1. まとめトップ

お腹の脂肪をなくす37の方法

お腹のぷにぷにとした脂肪をなんとかしたい・・・!という人のためのヒントを食事、エクササイズ、メンタルカテゴリーから37個まとめました。参考にどうぞ。

更新日: 2015年04月09日

jasminesh28さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3720 お気に入り 6054293 view
お気に入り追加

お腹の脂肪をなくすのは、とても無理・・・なんて思ってしまう人も多いと思います。でも、不可能ではありません。

正しい運動と食事、そのた脂肪を減らすための方法を知っているのといないのでは大違い・・・。

ここでは、お腹の脂肪を減らすための37の方法を紹介します。

その1: 部分痩せというものは無いと知る

お腹の脂肪を減らすための第一歩は・・・部分痩せは不可能ということを知ること!

特定の一カ所だけの脂肪を減らすということは絶対に不可能です。お腹の脂肪を減らすためには、全身の脂肪を減らす必要があります。

お腹の脂肪が気になる・・・という人は、お腹以外にも脂肪がついて気になる箇所があるはずです。ですので、全身の脂肪を減らす・・・ということに不都合がある人はいませんよね?

それでは、基本中の基本を抑えたので次に行きたいと思います。

その2: 良質のタンパク質を摂取する

良質なタンパク質を含んだ食事は、お腹の脂肪を減らすだけでなく、脂肪を減らすために必要な筋肉をつけるためにも必要な成分です。ささみなど、脂肪の少ないお肉をぜひ取り入れましょう。もちろん、ファストフードや出来合いの物ではなく、手料理を。

その3: たくさんの野菜や果物を食べる

野菜や果物はたくさんのビタミンやミネラルを含み、私たちの健康な身体作りをサポートしてくれます。

お腹の脂肪を減らしたいなら、スナック菓子の代わりに野菜や果物をおやつに食べましょう。

その4: ソーダは禁止

ソーダやコーラは砂糖を沢山含み、身体のためになる栄養は含んでいません。痩せたいなら飲むな!

ソーダの代わりに、お水を。お水そのままの味が苦手なら、レモン汁を加えたり、100%のジュースを少し加えると飲みやすくなります。

その5:ファストフードを避ける

ファストフードは人間が必要な1日のカロリーを1食に含んでいるのを知っていますか?しかも沢山の脂肪分を含んで・・・。

どうしてもファストフードを避けることが出来ない場合は、サラダなど野菜を沢山含んだ脂肪分の少ないメニューを選択しましょう。

その6: 精製された食品を避ける

食パンやお米など真っ白に精製された食べ物は、必要なミネラルを失い、食物繊維が少なく糖分が多いために血糖値が上がりやすく、余計な食欲の原因となります。

玄米や全粒粉など、精製されていない物がおすすめ。

その7: 水分補給は重要

健康な身体を保つことに水分補給はとても重要なことです。1日8杯の水を飲むようにこころがけましょう。

水分を十分補給することで、身体の動きを正常にするだけでなく、飢餓感の解消、無駄な脂肪を減らす手伝いもしてくれます。

その8: ゴールを決める

人生のゴールを決めることと、ダイエットのゴールを決めることはなんら違いはありません。何かを達成するために、ゴールを決めることはとても重要です。

お腹の脂肪を減らすためのゴールは、体重の数値ではなく、ジーンズなどのサイズやウエストの数値にも目標値を設定しましょう。

脂肪を減らすためには筋肉をつける必要があり、体重の数値は無意味になるからです。

その9: 少量を回数を増やして

少量を回数を増やして食べることは、お腹の空いた時間をを減らしいつでも満たされる時間を多くします。3食で1度に多くの量を食べるよりも、5食にして少しずつ食べるようにしましょう。

理想としては、朝食・午前のおやつ・昼食・午後のおやつ・夕食です。少しずつ食べることで食べ過ぎを防ぎ、お腹の脂肪を減らす手伝いをしてくれます。

その10: 自炊する

家で料理をすることで、自分が何を食べているのかを理解し、食べる量を調整することができます。

自炊をすることで、脂肪を減らすだけでなく、外食よりも節約することができます。

その11: 仲間を見つける

お腹の脂肪をなくしたいのはあなただけではありません。

友達でも家族でも、最低1人仲間を見つけ、食事内容を考えたり、トレーニング方法を考えたりしてお互いを励まし合ったり、モチベーションを維持しましょう。

その12: 有酸素運動

お腹の脂肪をなくすのに運動は欠かせません。そして、一番最初に言ったように、部分痩せというものは不可能です。ですので、全身を鍛える必要があります。

脂肪を減らすのに効果的な運動は、有酸素運動です。最低でも週4日、1日30分を目標に。

ウォーキングでも、水泳でも、ダンスでも、自分の好きな有酸素運動を実行しましょう。

1 2 3 4





美容や健康に関するネタを中心にまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう