、皆さんが『強い石川遼だ』っていうのと同じパフォーマンスができると思う」

そう前置きした後

菅谷氏も「米ツアー本格参戦を表明した時点で、無理だろうと思っていた」と同調した。

スポーツジャーナリストの菅谷齊氏

ショットもマネジメントも、米国に来て確実に向上している手応えは掴んでいる。だが、結果だけが伴わない。

なぜ、差があるのか?

「簡単に言うと、日本よりも絶対に打ってはいけない場所というのがコース上に高い確率で存在するんです。ひとつのショットに対するプレッシャーはこっちの方が高く感じますね」

遼くん自身が語るコース自体がタフだった

4日間の米ツアーで好成績を残すにはスコア60台を全日出すレベルが必要だが、石川選手は初日でかなり出遅れることが多く、強豪揃いの中、残りの3日間で巻き返せない

前半に弱く後半に強いというクセがあった。

石川選手は高校在学中からプロに転向し、世間から常に注目される存在だったこともあり、少し浮ついている感がある。

「英樹を見ていてすごく羨ましいし、でも英樹は英樹なりに努力している。僕は僕のゴルフ人生っていったら大げさかも知れないけど、そう考えると複雑感はないですね。割り切って、調子が良さそうだなって感じです」。

全英OPで健闘した「松山英樹」を意識する発言も。

また、同い年の松山選手に「勝たなきゃ」と意識しすぎ、余裕がなくなっているとも指摘した。

丸山先輩が指摘するメンタルの弱さ

『丸山茂樹「(石川遼は)正直に言わして貰うとですね、世界では通じない。」』 世界では東尾理子同様に、予選通過に一打届かずってヘラヘラインタビュー常連だった丸山茂樹の言葉。説得力が有るんだか無いんだか 判断に迷いますが、現実の戦績をみれば石川某って人気先行だったことは確かですね。

男子プロゴルフって全然応援する気になるひと今までいなかったけど、あのテレビあってから石川遼頑張ってほしいなって思った。がんばれーー

今、遼くんは米ツアーで結果が出ずもがき苦しんでいます…が、素質は申し分がないだけに本人も「結果が伴わない」もどかしさもあるでしょう。彼は今「1年生」であること、そして、これまでも、常に周囲に期待され、それに応えてきた選手ですから今後間違いなく活躍してくれるでしょう。

1





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう