1. まとめトップ
  2. ガールズ

飲んで綺麗になる「日本酒」の6つの美容効果

日本酒にはさまざまな美容効果があります。飲むだけでなく塗ってもいい日本酒で綺麗になりましょう。

更新日: 2013年09月16日

mochitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
120 お気に入り 70654 view
お気に入り追加

日本酒に美容効果があるんです。体の内と外からきれいにしてくれるらしい。アミノ酸にしっとり効果とツヤ出し効果、アデノシンという物質に保温効果、血液循環効果。風呂に入れると、リラックス効果、保湿効果、冷え性、肩こり、腰痛にも効くって。でもちょっと臭いそうだよね。

1. 美白効果

日本酒の原料である米麹に含まれる「麹酸」は、シミやそばかすの原因になるメラニン色素の生成を抑制します。つまり日本酒を飲んだり、肌につけることで美白効果が期待できるんです。

2. 美肌効果

日本酒には肌の角質層の構成要素となるアミノ酸が数多く含まれています。 このアミノ酸が豊富な角質層は、保湿力がぐっと高まり、肌のたるみにも効果アリ。日本酒を飲めば、肌の保湿力が上がりもっちりした潤い肌になるというわけです。

日本酒の旨味成分である、αGG(α-グルコシルグリセロール)は、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させ、肌の保湿力や弾力性を維持する働きをします。

3. 老化防止

コウジ酸は細胞の活性化や老化防止にも効果を発揮します。これはお肌にいいだけでなく、育毛にも有効であることが確認されています。

化粧品会社では、髪の毛の組織を培養してコウジ酸の育毛効果を検証したところ、老化して発毛力が衰えた頭皮や毛根に働きかけ、育毛を助ける効果が確かめられています。

4. 血流促進

日本酒は、飲んだ後の体温の上昇が他のアルコール飲料より2度ほど高いのが特徴で、さらにその体温を保つ効果があると言われています。これによって皮膚表面の血液循環が良くなり、肌のすみずみにまで血液中の栄養素が行き渡ります。

また血流がよくなるので、偏頭痛の解消や冷え性の予防にも効果的!身体に嬉しい効果がたくさんなんです。

5. アンチエイジング

日本酒に含まれている、ポフェノールの一種である「フェルラ酸」。この成分には強力な抗酸化作用があり、シワやたるみ、シミなどの色素沈着を抑制する効果があります。

『フェルラ酸』は、紫外線が皮膚に吸収されるのを防ぐ作用があるんです。紫外線カットの化粧品の原料にも用いられるほど、その効果は広く認められています。

6. ストレス解消

日本酒には他のアルコール飲料よりもアデノシンが多量に含まれており、これが血管収縮を阻止する作用を備えていることがわかっています。

、『アデノシン』の効果によって血管の収縮が妨げられ、血の巡りが良くなります。すると、まるで入浴後のように血行が良くなり、日頃の疲れがたまって固くなっている筋肉などがほぐれ、リラックス効果を生み出すに至るのです。

@hakorua わぁ、いいないいな~♪ 日本酒は米から出来ているから本当にお肌つるつるになりそうですよね(*´∀`*) 私も試したくなりました(笑)

何だかんだ言って好き嫌いはありますが、日本人には日本酒(純米酒)や焼酎があっているそうですよ!日本酒は美容効果があるそうなので、私もトライしてみようかな(^^)G’s六本木店

日本酒の美容効果☆肌にとってはメラニン生成を抑える働きや、美白・保湿効果がある。また、血液の流れを良くするので、筋肉のコリをほぐしてくれるそうです。というわけで、ふぐのヒレ酒を女性にもオススメします! http://e-tokusen.jp/

美と健康の日本酒パワーで大変身 ①みんなが振り向く美白美人に ・原料に含まれるコウジ酸は、シミやほくろの原因となるメラニン色素の生成を抑え、美白効果が期待できます。 ・白く透き通るような肌へと導いてくれるんです。

飲むだけじゃない!塗っても効果あります

1 2





mochitaさん



  • 話題の動画をまとめよう