1. まとめトップ
  2. 雑学

室内飼いは可哀想? 猫が外をじーっと見つめる理由

室内で飼っている猫が、じーっと窓の外を見つめている姿をよく見かける人も多いと思います。「もしかして外に出たがってるのかな…」と心配になる人も。猫が窓の外を見つめる理由や、猫と一緒に暮らす上で知っておきたいことをまとめました。

更新日: 2013年11月02日

くまもちさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1456 お気に入り 747544 view
お気に入り追加

▼ 外を見つめる猫は「外に出たい」と思っているの?

室内で飼っている猫が、じーっと窓の外を見つめている姿をよく見かける人も多いと思います。「もしかして外に出たがってるのかな…」と心配になる人も。

猫が窓の外を見つめる理由や、猫と一緒に暮らす上で知っておきたいことをまとめました。

猫はよく、窓辺に佇んで外をじっと眺めています。「やっぱり外に出たいのね」と思うのは人間流の解釈。猫は好奇心はあっても、積極的になわばりの外に出たいと思っていない

「窓の外を見ている=外に出たい」ということではありません。安全な場所から動くものなどを見たいというねこの習性によるもの

▼ 窓から見える景色も、猫にとっては縄張りの一部

猫は縄張り意識が強い動物。自分の縄張りがきちんと守られているか確認するのが仕事です。窓から見える景色も猫にとっては縄張りの一部。

窓から外を見ている目的のほとんどは、なわばりの監視。外との接点である窓は自分のなわばりとの境界線なので、不審な侵入者が入ってこないかどうか見張っているのです。

子猫のときから完全室内飼いの場合は特に問題はなく、縄張りが家の中だと思って外に出たがらない猫も多い

猫にとって窓から見える景色は縄張りの一部なので、本能的に観察して問題がないかをチェックしています。

▼ 猫にとって、縄張りのパトロールはとっても大切な習慣

縄張りに自分のにおいをつけておくため、猫は日々のパトロールを頑張っています。お風呂上がりや外出から帰ってきた時に足元にすり寄ってくるのも、飼い主さんに、自分のにおいをしっかりとつけるためと言われています。

家の中で、リビングをパトロールしたら、次は寝室に自分のにおいが残っているのかを確認したくなるのが猫の性。あちこち部屋を移動するのは、においのチェックをするため

きれいに大掃除をして、部屋に猫のにおいが完全になくなってしまうと、自分の縄張りがなくなったと不安に思う子もいます。その際は、猫は一生懸命においをつけなおすので、あたたかい目で見守ってあげましょう。

▼ 窓の外を見て「カカカカ」「ケケケケ」と鳴くのはなぜ?

室内で飼っている猫が、窓ガラス越しにじっと外を見て「カカカカ」とか「ケケケケ」と鳴いている姿を見たことがある飼い主もいると思います。

猫が「カカカカ」という鳴き声を出すのは、狩猟本能が働き、「捕まえたい」という気持ちと「捕まえられない」という不満や苛立ちから起こると考えられています。

室内に飛んでいるハエなどを捕まえられない時も、同じような鳴き声を出すことがあります。

▼ 猫にとって、家の中だけで暮らすのは可哀想?

猫を家に閉じ込めておくのは人間のエゴ、可哀想かも…と思う人もいるかもしれません。小さい頃から家で暮らしている猫にとっては、家の中が大事なテリトリー。

「家の中でだけではかわいそう」と思われるかもしれませんが、 家の中だけで暮らすと"なわばり(テリトリー)"が家の中だけになるため、テリトリーを他の猫から侵略されなくなり幸せに暮らすことができます。

外に出ることを、『知らない』『経験したことがない』ネコは、自分がいる空間だけでも、充分満足して生活できます。ネコに必要なものは、広さ以上に上下空間と自分専用の安心できるスペースです。

▼ 中途半端に外に出すのはNG!室内飼いと決めたら徹底する

猫が外に出たそうだったので、何度か外に出してしまったという話を聞くことがあります。中途半端に外に出すと、猫のテリトリーの認識が定まらず、猫にとってストレスがたまる状況に陥ってしまいます。

ときどき外に出すというような中途半端な飼い方はかえって欲求不満につながる

中途半端に外に出すとテリトリーの認識が一定しません。テリトリーの認識が外にまで及んでしまうとそれを狭めるにはやはり、時間がかかるし環境の変化に適応しずらい

大切なのは、いったん室内飼いを決められたのなら、愛猫が外に出してと鳴いても、出さないことです。あとは、飼い主さんと愛猫とのがまん比べです。鳴いたり、騒いだりしても、外に出してもらえないことがわかれば、愛猫も徐々に諦めてくれます。

外に出ることで縄張りができると、その縄張りを確認しに行きたいとねこは考えるようになってしまいます。

ネコが外を自由に行き来することで起こりうる交通事故やケガなどを防ぐためにも、完全室内飼育に努めたいもの

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

北欧インテリアが素敵な海外ブログ集
http://www.decornote.net/scandinavian-interior/



  • 話題の動画をまとめよう