1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

宮崎駿作品初の続編か!?庵野秀明による「ナウシカ2」構想

宮崎駿監督作品には続編がありません…が。最近になって「ナウシカ2」が話題を集めています。

更新日: 2014年04月27日

412 お気に入り 289677 view
お気に入り追加

■風立ちぬとナウシカをつなげる「生きねば」

「風立ちぬ」のコピーは『生きねば。』
実は、このコピーは宮崎監督の代表作「風の谷のナウシカ」とも大きなつながりがある。

「風の谷のナウシカ」最終巻である第7巻の最後のコマにでてくる言葉、それが『生きねば……』である。

■高まる「ナウシカ2」の可能性

「ナウシカ」には全7巻の漫画版原作(宮崎駿著)があるが、映画化されたのは原作の2巻の途中まで。

映画版が作られたのはまだ漫画が連載中のときで、ストーリは原作の漫画でいえば最初の3分の1ぐらいのところで終わっていた。

そこで「いよいよパート2を」という企画が、映画会社の中で持ち上がったようだった。ところが、翌月の会議で配られた資料では、その文字は削除されていた。

映画会社の中では「ナウシカ2」構想があったのだとか。

■庵野氏は「ナウシカ2」を熱望している

公開中の映画「風立ちぬ」では主演声優。宮崎駿監督とのタッグは、ナウシカ以来30年ぶりのこと。

「エヴァンゲリオン」シリーズの監督として知られる庵野秀明さん。宮崎監督の映画「風の谷のナウシカ」(1984年)では原画を担当した

立花 隆/石田ゆり子/鈴木敏夫
ジブリ名作の「舞台裏」を話そう

文藝春秋五月号を読んだら、庵野さんが「ナウシカの続編か、七巻だけを三部作で映画化したい」と言い続けてて、宮崎駿が去年ふと「庵野だったらいいかな」と洩らした(今後どうなるかは未定)と書いてあってそんなことになったら私は嬉しさのあまり嘔吐して泣きながら土下座ポーズで死ぬ

庵野に会うと、時々「『ナウシカ』の続編を自分に撮らせてほしい」と言われる。彼によると、『エヴァ』もまた『ナウシカ』のつづきを自分なりに作っているんだ、と言うんです。どれだけ『ナウシカ』に取り憑かれているのか。

文藝春秋のサイトに掲載された鈴木敏夫プロデューサーの寄稿

■具体的とも言えるもう一つの動き

2011年からはスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに弟子入りする形でジブリへ入社。現在公開中の映画『風立ちぬ』では「プロデューサー見習い」としてクレジットが載っている。

この二人が距離を縮めたことにより、未だかつてない「ジブリ作品の続編制作」が現実味を増した、と期待の声が上がっているようだ。

「宮崎駿・鈴木敏夫」コンビを継ぐのは「庵野秀明・川上量生」なのではないか? ということまでもがささやかれはじめている。

■宮崎駿氏本人も「王様のブランチ」インタビューで?

王様のブランチ 8月10日 本仮屋ユイカ:(ナウシカ)続編とかパート2を作る気はなかったんですか? 宮崎:それは止めたほうがいいと思ってます。僕はやる気はない。ただ庵野がやりたいやりたいと言うから、やるならやってもいいとこの頃思うようになって言ってますけど。

■ユーザーも「続編」を期待する声

1 2




雑学・エンタメ系のまとめ中心です。

このまとめに参加する



公式まとめ