1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

2014年に公開の邦画ラインナップ

来年公開が予定されている日本映画の一覧。随時更新。公開済の映画は後ろの方に掲載。

更新日: 2014年09月23日

nikondoudさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1152 お気に入り 2411207 view
お気に入り追加

『柘榴坂の仇討』

出典eiga.com

出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、中村吉右衛門

監督:若松節朗

浅田次郎氏が2004年に発表した短編集「五郎治殿御始末」に所収された一編を映画化。主君である大老・井伊直弼を桜田門外で失ってしまった彦根藩士・志村金吾を中井貴一が演じ、切腹を許されず、仇討の密命を受け敵を探す旅に出てから13年、時は江戸から明治へ流れ政府から仇討が禁じられるなか、最後の仇を探し出す

『がじまる食堂の恋』

出典eiga.com

出演:波瑠、小柳友、竹富聖花、桜田通、パッション屋良

監督:大谷健太郎

沖縄県名護市の小さな食堂を舞台に、4人の男女が織りなす恋模様を描いたラブストーリー。波瑠が主演し、小柳友、竹富聖花、桜井通と注目若手俳優が共演。「NANA」「黒執事」の大谷健太郎監督がメガホンをとった。

『零』

出典eiga.com

出演:中条あやみ、森川葵

監督:安里麻里

廃虚の日本家屋や板張りの廊下、和人形といった和風の世界観を題材に、主人公が霊を映し出すカメラ「射影機」を使って、霊と戦うホラーゲームの映画版。雑誌「Seventeen」の人気モデルである中条あやみ、森川葵が出演。

『マザー』

出演:片岡愛之助、真行寺君枝

監督:楳図かずお

漫画家・楳図かずおが77歳にして長編映画監督デビュー。楳図の創作の原点にある亡くなった母・イチエの怨念による怪現象を描いた自叙伝的な要素を含むホラー作品で、歌舞伎俳優の片岡愛之助がまさかの楳図本人役を務める。

『蜩ノ記』

出演:役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子

監督:小泉堯史

第146回直木賞を受賞した葉室麟氏の「蜩ノ記」が、小泉堯史監督のメガホンで映画化。主人公・戸田秋谷を演じるのは名優・役所広司。また、3度目の時代劇映画出演となる「V6」の岡田准一が、子どもの頃からのファンだったという役所と初共演を果たすほか、堀北真希と原田美枝子が“参戦”する。

『太陽の坐る場所』

出演:水川あさみ、木村文乃、三浦貴大、森カンナ

監督:矢崎仁司

直木賞作家・辻村深月氏の小説を矢崎仁司監督が映画化。さまざまな思惑が絡む高校卒業から10年目の同窓会を舞台に、それぞれが抱える同級生への嫉妬、下心、青春時代への復しゅうがテーマに盛り込まれている。

1 2 3 4 5 ... 18 19




nikondoudさん

スポーツや健康、暮らし関係をまとめます。