1. まとめトップ

ドコモのiPhoneに機種変更する前に注意したいコト

ドコモのiPhoneに機種変更する前に確認しておきたい注意事項をまとめました。iPhone6s/iPhone6s Plus/iPhone SEも無事ドコモから発売されました。だけどiPhoneは今までのケータイとは違うことが沢山ありますのでドコモのiPhoneへ機種変更する前に確認しておきましょう!

更新日: 2016年05月03日

teasesugoiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
774 お気に入り 2364618 view
お気に入り追加

▼更新履歴

2016年04月16日更新

▼LINEのトーク履歴等は引き継がれない

iOSとAndroidの間の異なるOSをまたぐ機種変更では、残念ながらLINEのトーク履歴をそのまま引き継いで復元することはできない。

同一OS間でもバックアップと復元をしなければトーク履歴は引き継げません。

その他の引き継がれない情報

・通知音の設定
・購入したLINEコイン
・チャージ済みのLINE電話のコールクレジット

▼2014年冬春モデルより前の機種のSIMは使えない

iPhone5s/iPhone5c/iPhone6/iPhone6 plus/iPhone6s/iPhone6s plus/iPhone SEでは「nanoSIM」という一番小さいサイズが使われる。
その為、それより大きいSIMを入れ替えて使うことは物理的にNG。

2014冬春モデルからnanoSIM対応のAndroidが発売。
2014冬春モデルより前は一回り大きいmicroSIMが主流。

▼電話窓口の営業時間が短い

〈ドコモインフォメーションセンター〉
iPhone受付時間:
平日 午前9時~午後「7」時
土日祝午前9時~午後「5」時

iPhone以外は
平日・土日・祝日全て午前9時~午後「8」時
故障については24時間

電話番号:ドコモ携帯電話からは「151(無料)」、一般電話などからは「0120-800-000」

▼ドコモショップでは故障受付してくれない

ドコモショップにて修理対応は行っておりませんので、修理をご希望される場合は、お近くのApple正規サービスプロバイダまたはApple Storeへご相談ください。

最新の機種を含む全てのiPhone/iPadがドコモショップでの修理対応はしていません。
※水濡れや紛失、全損の場合は「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に加入していれば新しいiphoneを届けてもらえます(https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/delivery/

▼おサイフケータイは解約しないといけない

iPhone6はおサイフケータイ対応じゃないの??
→答えは「NO」
日本で広く使われているものとは規格が異なるため、日本で利用できるのかは未定。

おサイフケータイはSIMに紐付けられている。

SIMを抜くと使えなくなったり、使えてもチャージや設定などができなくなることがあります。

『設定はしたけど今まで使ったこと無いから放置でいいよね?』
→答えはNO。
端末内に残ったカード情報から悪用されることがある。

面倒ですが、各おサイフケータイのサービスは一つ一つ解約手続きを取りましょう。

▼microSDカードは使えない

▼ドコモのiPhoneに非対応サービスは自分で解約しないといけない

ドコモのiPhone5s/iPhone5c非対応サービスに加入中の場合、機種変更と同時に自動解約「されないもの」と「されるもの」がある。

■自動解約「されない」:
「i Bodymo」「NOTTV」「カラダのキモチ」「しまじろうひろば」など、「spモードコンテンツ決済サービス(Googleウォレットを含む)」、「ドコモ ケータイ払い」の継続課金にて、iPhone 5s/iPhone5cに対応していないサービス等

■自動解約「される」:
「iモード」「mopera U」「ケータイ補償 お届けサービス」「スマートフォンあんしん遠隔サポート」「あんしんスキャン(プライバシーチェック・セーフブラウジング)」「ドコモゼミ月額使い放題コース」「ドコモゼミ小中学生コース」

▼ドコモのiPhoneには非対応サービスがたくさんある

1 2





このまとめへのコメント2

1

teasesugoiさん



  • 話題の動画をまとめよう