1. まとめトップ

女が1年以上湯シャンを試してみた

湯シャン、湯シャンプー、女性の体験報告が少ないので、実験台になってみました。湯シャンに興味がある人は参考にどうぞ。2013年9月〜。

更新日: 2015年09月05日

jasminesh28さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
465 お気に入り 3927841 view
お気に入り追加

湯シャンって何?

お湯シャンプー、その名前の通り、基本的にお湯で濯ぐだけです。

なんで湯シャン?

毎日シャンプーを使用することで、髪と頭皮が傷む。

お湯だけで70%〜80%の汚れが落ちる。

髪の油は落とし過ぎてはいけない。乾燥し過ぎて頭皮に良くない。

そういうことで。

参考: 髪のスペック

乾燥肌

髪は少なめ、柔め。長さ40cmくらい(8/31/2013)

5年以上前からオーガニックシャンプー、石鹸シャンプー、ノンシリコンシャンプーなどを渡り歩き、ここ5ヶ月ほどは重曹なども取り入れ、シャンプーを使用したのは数回ほど。

今までの湯シャン歴は最長1週間弱。

8月29日にシャンプー。
8月30日にヘナ。
8月31日にシャンプー。

使用したシャンプーは、ベーネ ピュアナチュラル。
ヘナはテンスター ファインヘナ。

スタート初日の髪の状態

ヘナに混ざっているハーブで合わない物があったのか、頭皮が乾燥し過ぎているのか、頭皮が激しく痒い状態。

シャンプーの効果か、少し髪がペタッとしているが、サラサラで柔らかい。

9月1日

スタート初日はあんまり汗をかかなかったので髪を洗わず。

たまたま続けてシャンプーをしたせいか、夜には少しぺたー・・・と。久しぶりの感覚・・・シャンプーのし過ぎはいけません。

9月2日〜9月4日

2日に髪を洗い、3日は髪を洗わず。毎日涼しいのは良いこと。

シャンプーを使わないと髪を結んでも形が付きにくい。

4日の髪の状態は根元が油っぽい。ので、髪を洗う。

前日に髪を洗ってないのもあり、根元を中心に油っぽくなっている。

頭皮の痒みがおさまる。

9月5日

触ると髪に油分が残っているのがわかる。

9月8日

一週間も経つと、さすがに頭が洗えてない感じになってくる。

髪についた皮脂が綺麗に取れないので、触るとベタついてごわついているのがわかる。



臭いに関しては、「ヤバい」ほどの臭いはしない。

頭皮を指の腹でこすって臭いを嗅ぐと、皮脂の臭いがするけれど、これはシャンプーをしていてもあんまり変わらない。

ざんばら頭で頭を振って臭いを確認して、かすかに油らしき臭いがする。

臭いに敏感な妹に特に指摘されていないので、普通に人と接する場合には、臭ってない・・・はず。至近距離まで近づくとちょっと臭うかもしれない。



この日はちょっと頭が痒い。

洗髪前には櫛で髪を梳く。ネットで動画でも観つつ、櫛を3本使って20分〜30分くらい丁寧に梳いていく。

シャンプーを使わないので、櫛の汚れがとてつもなく早い。

この画像の櫛は、荒歯なので一番最初に使っていて、一番汚れる。

一回使用してこの状態。

9月15日

さすがにちょっと脂のニオイが残る。髪に至近距離まで近づかなければまだ大丈夫。多分。満員電車とかだとアウトかもしれない。

ニオイは櫛やブラシで髪を丁寧に梳くだけで結構改善する。ただし、櫛が凄まじく汚れる。

画像では髪の艶がないけれど、実際はもう少し艶がある。

参考に頭のてっぺん。

後頭部が一番ペタッとしている。でも、画像だとよくわからないので画像無し。

9月16日

ん?後頭部のベタつきがかなり減った?

いつもより頭が軽く感じる。

9月17日

髪が濡れている時は、後頭部を中心にペタッとした感触あり。でも、乾くとサラッとしている。それでも、まだ手触りが硬い感じがする。湯シャン初期の状態に近い。

9月23日

1 2 3





美容や健康に関するネタを中心にまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう