1. まとめトップ
  2. 雑学

どうしておばあちゃんの名前ってカタカナが多いの?

長寿ランキングの名前見ていたら、おばあちゃんの名前のカタカナ率が高い!今って全然いないのに、昔の人ってなんでカタカナの名前なんだろう?疑問に思ったのでしらべてみました。

更新日: 2013年09月17日

いっちぃさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
316 お気に入り 329566 view
お気に入り追加

おばあちゃんの名前覚えてる?

なんで昔の女性の名前ってカタカナ二文字が多かったんだろ。ちなみに祖母の名前はサワでした。

すげ〜、おばあちゃんの名前かわいい(^O^)カタカナでナサって(笑)

オレの母親の名前はサダという。貞子は怖いがサダなのでまだしもだ。しかし明治・大正生まれの女性ってなんでカタカナの名前が多いんだろう?田舎だからなのか?祖母はシクにマサだ。ところが母の姉はサキで妹はコユキ。もしもオシャレな漢字をあてたなら今の時代ならすごくカワイイ名前になるのだが。

当時の時代背景が関係してた

明治から第二次大戦終了まで仮名といえば、ひらがなではなくカタカナだった

そういえば昔の憲法って漢字とカタカナ混じりでした。

親も漢字を知らなかったので、知っているカタカナを使うしかなかった

今でも、ひらがなと漢字が苦手というお年寄り(特に女性)は結構います。。。

当時、役所で口頭で名前を言って登録していたのでカタカナになった

例えば「フミ」さんでも、「文」なのか「史」なのか、「富美」なのか口頭ではわからない…

西日本は女性名はカタカナが多かったが、東北などは女性名は平仮名が多かったといったように地域差もある

ひらがなは当時モダンな印象があったそうですが、東北の人たちは先取りしてたのかな?

名前にも「男女差別」があった

男子には学識のある人物の助けを得るなどして、立派な漢字の名前を付けても、女子は定番の名前を簡単なカタカナで付ける例が多かった

女の子のために、名前をつけてくださいとお願いする親はいなかったそうです。

女の子の名に漢字は恐れ多いと思う一般人が多かった

漢字の名前をつけられた女性は、武家などの子供が多かったそうです。

女性に学問は不要という男尊女卑の思想があったため、女性の名前には漢字を使わない(そうでないと、本人が読み書きできない)という習慣になっていた

「子」という漢字は、公家・華族しか使えなかったが、明治時代の姓名改革後に子供に「○子」とつける親が増えた

夏目漱石の奥さんなど地位がある人の妻は、本名に「子」をつける申請を出したりしたそうです。

おばあちゃん達の名前が単純すぎる…

たまたま稲穂が目にはいったから「イネ」

農村出身なのかな…

二文字の名前が多いのは、頭に「お」をつけて呼ぶことが多かったから

時代劇とか見てると「おウメさん」とか「おトメさん」とか呼ばれてますよね。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

いっちぃさん

みんながんばろ~(◍´◡`◍)



  • 話題の動画をまとめよう