1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

車を売るときに知っておきたいこと

あくまでも私が調べた範囲で、「なるほど」とおもったものを掲載しているので、これらの情報をもとにして車を売る場合には自己責任でお願いします。でも、私たち素人が生半可な知識で車を高く売ろうとすると手間が大変なんだなー、と今回調べてみて分かりました。

更新日: 2013年08月31日

shunkakuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
814 お気に入り 417959 view
お気に入り追加

車を売る前に、私が「知っておきたかったこと」をメモしておきます

車を売る時は、できるだけ高く買取をしてもらいたいところですが、車買取店選びで迷ってしまったり、まずどうすれば高く買い取ってくれる業者が見つかるのかわからないということで、諦めてしまう方が沢山いる

車を売りたくて買取り査定に申込んでも、車買取業者の営業の人に上手く言いくるめられてしまったような気持ちが残ったまま契約してしまった方が多いと聞きます

「車を売ろう」と思ってネットでいろいろ検索しても、出てくる検索結果やブログなどは、買取業者側の宣伝だったり、ステマみたいなものばかりで、「売る側」に有利な情報がなかなか見つけにくくなっています。

これは買い取る業者側の「作戦」か!?

私が「もっと早く知っておきたかった」情報を、次に車を売るときのために備忘録としてメモ。

1.みんなが誤解している意外な事実と注意点

・売る前に車をキレイにする必要はない!?

「プラスはなかなかしない、でも、マイナスはしっかりするのが査定」というもの

洗車しているからといって、査定額がアップするわけではありません

ただし、洗車していることにより、オーナーであるあなたに対する信頼感が増すのは間違いありません。逆に・・・査定を受けるにもかかわらず、汚れた状態のままというのは印象が悪い。

まあ、洗車と簡単な車内の掃除くらいはしておきましょう。今までお世話になった車なんだから感謝の意味を込めて。

ただし、傷の補修やワックスがけ、車検を取っておくなどの手間を掛ける必要はありません。

ワックスを必死でかけたところで、それに見合う査定アップがあるわけではないし、傷の補修や車検は業者側にはより低コストでできる仕組みがあるからです。

・ネットで一括無料査定をしても、査定価格がわかるわけではない

よく考えて見れば、それもそうだ。。

ネット一括査定は、あなたのクルマを直に見ることではなく、あなたから送られたデータで買取金額を決めます。ですから実際の査定額とは少し食い違いがでてしまう

あくまでも「相場」が分かる程度だと思っておいたほうがいい。買取価格の「幅」を伝えてくる業者もあるが、最近では買取価格は提示せずに、実車査定をさせてほしい旨の電話がかかってくるだけのこともある。

細かく愛車の情報を入力出来るところがあっても、インターネット査定だけでは簡易査定額で、例えば50万円と言われても前後に20万円程度上下するような査定額になります

まあ、確かに、実車を見てみなければ査定価格なんて出せるわけがないですから、当然ですね。実際に出張査定してもらったら査定価格が下がってしまうということがあるのも、ネットでの査定価格の提示で他社より低い金額を伝えると、出張査定さえさせてもらえずに他社に車を売られてしまうという可能性があるから、「高めに言っておく」ということになるのかもしれません。

・一括査定を依頼すると、5分後には電話の嵐が襲来する

もう、信じられないくらいの勢いで着信がきます。

人生初の「モテ期」を体験したいならオススメですが、仕事用の電話番号や自宅の電話番号以外に電話がある人には、そちらの番号を一括査定サイトに登録するのがいいと思います。

一括査定の仕組みとして、ユーザーから申し込みがあれば、買取店は情報提供料(1500円くらい)を一括査定サイトの運営会社に支払っています

金額は少ないのですが、上記のようなコストが発生しているので、それぞれの買取店はそれを回収するために申し込みがあったユーザーになんとか売ってもらいたいと必死で電話攻勢。最初にコンタクトがとれた業者に車の売却を決めてしまう人が多いというのも理由の一つ。

一括査定依頼を送信した直後から、10件くらいまとめて電話がかかってくることになります。依頼をする場合はあらかじめ心の準備をしてから

正直言って、私は着信の嵐が怖くなって、その日は電話に出ませんでした。まさに「入れ食い状態」。留守電をチェックしたら18件も入っていて、結局翌日こちらから掛け直すことにした。

2.車を「高く売る」のが難しいワケ

車を売ったことのある経験者で「難しく感じなかった」という人は、だいたい安く買い叩かれてしまったことを認識していないんじゃないかと思います。

相手はそれを察知させないプロですから。

・キレイ事を言っていても、やっぱり買い取り側は「安く買い叩きたい」

「あなたの車を高く買い取ります」とは、みんな言うけれど・・・

買取店は言葉巧みにあなたの車の価値を本来より低く見積もり、買い叩くのが仕事

自分が中古車買取店の社長だったら、おなじことを考えるはず。

車買取業者は「買取は安く」「売却は高く」しようとします。商売ですので当然ですよね

できるだけお客さんから安く買い取り、その車をできるだけ高く売って利益を最大化させるのが目的ですからね

・相手は「毎日、車を買い取っている」プロ・・・こちらは素人

買い取る側が、1日に4件の無料出張査定をすると仮定すると、

年間勤務日数(約250日)×4件で、1年間に1000件もの査定をしていることになります。

そして、一括査定を依頼する人でも5社以上に査定させる人は少ないそうですから、各業者が均等に買い取る機会があるとして、一人の営業マンにつき年間200件は買い取っていることになるのでしょうか。

だとしたら、一生のうちで1回か2回くらいしか「車を売る」機会のない素人の私たちが、彼らに勝てるはずがありません・・・基本的に。

一般お客様から車を買取るのは、彼らからしたら赤子の手を捻るようなもの

そもそも、私たち一般人が、買取業者の査定士(営業マン)相手に価格交渉ができるなんて考えないほうがいいです。相手は私たちよりも圧倒的に場数を踏んでいますし、ありとあらゆる交渉パターンを熟知しているから

仮に価格交渉がこちらの思うままに進んでいるように見えてもそれは錯覚です。こちらが交渉権を持っているように見せかけておいて、実はその営業マンの手のひらで踊らされていることがほとんどだということ

ネットで相場を調べたり、車のことに詳しい人ほど、交渉が楽で、攻略しやすいようです。これは、知識があればあるほど、営業マンにとってみれば納得させる材料も増えるから

「車のことは全く分かりません。とにかく高く買ってくれるところに売ります」と言ったほうがよほど高く売れる可能性は高い

基本的に(買取店の)営業マンの実績は粗利で評価される

つまり、安く買えば、安く買うほど、査定する営業マンの実績になるということ。彼らも自分の生活がかかっているんだから、甘いことはしませんよね

1 2 3





note 始めました。
https://note.mu/shinkaku



  • 話題の動画をまとめよう