1. まとめトップ
  2. ガールズ

どう違うの・・・?「BBクリーム」と「CCクリーム」の特徴

CCクリームは、BBクリームの進化系と呼ばれていますが、その違いや特徴は何なのでしょうか・・・。まとめてみました^^

更新日: 2014年06月02日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2288 お気に入り 2700258 view
お気に入り追加

どっちがいいの・・・?

BBクリームとCCクリームの違いがイマイチわからない、どっちがいいんだ?

BBクリームじゃなくてCCクリームっていうの買った方がいいの…もう化粧わからん

ファンデにするかBBクリームにするか。奮発してシャネルのCCクリームにしよーかな…

BBクリームは、肌の欠点をカバーする。

マットに仕上げるパウダーが入っているために、
「塗っている感」があり、ナチュラルより「しっかり」と言う感じです。

BBクリームの「BB」は「Blemish(気になる部分)Balm(保護)」の略)。つまり直訳では、BBクリームは「気になる部分を守るクリーム」

もともとは傷跡を隠したり、肌を守ったりする目的で開発されたファンデーションなので、カバー力が高く、ひと塗りで肌のアラを隠してくれる

BBクリームは、美容施術後の肌の炎症を抑えながら、肌を紫外線から守ったり、傷跡をカバーするために作られたもの。それは、肌の欠点をしっかりカバーする、いわばリキッド状のコンシーラともいえる存在なのです。

CCクリームは、肌の欠点をカモフラージュするもの。

CCクリームは、保湿力が高く、乾燥肌の方にオススメです。

CCの意味は“COLOR CONTROL”だったり“COMPLETE CORRECTION”だったりとブランドによってさまざまで明確な定義はありませんが、スキンケア効果や肌色補正効果に優れているというのが共通の特徴です。

CCクリームは、色補正で肌の欠点をカモフラージュ(=周囲の肌となじませる)しながら、全体的にトーンアップします。さらに、肌を潤わせ、滑らかにし、しわを防ぐ効果が期待できます。いわば、潤い効果のある美容液に、色補正効果を加えたような存在なのです。

CCクリームは、コントロールカラークリームとも呼ばれるとおり、光の反射と人間の目の錯覚を利用して、美しい肌に見せてくれます。

一回だけ塗ってもスキンケアはもちろんのこと、皮膚のトーンまで完璧に補正してくれるのが特徴とのことです。

2つの違いは?

BBクリームとはまた違った美肌を演出してくれるCCクリーム。
自分の肌に合ったものを選びたいですね。

BBクリームは、ファンデーション+美容効果という位置づけなのに対し、CCクリームは「化粧下地」に美容効果をつけたものなんです。お肌のベース作りに役立つのがCCクリーム。

「肌の悩みをしっかりとカバーする」BBクリームに対し、CCクリームは「肌の悩みを微妙な色補正でカムフラージュする」という違いがある

BBクリームが『塗って隠す』ものだとするなら、CCクリームは『光でごまかす』ものなのです。

注目すべきは、BBクリームは欠点を重点的に「カバー」をするのに対し、CCクリームは欠点を「カモフラージュ」をするにとどまるものの、ファンデーションとして塗りやすいという点でしょう。

ナチュラルな仕上がりを求めるなら、CCクリーム。

CCクリームは、BBクリームほどのカバー力はありません。
ナチュラルが好きな方は、CCクリームだけでOKですが、メークが落ちやすくなるので、上からパウダーをはたくと落ちにくくなります。

まるですっぴんのような、ナチュラルな肌に仕上げてくれるため、ファンデーション代わりとしても使えます。

もともと医療現場で使われてきたBBクリームに比べ、メークすることをはじめから意識して作られているため、肌をカバーして補修力のあるBBクリームよりも、ベタ塗り感を抑えて、自然な肌質に仕上がります。

水分クリームのように瑞々しく、肌に浸透し、さわやかな皮膚を演出してくれるCCクリーム。

CCクリームは微妙な色補正で肌のシミや赤みなどを目立たなくし、自然な質感のまま美しく見せる効果があるという。

忙しい朝や時間がない時はもちろんのこと、彼や友達の家にお泊まりして「完全なるすっぴんはイヤだけどキレイな肌を演出したい」時にはピッタリです

1





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう