1. まとめトップ

【オバマケア】アメリカの医療費の実態。オバマ大統領が医療保険改革に取り組む理由とは

オバマ大統領が、国民皆保険制度としてオバマケアの実現を試みているが、政府機能が一部停止するなどの混乱を招いている。それでも、オバマ大統領が医療保険改革に取り組む理由には、アメリカの医療費の実態の現状のひどさが挙げられる。この問題についてまとめました。

更新日: 2013年10月03日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 3135 view
お気に入り追加

国民皆保険制度としてオバマケアの実現を試みているけれども。

オバマケアをめぐっては、野党共和党が暫定予算案に導入延期を盛り込むことを主張。与党民主党が多数を占める上院が否決したため、与野党は30日夜になっても暫定予算案で合意できず、政府機関閉鎖の期限を迎えた。

・そして、予算不成立に伴う政府機関の一部閉鎖により、行政サービスの縮小に追い込まれた。

オバマ大統領は同日、ホワイトハウスで声明を読み上げ「議会の一院の一政党の一部勢力が、ただ(医療保険制度改革法という)1つの法律を気に入らないからという理由で政府の主要な機関を閉鎖に追い込んだ」と下院共和党内の保守強硬派を強く批判した。

どんなに抵抗されても、オバマ大統領が「オバマケア」の導入にこだわる理由とは

アメリカの診療は自由診療が基本である。高額な医療費に備え、各自が民間の保険会社と契約を行うが、低所得者は保険料の支払いが困難となること、医療費のかさむ慢性病患者等は更新を拒否されたりする弊害があり、医療の恩恵を享受できない国民が少なからず存在していた。

・日本の国民皆保険制度と似たような仕組みを整えることで、アメリカが安心して医療を受けられる国になればよいとオバマさんは考えたのだろう。

何百万人もの無保険者に所得に応じた補助金を支給して、医療保険に加入させることを目指す。

・アメリカ国民の関心も極めて高い「オバマケア」。

実際に、病気や怪我で命が助かっても、日本円にして1000万円を超える医療費の請求があるのがアメリカの現状らしい・・・。

2000年代にはいると、医療の高度化が進み保険料も高額化。国民の6人に1人が医療保険に入れない状態となり問題は深刻化。破産の原因が医療費支払いに起因することも珍しくなくなった

・民間の医療保険に加入するのがアメリカの現状だが、民間の医療保険の保険料が高く無保険の人も多くなった。そうした貧困層の人が、仮に病気や怪我で入院する事になったら・・・。

アメリカ合衆国の医療制度こんなんだから破産する人間が出てくるんだよ。
治療費が多少減ったところで依然として普通の人には酷なレベルなんだから。

・インターネット上ではこのような意見も散見されている。

日本の外務省までも、邦人向けに「アメリカの医療事情」への注意を呼びかける状況。

高騰する医療費抑制のために様々な規制がなされ,高い水準にある米国の医学が生かされていない面もあります。また,医療訴訟が多い為,医師の賠償保険が高く,それが医療費に跳ね返り,医療費が非常に高額になっています。

・同盟国であるはずの日本ですら、アメリカの医療制度に対しては、やや批判的な論調で注意を呼びかける事態になっている。

医療機関受診の際は,受付で診療費の支払い能力を問われますので,現金,クレジットカードなど,支払い能力を十分証明出来る物を持参して行く必要があります。手術など医療費が高額となることがあります。海外旅行保険等に十分な補償額で加入しておく必要があります。

・アメリカの医療の評判はあまり良いものではない。「オバマケア」導入で、少しはアメリカの医療も改善されていけばよいのだけれども。

アメリカ市民は、確実に「オバマケア」に関心を持っている

保健福祉省によると、午前0時からHealthCare.govを280万人が閲覧したほか、電話による問い合わせが8万1000件、チャットによる問い合わせが6万件あったという。保険加入を申し込んだ人数などは明らかにしていないが、サイトの表示速度の向上に努めていると明らかにした。

・「オバマケア」加入のための、インターネット上の取引所にはアクセスが集中している現状がある。それだけアメリカ市民の関心が集まっている制度だともいえるだろう。

・かつて「チェンジ」を合言葉に大統領選挙を戦った事でも有名なオバマさん。彼が、アメリカの医療制度を良い方向にチェンジさせることができるのだろうか。

1




shiro05さん


NAVER リンク