1. まとめトップ
  2. カラダ

食後3時間以内に寝るのは危ないらしい。

「食べてすぐ寝ると牛になる」と聞いたことがあるはずです。これは行儀の悪さを戒める言葉ですね。少し横になる(休憩する)のはいいとして、食べてすぐに寝るのは行儀の悪さだけでなく健康面でも良くないようです。

更新日: 2013年09月27日

mabosanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1018 お気に入り 996314 view
お気に入り追加

食べてすぐ寝ると…

ご飯食べてすぐ寝るとあざらしになるお?(=^ω^=)

@urara0407 めしえりじゃ。食べてすぐ寝るとバッフロンかミルタンクかケンタロスのどれかになってしまうぞ…。

食べてすぐ寝るとブタサンになっちまうんだぜ!あ?ウシ??どっちでもいーや。オレはトラだけどな!!ぬこじゃねぇトラだ!

食べてすぐ横になることは健康に良い

横になるというのは眠ることではありません。お茶でちょっと一服とかそういったことです。
食後30分程度は休憩しましょう。

※逆流性食道炎の人は横にならない方がいい

食後は、食べ物を消化するために胃腸周辺に血液が集中します。満腹になると眠くなるのも、頭に血があまり行かなくなるためです。
ところが、食後むやみに身体を動かすと、血液が筋肉のほうに回ってしまい、胃腸への血のめぐりが悪くなってしまいます。これでは食べ物を十分に消化できません。

つまり、食べ物をちゃんと消化するためには、食後はゴロンと横になって胃腸のはたらきを助けるのがいいということ。

食後30分ほどは横になるといいです特に自分の体の右側を下にして、横向きに寝るのが効果的です。理由は消化を助けます。右側を下にするのは胃の出口は右側にあるので、右を下にすると早く出て行きます。

横になるのはいいとして、食後すぐに寝てはいけない理由

1.逆流性食道炎になる可能性がある

逆流性食道炎が慢性化すれば、食道がんになるリスクが高まる。

食後すぐ横になると胃酸が逆流しやすいので、食後1-2時間は横にならないようにする。

逆流性食道炎という症状を持つ人は食後すぐに横になると胃酸が逆流し、食道炎が悪化する可能性があります。

逆流性食道炎の場合は、症状が悪化するばかりか、「食道がん」になるリスクがあります。

2.脳卒中など様々なリスクが高まる

食後は、食物を消化して吸収するため胃や腸の血液の流れは増えるが、大脳の血液の量は減ってしまう。食後すぐに就寝すると、脳の血液不足で脳卒中を起こす恐れがある。食後は30分程度の休息をとり、散歩などの軽い運動を行ってから寝るとよい。

遅くに帰宅して、遅い夕食を食べてすぐ寝るという生活は、脳卒中や急性冠動脈疾患のリスクを増やすようです。

3.睡眠の質が悪くなる

肌荒れの原因にもなる。

食事の直後に睡眠をとると体に負担をかけてしまいます。胃腸も例外ではなく、消化機能が低下します。胃に内容物が長時間留まることになるのです。そうなると、胃腸に負担をかけます。目覚めた時に胃に不快感があると、気分も優れませんよね。

胃の中に消化するべき食物がある場合は、睡眠時でも消化に費やされます。そのため、睡眠時に体全体に巡るべきエネルギーが消化に費やされて、体がリフレッシュできずに翌朝には寝不足や体のだるさを感じることがあります。

夕食を食べてすぐ寝てしまう人、とくに満腹に近いまま寝てしまう場合は特に朝起きて胃が重く感じたり、背中や腰のはりを感じたり寝起きの調子が思わしくありません。

4.太りやすい

BMAL1が多い時間帯(特に22時~2時ぐらい)の食事は特に太りやすい。
絶対に太るというのではなく、太りやすい時間帯という意味です。
当然、1日のカロリー(維持カロリー)よりオーバーカロリーになれば太るし、維持カロリー以下なら痩せます。

夜遅くに食事して、そのあとすぐに寝るというのはよくありません。深夜の食事の直後に眠るのは肥満のもとです。食べたものをなるべく脂肪に変えたくなければ、就寝時間の3時間前までに夕食を済ませるのがオススメです。

副腎皮質ホルモンは、朝が最も分泌量が多く、時間がたつにつれて減少していきます。そのため、夜に摂取した食事はエネルギーになりにくく、脂肪として蓄積されやすいのです。

食後のカラダへの負担を減らすために注意すべき点

食べたものをなるべく脂肪に変えたくなければ、就寝時間の3時間前までに夕食を済ませるのがオススメです。

1 2





明日は明後日の風が吹く。
見やすいまとめを作っています。
なんでもないような「まとめ」が珠玉だったと思う~
http://bit.ly/ryoyWz

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう