1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

2014年に公開された邦画ラインナップ

来年公開が予定されている日本映画の一覧。随時更新。公開済の映画は後ろの方に掲載。

更新日: 2015年01月04日

nikondoudさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1162 お気に入り 3224030 view
お気に入り追加

『ジャッジ!』

出典eiga.com

出演:妻夫木聡、北川景子、豊川悦司、鈴木京香、リリー・フランキー、荒川良々、伊藤歩、玉山鉄二、加瀬亮、風間杜夫、玄里、田中要次、でんでん、浜野謙太、木村祐一、あがた森魚、松本伊代、志賀廣太郎、柄本時生、福本清三、竹中直人

監督:永井聡

妻夫木聡、北川景子が偽の夫婦役で共演し、華やかな広告業界の裏側で繰り広げられるドタバタを描いたオリジナルコメディ。妻夫木、北川のほか豊川悦司、鈴木京香、リリー・フランキーら実力派俳優が出演し、曲者ぞろいの広告代理店社員を演じる。

『トリック劇場版 ラストステージ』

出演:仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、吉田鋼太郎、中村育二、東山紀之、北村一輝、水原希子

監督:堤幸彦

2000年から自称・超売れっ子実力派マジシャンの山田奈緒子を演じてきた仲間と、頭でっかちで自称・天才物理学者の上田次郎役の阿部は、集大成となる今作に並々ならぬ意欲を見せており、初の海外ロケに挑む。

『黒執事』

出演:水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月、大野拓朗、海東健、丸山智己、城田優、安田顕、橋本さとし、志垣太郎、伊武雅刀、岸谷五朗、栗原類

監督:大谷健太郎、さとうけいいち

水嶋ヒロの3年ぶりの俳優復帰作。枢やな氏の人気コミックを実写映画化。セバスチャン・ミカエリス役を水嶋ヒロが演じ、セバスチャンと契約を交わした主人役を剛力彩芽が演じる。原作の舞台は19世紀のイギリスだが、実写版の舞台は2020年の、西洋と東洋の文化が入り乱れたアジアの都市という設定になっている。

『バイロケーション』

出演:水川あさみ、千賀健永、高田翔、滝藤賢一、浅利陽介、酒井若菜、豊原功補

監督:安里麻里

2010年に第17回日本ホラー小説大賞の長編賞を受賞し、新感覚のホラーワールドを作りあげた若手ホラー作家・法条遥のデビュー作の映画化。水川あさみが1人2役に挑戦。突然現れた“もうひとりの自分”が、オリジナルの自分を殺そうとするホラー。

『御手洗薫の愛と死』

出演:吉行和子、松岡充、小島聖、松重豊、益岡徹、松下由樹、岡田浩暉

監督:両沢和幸

著名な女流作家と新進作家の青年が奇妙な縁で結び付き、師弟関係を超えた愛憎劇を繰り広げるさまを描くサスペンス。主演はベテラン吉行和子、彼女に自分のゴーストライターとなるよう迫る野心的な青年にロックバンドSOPHIAの松岡充。

『小さいおうち』

出典eiga.com

出演:松たか子、黒木華、片岡孝太郎、橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、ラサール石井、あき竹城、松金よね子、秋山聡、市川福太郎、蛍雪次朗、林家正蔵、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、小林稔侍、夏川結衣、木村文乃、米倉斎加年、倍賞千恵子 

監督:山田洋次

山田洋次監督が中島京子の直木賞を受賞作を映画化したラブストーリー。東京の赤い三角屋根の“小さいおうち”が舞台となり、玩具会社勤務の旦那様と妻の時子、5歳になる恭一ぼっちゃん、仕えて暮らす布宮タキの日常、旦那様の会社で働く青年・板倉正治と時子の淡い恋愛事件などが描かれる。

1 2 3 4 5 ... 17 18




nikondoudさん

スポーツや健康、暮らし関係をまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう