1. まとめトップ

骨格診断であなたに合ったファッションコーディネートが見つかる!

カラー診断でわかるのはその人に似合う「色」ですが、骨格診断をプラスすればその人に似合う「素材」と「形」までわかっちゃいます。流行に左右されない、自分らしさを活かしたファッションコーディネートを目指す人に。

更新日: 2015年02月14日

Japanesienneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
352 お気に入り 549516 view
お気に入り追加

骨格診断とは

骨格診断とは、お一人お一人のボディの質感やラインの特徴などを診断することでお似合いになる「素材」と「形」を導きだすものです。

具体的には、お似合いになるファッションアイテム、ヘアスタイル、アクセサリー、バッグ、靴などについてその素材感やデザインについて知ることができます。

ご自身に似合うファッションアイテムはパーソナルカラーだけで決まるわけではありません。持って生まれた身体の特徴とデザイン・素材の質感を合わせることでスタイルアップ・イメージアップに繋がっていきます。

パーソナルカラー診断と骨格診断を行うことで、お似合いになる「色」「素材」「デザイン」のファッションの3要素がわかりますのでお洋服やアクセサリーやバッグや靴、ヘアスタイルなど格段に選びやすくなります。(引用:http://niawase.com/kokkaku.html

骨格タイプに合ったコーデにはこんな効果が

・スタイル良く着やせしてみえる
・流行に関係なくおしゃれにみえる
・持ち前の女性らしさが輝く
・好感度アップ(第一印象アップ)

骨格タイプに合わないコーデだと…
・太ってみえる(着太りしてスタイルダウン)
・ やぼったくちぐはぐにみえる
・老けてみえる
・貧相にみえたり安っぽくみえたり

診断方法

骨格診断はそれぞれの骨格タイプの特徴の出やすい手首、胸元、腰、膝などをボディタッチしながら診断をし、併せて、質感・全身のバランスなどを見ながら診断結果を導いていきます。

自己診断も可能ですが、より正確な診断結果を得るなら専門家に頼るのがベスト

ナチュラルタイプの要素をMIXしているストレートタイプなどもいらっしゃいますが、MIXというカテゴリーは無く、必ず3タイプのいずれかの診断結果となります。また上半身、下半身で診断結果が分かれるという診断方法もありません。

一部MIXタイプをカテゴリーとして認めているケースも。

診断には太っている、痩せているなどは関係ありません。(それぞれのタイプで太り方、痩せ方が異なります。)またどのタイプがプロポーションが良いかという考え方はありません。好みの違いはありますが、どの骨格タイプにもファッションモデルがいるように、どの骨格タイプにもプロポーションの良い方もそうでない方もいます。

3つの骨格タイプとその特徴

◆こんな方はストレートタイプかも?
・チュニックを着ると着太りしてみえる
・しわ加工のシャツを着ると安っぽくだらしなくみえる
・太るときはお腹周りからの「りんご型」   etc.
(引用:http://niawase.com/kokkaku.html

カラダに厚みがあり重心位置が高い。

きゅっと上がったヒップラインと高い位置にトップがくるバストラインが特徴。

タイトスカートやきれいめのデニムがお似合いになります。

また胸元を大胆に露出しても決してイヤらしくなることなく品のある美しさが出ます。

体質としては運動すると筋肉が付きやすい、また太ってしまうとカラダの厚みが増していく傾向があります。

クール ハンサム トラッド シンプル ベーシック、上質、クールがキーワード。

・シャープな印象を持つようなスーツ。パリッとアイロンのかかったシャツやトレンチコートなど。
・Vネックや、たて空きのUネックなどで首から胸までの縦開きラインを強調してもいやらしくなく、シャツの第2ボタンまではずして胸元を見せるとカッコイイのがこのタイプ。
・キャミソールなどで胸元の露出もOK。普通丈の長袖、半袖や袖口をロールアップした着こなしが得意。
・パンツはセンタープレスのスラックス、チノパン、カーゴ、バギー、ワイド、ストレートやブーツカットシルエットのもの。股上は浅め。
・スカートなら膝の見えるタイトスカート、ペンシルスカート。

ウールコート、トレンチコート、ブルゾン、テーラードジャケット、シャツ、Tシャツ、ハイゲージニット、タイトスカート、ストレートスカート、ハーフパンツ、スラックス、ストレートパンツ、ワイドパンツ、デニムパンツ、本貴石、ブレスレット、バングル、パンプス、ショートブーツ、ローファー、ケリーバッグ、ショートヘア、ストレートロングヘア

女性らしさを意識してフェミニンなアイテムやスタイルを取り入れるとかえって野暮ったい印象に。引き算コーデでシンプルを目指すとより洗練された女性らしさを演出できます。

