1. まとめトップ

10歳”若くなる”!今日から気軽に始められる簡単な4つの行動!

人間は35歳を過ぎると1.8kgの脂肪を燃焼するごとに筋肉が落ちていくそう。脂肪燃焼に必要となる筋肉も、放っておくと脂肪燃焼のためだけに一気に消えてなくなってしまうのです。

更新日: 2013年09月12日

171 お気に入り 14674 view
お気に入り追加

人間は35歳を過ぎると1.8kgの脂肪を燃焼するごとに筋肉が落ちていくそう。
脂肪燃焼に必要となる筋肉も、放っておくと脂肪燃焼のためだけに一気に消えてなくなってしまうのです。

そこで、今日から簡単に始められる老化を防ぐ4つの行動をご紹介します!

1: 水はのどが渇く前にこまめに飲む!

ちょっと喉が渇いた
この信号を受けた時点で体の水分量は減っている状態だ。
必要な水分量のうち『1%』が不足しているという事。
喉が渇いたと感じる時点で、すでに体は水分不足になっているのだ。水分補給は喉が渇いたと
感じる前に水分をこまめに取るのが良いとされている。

「1日1~1.5リットルの水を飲むことが、がんを予防するという研究報告があります。水で化学物質を洗い流すことができますよ」

「水自体に栄養は含まれていませんが、体内の栄養も毒素も水が運び役です。質のいい水を毎日適切に飲むことが、健康を維持する秘訣です」

「顔がむくむから」って、夜の水分を控える人、多くないですか? でも要注意! 水分不足は、むくみや脂肪にとっては、逆効果なんですよ! 人間は睡眠中も汗をかきます。体が水分不足になれば、血液ドロドロになって脂肪燃焼しにくくなります。

大量に一気飲みするのは良くないです。私は高眼圧で、眼科の先生に「500ミリリットル以上は一気飲みしないように」と注意されました。

2: 毎日の短い運動!

不定期にジムに通ってトレーニングするより、毎日階段を上って体を動かすほうが健康維持にも減量にも効果的という結果が米大学の調査で判明したのです。

1日1分間の集中的な運動によりBMIが0.07、体重にすると約186g減少することが明らかに。つまり、165cmの女性が毎日エレベーターではなく階段を使えば、月曜~金曜までで約1kg消費できるという計算になる。

エレベーターを使わず階段を上る、バス停はひとつ前で降りる、お店よりちょっと離れた駐車場に止め歩くなど日常で簡単に行なえる

3: 低カロリー過ぎ・人口甘味料に注意!

食事制限をして無理に体重を落とし過ぎると、感染症などの病気になったときに抵抗力が低く死亡率がアップする。もちろん、太りすぎは動脈硬化や発がんのリスクが増すのでNGだが、痩せすぎもダメ。ちょい太りはOK

従来、人工甘味料はそのまま排泄されるので血糖には影響が無いといわれてきた。しかし、今回の研究で通説が否定されたのだ。人工甘味料の刺激によるインスリンの過剰分泌が日常的になれば、インスリンの血糖を下げる作用が鈍くなる。「健康のための選択肢」だったはずが、逆に2型糖尿病を誘発する可能性がある。

4: 年齢を理由にしない!

老化も気の持ちよう。自虐的に「私はもうおばちゃん」と言っていると、脳は聞こえた言葉に合わせて頭や体を変えていこうとするのです。

病は気から、という言葉もあるように、加齢も気から、なのです。

プラシーボ効果のように脳は信じたことを実現する物質をつくります。「若くない」といいたくなったら、「大人になった」などと置き換えてみましょう。

これなら簡単に始められる!という行動をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。
もちろんこれだけで老化が防げる訳ではありませんが、毎日の生活で心がけることにより、やらない人よりは若さを保てるのではないでしょうか!

1





非情のライセンスさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう