1. まとめトップ
  2. カラダ

結構困る…。お酒を飲むとトイレが近くなるワケ

お酒を飲むとトイレが近くなる、という人は多いと思います。飲み会などで席を離れにくい場合、頻繁にトイレに行きたくなると困る場合も。この現象は、お酒で水分をたくさん取るので、トイレに行きたくなるというだけでなくホルモンの働きが深く関係しています。

更新日: 2013年12月14日

くまもちさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
277 お気に入り 247959 view
お気に入り追加

▼ お酒を飲むと、トイレが近くなるのはなぜ?

Photo by George Doyle / Stockbyte

お酒を飲むとトイレが近くなる、という人は多いと思います。飲み会などで席を離れにくい場合、頻繁にトイレに行きたくなると困る場合も。

この現象は、お酒で水分をたくさん取るので、トイレに行きたくなるというだけでなくホルモンの働きが深く関係しています。

よくお酒を飲んでトイレが近い方がアルコールを出してるからいいんだと聞きますがそれは本当でしょうか?私は飲み会などすると早い時で5分から10分で行くのですか大丈夫でしょうか?

トイレに出ることで、隣の席の人に毎回どいてもらうのが申し訳ないし、盛り上がってた会話を途切れさせたくないし、トイレから戻ってきたとき、さっきまで盛り上がってた席に他の人が座ってるのは残念でならない。だからなるべくならトイレに行きたくない。

酒飲むとやけに私だけトイレが近くなるのはアルコール分解速度が違うからなのかね

▼ お酒を飲むと「抗利尿ホルモン」が上手く働かなくなる

Photo by DAJ / amana images

通常、人は尿の量をコントロールしてくれる「抗利尿ホルモン」が働き、尿意を調整してくれています。お酒を飲むと抗利尿ホルモンの働きがストップし、尿の量が増えてしまいます。

“しらふ”の状態の時は尿の量を調整してくれるホルモンが脳から分泌されています。ところがアルコールを摂ることでその働きはストップ。一気に尿の量は増えてしまいます。

50gのアルコール摂取で600~1,000mlの利尿効果があると推定されています。ある調査では、ビール1リットルを飲むと尿が1,100ml出て、100mlの脱水状態になる

抗利尿ホルモン抑制によって排泄されるのは、まず「血液中の水分」。ついで浸透圧上昇により血管に移動する「体液の水分」で、小腸で吸収された水分が排泄されるのはさらにその後

飲酒中に水分補給を怠ると、身体は脱水状態となりやすい

▼ お酒を飲むと、軽い脱水症になりやすい

Photo by Thomas Northcut / Photodisc

水を飲んでもすぐには、喉の乾きは変化せず、飲み過ぎることになるのです。唯一の予防策は「少しずつ」水分を摂取すること。

▼ 眠る直前までお酒を飲んでいると、睡眠の質が落ちてしまう

Photo by George Doyle / Stockbyte

眠る直前までお酒を飲んでいると、抗利尿ホルモンが上手く働かず、寝ている間に尿がたまってしまいます。飲んで寝た後は、猛烈な尿意に襲われた人も多いと思います。毎日お酒を飲んでいると、睡眠の質が落ちた状態が続き、体調に影響を及ぼします。

通常、眠っている間には、おしっこが作られないようにするためのホルモン(抗利尿ホルモン)が分泌されます。しかし、アルコールはこのホルモンの働きを邪魔してしまうため、眠っているうちにもだんだんおしっこが溜まります。

膀胱に尿が溜まると強い刺激になり、目が覚めてしまうのです。夜中にトイレで起きると、照明の光でますます目が冴えてしまい、再び寝ようと横になっても、スムーズに夢の世界に戻れなくなってしまう

【番外編】冬になると、トイレが近くなるのはなぜ?

Photo by Ablestock.com / AbleStock.com

冬場、オフィスで仕事をしていると、頻繁にトイレに行きたくなることがあります。これは体の冷えが主な原因です。冷たい飲み物を避け、温かい飲み物や服装で体を冷やさないように注意したいです。

気温が下がると、体温の低下を防ぐために汗をあまりかかなくなり、体内に余った水分が尿として排出されるため、自然と回数が増える

トイレにいく回数が増えたり、尿の色が透明に近かったら、「カラダが冷えているシグナル」

1





このまとめへのコメント10

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

北欧インテリアが素敵な海外ブログ集
http://www.decornote.net/scandinavian-interior/



  • 話題の動画をまとめよう