1. まとめトップ
  2. 雑学

絶対に間違えちゃダメ!犬や猫に与えてはイケナイNG食品

人間には問題無くても、ワンちゃん、猫ちゃんにとっては危険な食品が存在します。ペットに与えるエサやおやつに危険な食品が混ざっていないか、改めて確認しておきましょう!

更新日: 2014年07月15日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1770 お気に入り 668605 view
お気に入り追加

■タマネギを含むネギ類全般

玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分が赤血球を破壊するため、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こす

タマネギのエキスがしみ込んでいるスープや肉じゃが、ハンバーグ、オニオンリング等もNG

例えばすき焼きのお肉を洗って与えた際に、玉ネギのエキスが肉にしみ込んでおり、発症したというワンちゃんもいます

玉ネギだけでなく、長ネギ、ニラ、ニンニクなど、ネギ科のものは避けた方がいい

■チョコなどのカカオ類

2009年度では、215件の中毒事例が報告されています

カカオはテオブロミンいう成分が体内で毒素に変わることがあります

■ぶどう・レーズン

症状の出ない犬もいますが、犬にぶどうやレーズンを大量に摂取させると肝不全を引き起こす場合があります

嘔吐(おうと)、腎機能障害(じんきのうしょうがい=おしっこの不調)、最悪の場合は死亡することもあります

レーズンを含んだパンも危険です。

■海産物

これらを食べ続けることにより、膀胱結石を作りやすくなってしまいます

犬は比較的水を飲む動物なので尿が濃縮することも少ないですが、猫は水をあまり飲まないので、リスクは犬よりも高くなります。

少量だと問題ないのですが、そればかりを与えると青魚に含まれる不飽和脂肪酸により、皮膚の下にしこりができる黄色脂肪症の原因になります

魚によっては、チアミン分解酵素を含んでいるので、加熱調理をするのが無難なようです

■ミネラルウォーター

水道水に比べて、ミネラルやマグネシウムの含有量が高いため、尿路結石を生じるリスクが高まる

猫が飲むと病気の原因になるミネラルウォーターの種類がある

猫に飲ませてはいけないミネラルウォーターの種類は何かというと、”硬水”です
猫にミネラルウォーターを飲ませる場合は必ず成分表をご確認ください。

猫にミネラルウォーターを飲ませる場合は硬水とは逆の軟水を飲ませてください

軟水とは硬度100mg/L以下のお水をいいます。

■鶏の骨、魚の骨

内臓に刺さることがあるので与えないようにしましょう

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう