1. まとめトップ

ベニシアさんの人生が波瀾万丈すぎると話題 #あさイチ

今日のあさイチで話題になったベニシアさん「許すとは過去を手放すこと」とは・・・

更新日: 2013年10月01日

tw3dsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
59 お気に入り 173542 view
お気に入り追加

ベニシア・スタンリー・スミス(Venetia Stanley-Smith、1950年 - )はイギリス出身のハーブ研究家・英会話学校経営者である。夫は山岳写真家の梶山正である。また曽祖父の兄はイギリスの外相・インド副王( インド総督)だった大物政治家のジョージ・カーゾン 侯爵であり、祖父リチャード・ナサニエル・カーゾンはスカーズデール子爵であった。

1950年に生まれ
母から貴族としての教育をうけて育った、しかしその生活に疑問を抱き
19歳の時にイギリスを飛び出し、インドをはじめアジアを放浪、
20歳の時に日本に来日、1978年京都で英会話学校を開く、それからずっと京都で暮らす。

「許すとは過去を手放すこと」というベニシアさんの言葉は共感します♪すべて手放して生きる幸せ。

公式リンク

メディア関連リンク

映画『ベニシアさんの四季の庭』感想

『ベニシアさんの四季の庭』を昨晩試写で。京都大原で古民家を改造して暮らし、庭に100種類ものハーブを育てるベニシアさん。優雅にも見える暮らしの陰にはさまざまなドラマが。。。美しい庭と人の世のままならなさ。りりしくもやさしい息子&孫も魅力的だ。公開はシネスイッチ銀座他で9月より。

『ベニシアさんの四季の庭』試写。ベニシアさんの京都大原での丁寧で心豊かな暮らしぶりを羨ましく思いつつ、NHK番組ではあまり語られることがない彼女の生きることや家族への思いにも触れて意外にも元気をもらえた。現在の夫君との夫婦の危機話は衝撃的だったが…(^_^;)9/14公開 #映画

ベニシアさんの映画の試写会、終了!! 今日の日が特別だと思わせてくれるくらいに良かった!!!!!だけど、言葉は見つからない……ただ、ただ……良かった。 #ベニシアさんの四季の庭 #ベニシアさん #猫のしっぽカエルの手

映画『ベニシアさんの四季の庭』試写会にて観了。実はすごくいろんな山あり谷ありのベニシアさんの人生も描かれているドキュメンタリー。彼女のシンプルな京都暮らしの魅力だけでなく、どういう生き方を選ぶか、内省を呼ぶ映画。9/13公開。お薦め!

映画「ベニシアさんの四季の庭」観ました。素晴らしかった!

今日は京都シネマで「ベニシアさんの四季の庭」という映画を観ました。暮らす場所や人、愛でるものは自分の感覚を頼りに選んでいっていいのだと言われた気がしました。そして、何より花と家族が好きな母に観せてあげたい、観てほしいなと思いました。 venetia.jp/index.html

『ベニシアさんの四季の庭』観てきた。年配の客層が多かったけど、老若男女問わず観てみるといいと思う。地味な映画ではあるけど、殊更ドラマを求めなくとも、人は皆それぞれ人生がドラマであって、日常を磨くことで素敵になるのだなあと感じることができる、いい映画。

映画関連情報

注目映画紹介 : 「ベニシアさんの四季の庭」 京都で自分らしい生活を手に入れた英国人女性の人生

あさイチの感想

京都大原。築100年の古民家に暮らすハーブ研究家、ベニシア・スタンリー・スミスさん(62歳)。ハーブの知恵をいかしたレシピはもちろん、自然や人生をつづった美しいエッセイが、幅広い年齢の女性たちに影響を与えています。ベニシアさんと言えば、とにかく人生波乱万丈!異国での結婚・離婚に、44歳での高齢出産。そして今回、新たに「娘の病気」と「夫の家出」について気持ちを語ってくれたのです。夫に裏切られ、人生最悪のとき、苦悩の末にベニシアさんがたどり着いた言葉は“Forgiveness 許すということ”。9歳年上の妻として、また、病気の子ども

映画感想

「許しとは過去を手放すこと」 (映画『ベニシアさんの四季の庭』より)

銀座で映画「ベニシアさんの四季の庭」。TV番組と違い、波瀾万丈の人生を描いている。いくつもの壁を、どんなふうに乗り越えてきたか。そこで「庭」はどんな存在だったか。年配の来場者が多かった。きっとみんないろんな目に遭っていて、それだけに彼女の生き方に共感するのだろうと思う。

「ベニシアさんの四季の庭」、内容もとても良かった。しかしベニシアさんが有名になりすぎた事によって、義理の娘の病気への無理解とか浮気で妻子捨てかけた過去とかを 全国にばらされるはめになった旦那さんある意味災難かもしれない…

1 2




tw3dsさん

見てくれた皆さん、ありがとうございます。

このまとめに参加する