1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

最近の「LEGO(レゴ)」がニッチに向かってる

建築家のためのレゴや3Dプリンタなど、最近のレゴがすご過ぎてちょっと怖いです。

更新日: 2013年08月24日

281 お気に入り 101582 view
お気に入り追加

▶「建築家」のLEGO

注目すべき点は、ブロックを使ってできる作品例を示す説明書が付いていない

その代わりに、建築のコンセプトや建築技術のほか、世界の優れた建築スタジオによる実例を紹介する277ページのガイドブックが付属

「スケール、マッス、密度、シンメトリー、モジュール、反復、スペースと分割、サーフェスといったコンセプト」を教えてくれます。

建築家が建物をデザインをするように、建築物の形だけでなくそれによって生まれる空間やランドスケープの考察などが出来るようになっています。

▶世界一高いLEGO

アメリカ、デラウェア州の公立の学区域だとか…・

▶LEGOの「自動販売機」

▶「3Dプリンタ」のLEGO

作ったのは、アメリカでエンジニアを専攻している学生、マシュー・クルーガーさん。

レゴを使うという発想力もさることながら、お金がない、じゃあ自分で作ろうと思う、その率先力も、素晴らしい

▶世界遺産「富士山」のLEGO

玩具・レゴ®ブロックで作るチャリティアート展である本展示会は2003年からこれまで日本全国で27回の開催を行い、約150万人の方々を動員。

全国各地を巡回する人気の展覧会「『レゴブロック』で作った世界遺産展 PART-3」は9月6日から同30日まで、一関、奥州、平泉の3市町を会場に本県で初めて開かれる。

「平泉」関連や「地球」、今年世界遺産登録された「富士山」を含む27カ国41作品を展示。

▶LEGOの「学校」まである

レゴのホームタウンであるビルン(Billund)の街に位置しており、レゴによる本国デンマークへの貢献を考えられつくられました。
http://p.tl/FnKp(GIZMODO)

今月8日に開校し、デンマークのほか米国、英国などから約75人の児童が入学した。

今年の受け入れは3~9歳が対象で、2年後に16歳まで広げる予定。

授業料は幼稚園と学校で異なり、それぞれ月2545クローネ(約4万4500円)と月2945クローネ。

1 2





ニュースの森さん

雑学・エンタメ系のまとめ中心です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう