1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

折っても、曲げても割れない!?北山杉を使った京乃木肌という突板がすごい

北山杉の特徴である独特の木目、質感、香りはそのままに、折り鶴を作れるほどの柔軟性がある、北山杉を使った京乃木肌とは?

更新日: 2013年09月14日

246 お気に入り 53950 view
お気に入り追加

北山杉とは?

北山杉(きたやますぎ)は、京都市北部から産する杉をいう。

北山杉は、室町時代の応永年間(1394〜1427)頃から
植林されたと言われている

室町時代、(北山杉の産地)中川地域の磨丸太は
千利休により完成された「茶の湯」文化を支える
茶室や数奇屋の建築用材として頻繁に用いられるようになった。
その代表が桂離宮や修学院離宮。

北山杉は一般的な杉に比べ,手間暇をよりかけて育てられる

ノーベル文学賞を受賞した故川端康成の作品「古都」において登場し,
たびたび映像化される

桂離宮,修学院離宮,大徳寺や金閣寺等の有名建築物のほか,
一般住宅においても客人をもてなす客間に多用されてきました。

そんな北山杉を使った世界最薄水準の突板を開発

高級木材である京都の北山杉の用途拡大に向け、
天然木を加工した極薄シート「京乃木肌(きょうのきはだ)」を
地元の業者が共同開発し、販売を始めた。

2013年9月14日のニュース

京都産の素材を使った化粧品などを製造する
「KyotoNaturalFactory(KNF)」(京都市下京区)と、
北山杉の製造・加工販売の「あすなろ商店」(右京区)が企画。

KNFが(2013年)8月から販売している。

京都の伝統工芸「北山杉」を活性化させたいと考え、
約10年前から活用方法を検討、
様々な商品開発に取り組んできた

その突板(つきいた)の名は「京乃木肌」

天然木を世界最薄水準に加工する独自技術を確立

天然木極薄つき板『京乃木肌』の厚みは0.23㎜(公称)。
その極薄さは造形性に優れ木目と平行方向は、
曲面・凹凸面でも自在に貼ることができる。

木を薄く削った板に和紙を貼り合わせ、
さらに特殊加工で薄くすることで曲げても割れないという。

1





ラッコは漢字で書くと海獺。海の獺(カワウソ)だよー。



  • 話題の動画をまとめよう