1. まとめトップ
  2. カラダ

脳がスッキリ!?瞑想がもたらす7つの効果!

脳をすっきりさせてみませんか?瞑想をするとどういった効果があるのかまとめてみました。

更新日: 2013年10月02日

tyaro219さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1773 お気に入り 169886 view
お気に入り追加

瞑想がもたらす7つの効果!

ストレス解消をして本来の自分に戻るため

自分自身が抱えていたイライラや自立神経の乱れが不思議と萎んでいくのも実感

ストレスは溜め込むと集中力がなくなり、疲れたりします。また、イライラすることは周りにも悪影響を及ぼすので著者はよくないと思い、下記の解消法を実践しました。

瞑想を行った人々の脳の「利他性」を促す領域が活性化していたことが確認された。「利他性」とは、人に親切にする、人助けをする、見返りを求めずに人を育てる

「瞑想が個人の身体的・心理学的な健康を高めるということは理解していたが、私たちが調べたかったのは瞑想によって実際に『思いやりのある』振る舞いが誘発されるのかということだった」

創造的産物は純粋な意識的計算からは決して生まれない。それは自発的に現れるという現象である。そして、その前には静かで安らいだ状態があり、それが自発的なヒラメキを促すようである

オープン・モニタリング瞑想を行った被験者では、新しいアイデアを問うタスクでパフォーマンスが向上していることが確認されました。

創造性に関してはたくさんのパラドックスがあるが、そのなかのひとつは、制限があるほど創造性が高まるらしいということだろう。

脳の灰白質を増やす. 瞑想は、海馬および前頭野における灰白質密度の増加とも関係しています。

大脳皮質の脳回、いわゆる脳のシワが瞑想をしていない人よりも多いことが分かった。脳のシワは情報処理能力に関係しており、シワが多ければ、その分、処理能力が上がることを意味する。

さらに瞑想には、加齢による灰白質への影響を和らげ、認知機能の低下を抑える効果があることも明らかになっています。

瞑想を続けることによって、リラックスすることや、集中力が養われます

高度な集中力は仕事の種類にかかわらず、成功のカギです。
この高度な集中力が瞑想によって得られるというので、競争の激しいアメリカでは、1000万人以上が瞑想を習慣にしています。

高度な集中力は仕事の種類にかかわらず、成功のカギです。 この高度な集中力が瞑想によって得られるという

気を散らすものを遮断し、生産性を向上させる脳波を調整する力があることを発見しています。

いずれの瞑想者も、集中力や記憶力を司る海馬と、感情を統制する眼窩前頭皮質が瞑想を行わない人々より、大きい事がわかりました。

たった20分の瞑想で、直後の視覚記憶と空間認識技能は劇的に高まるという結果が得られた。

瞑想をすればするほど不安が和らいでいくのは、ある特定の神経経路の結びつきが弱まった結果であることがわかっています。

この瞑想を数分間行うだけで、被験者の不安を約39%も取り除くことが出来た。さらにそれに基づく脳スキャンでは、思考と感情を司る“前帯状皮質”と、不安を司る“腹内側前頭葉前部皮質”が、より活発な活動をしていることが明らかになった。

1





tyaro219さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう