1. まとめトップ

結婚するより、生涯独身の方が幸せな確立が高い?(男性編)

独身=不幸ではありません。また、結婚=幸せでもありません。個人の価値観の問題です。私は、独身の方が幸せになる確立が高いと考えております。ご参考までに、私は40代の既婚者ですが、結婚したことを大変後悔しています。同年代の独身者が羨ましいです。

更新日: 2016年09月18日

torafungaraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 242573 view
お気に入り追加

男は結婚するべきではない

生涯独身の方が幸せな確立が高い理由が記載されております。

慰謝料やDNA鑑定など男性に不利な法律関係

日本の結婚制度は、男性に不利な不公平な制度です。

結婚せず気ままに独りで暮らし、誰の制約も受けずいろんな女性と刹那の恋愛を楽しんでいる男性こそが「勝ち組」ではないかという気もします。

あなた自身が「今の生活がベスト」だと思っているならば、外野が何を言おうと「勝ち組」です。

女性の貞操観念の低下

個人の自由ですので、女性に対する批判ではございません。

生涯独身の偉人・歴史上の人物

くだらない結婚をせずに、自分の夢や目標を達成された生涯独身者。尊敬いたします。

2010年の独身男性の消費総額は17兆1560億円
日本経済に貢献。

既婚者は年々消費が下がっていますが、独身男性の消費は伸び続けています。また40代に限るとこの5年で19.7%も消費が増えると予想されています。

未婚率の推移

もはや未婚は普通になりつつあります。
結婚は権利であって義務ではありません。
個人の自由です。

年収による結婚可能性

ある程度以上の収入を得た男性は逆に結婚しなくなります。

配偶者間暴力(DV)は増加しています。

結婚して不幸になった人達です。

児童虐待は増加しています。

虐待するのなら、結婚・出産をするな。
本人も不幸ですが、子供はもっと不幸です。

そもそも「結婚したくない」人たちが急速に増加中!

未婚率は年々上昇していますが、はたして未婚者のうちのどれくらいが「将来的に結婚したい」と思っているのでしょうか。調査によれば、結婚願望を持っている人自体の割合が、特に男性において急激に低下傾向にあることが分かりました。

一生結婚なんてしない方がいい5つの理由

米ピュー研究所が2010年におこなった調査によると、独身の半分以上が、財政面や仕事、セックスライフ、社会的ステータス、幸福度などにおいて、「結婚する利点がない」と考えていることが明らかに。

夫が妻から受ける家事ハラスメントとは・・

夫が妻から「家事ハラスメント」を受けている人も多いということが世論調査でわかりました。

家庭内別居(家庭内離婚)が増えています。

家庭内別居とは、別名家庭内離婚とも呼ばれます。心は完全に離れてしまっていて夫婦としては破綻している関係なのに、離婚もせずに一緒に暮らしているカップルの事を家庭内別居と表現するのです。単なる同居人状態になった相手とずるずる過ごしているような状態ですね。

離婚率は増加しています。結婚=幸せではありません。

最近の推移を離婚対婚姻の比グラフでみると、夫婦3組に1組は離婚する時代が定着したとも言える

1970年代は0.10程度だったので、40年で3倍以上に「離婚率」が上がっていることがわかる。

離婚の年次推移(厚生労働省)

離婚は増加しています。

厚生労働省が発表した「平成22年人口動態統計」によると,2010年の離婚件数は25万1378組。これを時間でみてみると,なんと「2分に1組」別れている。

男性も同様です。

1 2 3





torafungaraさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう