1. まとめトップ
  2. おもしろ

沖縄の道路が"カニ"に優しすぎると話題に【国道58号線】

沖縄を南北に貫く国道58号線。この道路が「カニ」にとってとても優しいとネットで話題となっています。その概要をまとめてみました。

更新日: 2016年07月17日

ilabjpnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
137 お気に入り 86344 view
お気に入り追加

沖縄を南北に貫く国道58号線。この道路が「カニ」にとってとても優しいとネットで話題となっています。その概要をまとめてみました。

海に囲まれた自然豊かな沖縄では様々な生き物が暮らしているのですが、だからこそなのか、道路を通るのは車や自転車だけではないようなのです

■ カニ注意の標識

大宜味村では「カニ」が描かれた標識が存在します

これは運転手に対して、カニが通るから注意してください、というメッセージを伝える看板です

■ カニが道路を横断する

このあたりは満月の夜になるとオカガニが産卵のために山から海へ道路を渡っていくのだとか

その課程でのロードキル(車に轢かれること)が多いのでこの標識を立てて注意を促しているのだそうです

■ カニさんトンネル

カニさんトンネルとは、オカガニが海に行くときに通れるように、横断水路とは別に、カニのために新しく掘ったトンネルで、カニ専用の道です

このトンネルは国道58号線の真下を通り、そのまま海岸へとカニさんを安全に導いているんです!大人一人が通れるくらいの大きさです

■ カニ渡りネット

道路にも、歩道の角を削って段差をなくしてカニが登れるようにしています

さらに擁壁にはネットを張って、カニが海に降りられるようにしています

■ 道路への進入防止

側溝の道路側は環境保護型側溝になっているのでオカガニは道路に出ることが出来ません。山側はなだらかな斜面になっているので、山には簡単に帰ることが出来ます

そして側溝を通るうちに横断水路の入り口にたどり着きます。こうして、道路を渡ることなく海に出ることが出来るのです

▼ 参考サイト

1







  • 話題の動画をまとめよう