1. まとめトップ
  2. 雑学
789 お気に入り 374829 view
お気に入り追加

猫のヒゲは切ってはいけない

猫は顔の大きさのわりにヒゲが長くて立派ですね。
ヒゲは猫にとって大事なアンテナ。決してイタズラに切ってはいけないのです。

猫のヒゲは生きていくうえで、とても重要な役割があります間違えてもおしゃれのためにヒゲを切りそろえてあげようなどとは考えないようにしましょう。

猫の顔をよく見てほしい、鼻の横、目の上、あごの下、ほっぺたの4箇所に太い毛がピンと生えているのがわかるでしょう。
これは、ただの無駄毛ではなく触毛と呼ばれる大切な役割をするヒゲなのである。

猫のヒゲの重要な役割

ヒゲがセンサーのような役割をもち、隙間を通り抜ける際、そこが通れるかどうかの判断をするのに必要なツールです。

平衡感覚もひげによって保たれているのでもしも猫にひげがなくなってしまうと平衡感覚がなくなってしまうようです。

ひげの根元には沢山の神経が通っていて、隙間など空間を感知したり、空気の流れを感知したりして暗闇でもモノにぶつからなく歩いたり走ったりできます。

目の上のヒゲは、まぶたの神経と繋がっていて、目をガードしています。
何かが触れると、瞬間的に目を閉じ、目を守るのです。

猫のヒゲは、猫の精神状態をも表します。
リラックスしているときはヒゲは下向きになっていて顔に沿っているのですが、緊張したり興奮するとヒゲはピンと立ってなおかつ前を向いています。

猫の気分はヒゲでも観察できるのでとてもおもしろいですよ。

もし、猫のヒゲを切ってしまったら…

ネコのヒゲをむやみに切ってしまうと方向感覚を失ってしまい、本来の俊敏さをなくす恐れがあるので、おもしろ半分でヒゲを切るのはやめましょう。

猫は生活に欠かせないヒゲを無くすと精気を失い、新しく生えてくるまで部屋の隅にうずくまってじっと動かなくなってしまう事もあるといいます。

ひげは生え変わるが、むりに抜くとひどい場合はストレスで死んでしまうこともある。

万が一切ってしまった場合でも、またすぐに生えてきます!
それでも、できるだけ切らないであげてください。

1





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

metalStoneさん



  • 話題の動画をまとめよう