1. まとめトップ
  2. カラダ

人前でご飯が食べられない…女性に多い会食恐怖症とは

人前でご飯が食べられない…。単なる好き嫌いやワガママではなく心の病気かもしれません。心の病気に苦しむ人が多い今、周囲の人間が病気を理解してあげることも大切です。

更新日: 2013年10月02日

ぴーちむさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
684 お気に入り 409379 view
お気に入り追加

人前でご飯が食べられない・・・という悩み

まわりに知らない人が大勢いたり、自分が見渡されるような位置にいると、食欲が一気になくなる

家だと平気なのに、家族で外に食べにいったりすると急に吐き気がして食べれなくなる

お昼ご飯を人と食べに行くと、まったく食べれない。箸は持てるが、なにかをつまんだあと、口元まで運べない。無理やり持っていこうとすると震えてしまう

それって"会食恐怖症"かもしれません

食べているところを人に見られると、緊張して食べられない。同席者に申し訳ないと悩むなど、人前での食事を極端に恐れる病気

外食・会食など、外で食事をするときや、誰かと一緒に食事をするとき、吐き気やめまいがしたり、飲み込むことができなくなる症状

「特定の場面で食べられない」症状であり、通常は健康である場合も多く、病気に見えにくいため、周囲の人に理解されにくい

単に食べ物の好き嫌いだとか、失礼だとか、わがままだと誤解されやすい。

食事に誘われても断らざるを得ない、食事が怖くて旅行ができない、など日常生活や社会適応に支障をきたすこともある

これ、めちゃくちゃ共感できる。 私も会食恐怖症で、馴れない人だと全然食べれなくなっちゃうんだよね。 ノド通っていかなくなる。 それをなかなか理解してもらえないから、また辛い pic.twitter.com/y41A0IYrAB

女性に多く、男性の約2倍もみられる

病院にかかる率が高いのは、20~30代の時期

就職や結婚などで社会的な活動が多くなり、苦痛やトラブルを強く感じやすくなるためだそう。

社会不安障害のひとつです

人前に出ることや他人の視線に恐怖を感じる心の病気。震えや吐き気といった症状が、生活に支障が出るほどひどくなる

不安感を調節するセロトニンという物質が脳内で不足するためにおきると考えられている。

推定で約300万人以上の患者がいると言われており、現代社会では一般的な病気

これまで症状のなかった人が突然発症することもある、誰にでもなりえる病気

カウンセリングや薬で治療することも

精神科・心療内科などの病院では、薬物療法が行われることがある

カウンセリングなども

症状が出てきても、すぐに病気だと気付いてもらえないことが多い。苦しむ期間が長いよりは、早めに治療を考えた方がいい

気兼ねない相手との食事で克服できるかも

場数を踏んで慣れることが、不安を軽減し、自信を持つための王道。いきなりハードルを高くせず、一歩ずつ苦手を克服していく

この方法は、他の恐怖症の一般的な治療でも行われる行動療法と同じ。

基本的には、なるべく会食・外食の機会を避けないのがいい。お茶だけ頼むなどして無理して食べないようにして対処する

今日のお昼ご飯は公園で餃子の王将を食べた(=゚ω゚)ノハーフチャーハン(2/3)完食できた。ハーフチャーハン+春巻1本+餃子が1個食べれた(=゚ω゚)ノ少しずつ会食恐怖症の心の病気を彼氏に協力してもらい治しています。 pic.twitter.com/IARrkVcVYa

関連リンク

1





ぴーちむさん

ジャンル関係なくまとめを作成していきます



  • 話題の動画をまとめよう