1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

2014年に公開の邦画ラインナップ

来年公開が予定されている日本映画の一覧。随時更新。公開済の映画は後ろの方に掲載。

更新日: 2014年11月19日

nikondoudさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1155 お気に入り 2527496 view
お気に入り追加

『紙の月』

出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、小林聡美、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司

監督:吉田大八

『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が、平凡な主婦による巨額横領事件の一部始終を描く。宮沢りえは契約社員として銀行に勤め、年下の大学生と不倫関係を続けるため横領に手を染める主人公・梨花役で出演。相手役の大学生・光太に池松壮亮がふんする。

『神さまの言うとおり』

出演:福士蒼汰、山崎紘菜、神木隆之介

監督:三池崇史

シリーズ累計150万部を突破した金城宗幸原作のコミック『神さまの言うとおり』の実写映画化。突如巻き込まれることによる恐怖感や不条理感、次々とやってくる課題に「負ければ死」という緊迫感、そして黒幕の正体が分からないという謎など、さまざまな要素が絡み合い、観る者さえこの非日常の世界へ巻き込んでいく。

『想いのこし』

出演:岡田将生、広末涼子

脚本:岡本貴也

監督:平川雄一朗

脚本も担当する岡本貴也の同名小説を原作にしたヒューマンコメディー。頭の中は金と女だらけで、どれだけ楽に日々を過ごすかということしか考えていない主人公を岡田将生が演じ、小学生の息子を残し無念にもユウレイになってしまったシングルマザーのポールダンサー・ユウコを広末涼子が演じる。

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』

出演:相葉雅紀、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真

監督:犬童一心

山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航の原作小説を犬童一心監督が映画化。映画単独初主演の相葉に加え、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真、ほか豪華キャストを迎え、最高に愛しくて恋しくて切ない、夢と感動がきらめくラブストーリーに仕上げる。

『日々ロック』

出演:野村周平、二階堂ふみ

監督:入江悠

榎屋克優による同名コミックを、『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督が映画化する青春エンターテインメント。勉強もスポーツもできないが、ロックを愛する心だけは誰にも負けない青年・日々沼拓郎(野村周平)がロックスターを目指して奮闘するさまを描く。

『寄生獣』

出演:染谷将太、深津絵里、橋本愛

監督:山崎貴

累計発行部数1100万部を突破する岩明均氏の人気漫画を映画化。2005年に米ニューライン・シネマが原作権を獲得したため、日本では“手が出せない”企画として伝説化していたが、今年に入って契約期間が終了したため、日本で数十社による争奪戦が繰り広げられ、東宝が映画化権を取得し、映画化に至った。

1 2 3 4 5 ... 18 19




nikondoudさん

スポーツや健康、暮らし関係をまとめます。