1. まとめトップ

影の立役者!東京オリンピック招致PR映像を作ったkoo-ki株式会社とは?

2020年オリンピック開催地が東京に決まりました!招致にあたって作られたPR映像が素晴らしい。世界を魅了した日本のプレゼン映像。その制作会社、空気を調べてみました。福岡から東京を支える人たち。江口カンさん、上原桂さん。

更新日: 2013年10月08日

iamsaneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
134 お気に入り 134526 view
お気に入り追加

2020年のオリンピック開催地が東京に決まりました!

昨日の東京オリンピック2020招致のIOCでのプレゼン、冒頭で流れた映像はKOO-KI江口カンがクリエイティブ・ディレクション、上原桂が演出を担当させていただいております!外国メディアに「スピルバーグが撮ったの?」と言わしめた逸品!: y2u.be/-x50hgHePRA

昨日ロンドンで公開された東京オリンピック招致国際PR映像、 上原桂が演出を務めました!CDは江口カン! 音楽はインビジ invisible.designs.lab 中村さん! youtube.com/watch?v=6tvPub…

2020年の東京オリンピック招致の国際PR映像のクリエイティブ・ディレクションをはじめとした制作をKOO-KIで担当させていただきました。
スポーツの力でみんなが元気になれるような、ダイナミックですばらしい祝祭を世界に発信できるのは「東京」なのだ!、ということをアピールしています。
クリエイティブ・ディレクターは江口カン、演出は上原桂、CGパートの制作もKOO-KIで行いました。

その招致PR映像がこちら

東京2020オリンピック・パラリンピック国際招致PRフィルム「Tomorrow begins」は開催地の決定とともに、一旦その役割を終えました。
それに伴い、本編中に使用されているアーカイブ映像の許諾制限の関係上、2013年9月をもちまして公開終了となりました。
本映像をご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました。

なお、この動画の公開管理は弊社では行っておりません。
動画公開に関するお問合せにはお答えしかねますので何卒ご了承ください。

KOO-KI(空気)株式会社とは…

会社は九州の福岡市(博多)にあります。
そして、絶対に「オモシロイモノ」しか作りません。
はっきり言って不便な(めんどくさい)会社です。

福岡博多に本社をおく、映像制作会社。
東京ではなく地方の力も忘れないでほしい!

ディレクターをつとめた江口カンさん

福岡生まれ。九州芸術工科大学(現・九州大学)画像設計学科卒業。 '97年空気モーショングラフィックス(現・空気)共同設立。
テレビCMや短編映画、ドラマなど、エンタテインメント性の高い映像作品の演出を手がける。
'07年「福岡ソフトバンクホークス」にてギャラクシー賞CM部門大賞。同年「NIKEiD Cosplay」にてカンヌ国際広告祭銅賞。

日常的な気付きというか、日常の気持ちから少し気持ちが動くものがいいなと思っています。「笑える」とか「カッコイイ」とか、そんなちょっとした気持ちの揺れを引き出したいです。

まさに審査員の気持ちを動かす映像でした。

影ながら力になれたのならとてもとても嬉しいです。 そして、まとめてくれた方、本当にありがとうございます。 課題はいろいろあるけれど、とにかく今は おめでとう東京!おめでとう日本!! matome.naver.jp/odai/213786143…

Twitterの反応

日本のPR映像すごい良かった(^O^)他の国に比べて「人」がメインなのが良いと思う。 youtube.com/watch?v=6tvPub…

東京のプレゼンVTR?ほんとうに素敵!色遣い、表情、映像の美しさに何度も見たくなる。いくつかあるけど、これが一番好き。素晴らしい。見たことのない人には、是非見ていただきたい!youtu.be/6tvPubeNjmI

この映像。開催地発表前に会場で日本紹介で流れてたやつ。感動しちゃう。 m.youtube.com/watch?v=-x50hg…

ちょっと気は早いですが、オリンピック開会式の演出にも是非かかわってほしいですね!

1





iamsaneさん

好奇心のおもむくままに、まとめてゆきます。



  • 話題の動画をまとめよう