1. まとめトップ

【最終回(第10話)】リーガルハイ2 の ネタバレ まとめ【#リーガルハイ 】

【キャスト:堺雅人、新垣結衣、岡田将生】フジテレビ系ドラマ「リーガルハイ(リーガルハイ2)」の各話ストーリーの ネタバレ まとめです。最終回(10話)の視聴率は18.9%(関東地方)。全話通してでは18.4%の平均視聴率を記録しました。

更新日: 2013年12月20日

soki822さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
53 お気に入り 443915 view
お気に入り追加

【更新情報】

2013年12月18日(水):最終回(第10話)ネタバレ更新しました

視聴率(関東地方)

第1話(10月9日) :21.2%
第2話(10月16日):16.8%
第3話(10月23日):18.5%
第4話(10月30日):18.3%
第5話(11月6日) :18.3%
第6話(11月13日):17.7%
第7話(11月20日):17.7%
第8話(11月27日):16.2%
第9話(12月11日):18.3%
第10話(12月18日):18.9%

平均18.4%

▼以下、ネタバレです。

—————【最終回:第10話(12/18放送分)】—————

「二転三転する最後の法廷!!執念で救え依頼人!!真実は悲劇か喜劇か!?」

安藤貴和裁判で見事死刑判決を覆し、差し戻し判を獲得した古美門と黛。しかしこれは死刑廃止論者でWin-Winを目指す羽生が、安藤を死刑判決から回避させ無期懲役に持ち込むためのトラップであった。

目論み通りになったことで羽生は次の作戦に移る。羽生は(懐かしの)三木先生らに接触し、安藤の弁護人を依頼する。羽生にすっかり魅了された三木先生は安藤の弁護に躍り出た。これによって安藤の弁護士が正式に古美門から三木先生に変わり、古美門らは差し戻し裁判に出廷できなくなった。

差し戻し裁判が開廷。検察として出廷した羽生は「(最高裁判決が覆るなど)これまでの安藤事件の証拠は不確定であり、無期懲役が妥当である」とした。安藤の新弁護人である三木先生もまた、安藤の情状酌量を求めた。

弁護人を勝手に解除された古美門と黛は怒り心頭。NEXUS法律事務所に駆け込むが、すでに羽生と本田ジェーンはおらず、磯貝先生一人だけが残っていた。

HOTワード上位10件のうち4件がリーハイ。14位に磯貝登場ww #リーガルハイ

古美門と黛は磯貝先生を使い、羽生をNEXUS法律事務所に呼び出す。古美門は「安藤貴和を有罪にした上で無期懲役に持ち込む、つまりは死刑廃止論者の君の理想のために我々は利用されていたのか。実に不愉快だ。」と怒りを露にした。

これに対し羽生は「リンチしたければすればいい。あなた達にはもうそうれぐらいしかできない。あなたはもうリング(法廷)を降ろされたんだ。僕とは戦えない。」「愚かな民衆を誰かが導かなくてはならないし、このやり方こそが誰も傷つかずに済む。」と持論を展開し、その場を去っていった。

古美門「腹が立ちすぎて言葉が出なかったのは初めてだ。」

1 2 3 4 5 ... 22 23




soki822さん

twitter→https://twitter.com/#!/soki822



公式まとめ