◆こんな方はウェーブタイプかも?
・7分袖やパフスリーブが得意
・首元にファーがついているコートを着て落ち着く
・シンプルな服でまとめると寂しげな印象になってしまう   etc.
(引用:http://niawase.com/kokkaku.html

カラダが薄く重心位置が低い。(ストレートタイプの反対)

くっきりと目立つ鎖骨のラインと肩甲骨のライン、すっきりとした太腿が特徴です。

大人の女性でもレースやリボンの付いたキュートなデザインを品よく着こなせます。

また背中を大きく露出したドレスもお似合いになります。

体質としては筋肉が付きにくい傾向があります。

フェミニン キュート ロマンチックがキーワード

・可愛らしく、女性らしい印象のもの。ひらひら、ふわふわとした女の子らしいテイストのもの、レース、フリル、リボンのような装飾の多い服や着物が似合う。
・遊びのあるデザイン、身体にフィットするデザインが似合う。
・ストレート・タイプとは対照的に、胸元をあまり開けすぎないことがポイント。メンズライクなシャツよりも、丸首のブラウスが似合います。Tシャツであれば、首回りはボートネック、ちびT、ピタTもOK。
・胸元を開けすぎると寂しい印象になるので、アクセサリーを使ったりドレープ感のあるものが○。
・袖丈は七分袖、フレンチやパフスリーブが似合います。
・パンツはスキニーやスリムなシルエット。ショートパンツ、カプリ(膝下丈)パンツ、サブリナ(ふくらはぎ丈)パンツや、ロールアップして足首を見せるスタイルなどが得意。
・スカートは、フレア、プリーツ、マーメイド、ティアード、バルーン等。やはり柔らかな印象ですね。

ファー付きコート、ショートコート、ノーカラージャケット、シャネルスーツ、ブラウス、カットソー、モヘアニット、 タイトスカート、フレアースカート、プリーツスカート、マーメイドスカート、ショートパンツ、カプリパンツ、サブリナパンツ、スリムパンツ、半貴石、クリスタル、ブレスレット、パンプス、ロングブーツ、シャネルバッグ、かごバッグ、セミロングヘア、ウエーブヘア

シンプルで直線的なスタイルに偏ると貧相で寂しげに。甘すぎるかな?ちょっと派手かな?くらいがかえってちょうどいいのです。

◆こんな方はナチュラルタイプかも?
・ジーンズが大好きで、ダメ―ジの強いものもよくはく
・ビーズや木製のアクセサリーも大好き
・シンプルな服でまとめると寂しげな印象になってしまう   etc.
(引用:http://niawase.com/kokkaku.html

関節が大きく身長の割に手足も大きい。

筋っぽい手や首筋、大きな鎖骨や膝などが特徴です。

ダボッとしたラフな服装をするとちょっと野性味を感じるセクシーさが出てきます。(着られた印象にならない)

体質としては筋肉も脂肪も付きにくい傾向があります。

ラフ ナチュラル カジュアル

・体の節々が筋っぽく見えるので、ラフでカジュアルなもの、ゆったりとしたナチュラル・テイストな服が似合い、大人の女性の色気を演出することができるタイプ。
・シャツカラー、ラウンドネックなどが似合いますが、首回りはあまり開けないほうが良い。
・デザイン自体に形のないゆったりした、あいまいでゆるっとした雰囲気が似合うので、ドルマンスリーブ、サファリテイストな袖口ロールアップのシャツなどが得意。
・ゆったりめのTシャツやロングカーデなどもOK。
・ベアトップやキャミソールは鎖骨や胸元の骨っぽさが目立つので、少しゴツゴツとした印象になりがち。
パンツはチノパン、カーゴパンツ、ワイドパンツ、ボーイフレンド・デニム、サルエルパンツなど。スカートならタイト、ストレート、ロング、マキシが似合います。(・マキシスカートが一番似合うのは、ナチュラル・タイプです)

ウールコート、トレンチコート、ムートンコート、ダッフルコート、ブルゾン、ポンチョ、テーラードジャケット、シャツ、Tシャツ、ローゲージニット、ロングカーディガン、タイトスカート、ストレートスカート、プリーツスカート、スラックス、ワイドパンツ、カーゴパンツ、デニムパンツ、ターコイズや珊瑚など透明度のない宝石、ブレスレット、バングル、パンプス、ムートンブーツ、ウェスタンブーツ、スニーカー、トートバッグ、バーキン、ベリーロングヘア

似合うアイテムはたくさんあるものの、それらを型通りに取り入れてしまうと老け込んで見えてしまいがち。着崩しを取り入れ、ぬけ感を意識したスタイルを目指して。

1 2





Japanesienneさん



  • 話題の動画をまとめよう