1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

iPhoneに標準搭載された絵文字(Emoji)が海外で意外な使われ方をしていた

日本のガラケー文化発、今ではiPhoneのキーボードに標準搭載されている「絵文字」。海外でも「Emoji」として定着、さらに意外な使われ方も流行っているようです。

更新日: 2013年10月09日

428 お気に入り 276660 view
お気に入り追加

iPhoneに絵文字を組み込んだ仕掛人は、あの人

▷ iPhoneには「絵文字キーボード」が搭載されています。これは、日本のある有名人によるAppleへの提案がきっかけでした。

iPhoneの絵文字はiOS2.2から絵文字を扱えるようになりました

2008年11月にリリースされたiOS2.2から、言語を日本語に設定したiPhoneで絵文字が使えるようになりました。

iPhoneで絵文字を使えるようにした人は、あのSoftbankの孫正義社長です

日本では既に普及していた絵文字をiPhoneに組み込むように、スティーブ・ジョブズを説得したのは孫正義氏でした。

孫社長は、絵文字を使うことで「感情を移入して(メールを)送る」という絵文字の効果を指摘し、「絵文字がなくてはメールではないとアップルに一生懸命伝えた」という

孫氏の熱意がアップルを動かし、まずは日本語設定時のiPhoneで絵文字が使えるようになりました。

iPhoneでの標準搭載がきっかけ、絵文字が海外でも流行

▷ 今では700を超える絵文字が、iPhoneに標準登録されています。

日本を中心にアジアで普及していた絵文字に、アップルとグーグルが注目。2009年に絵文字使用の標準化プログラムを推進した

2010年に制定されたUnicode6.0で、携帯電話の絵文字が標準化されました。

iOS 5から、日本語以外の言語設定でも絵文字キーボードを使うことができるように

iPhoneでは2011年のiOS5から、日本語以外の言語設定でも絵文字が使用可能になりました。

現在「iPhone」で使える数は722個に増え、またグーグルのメールサービス「Gメール」でも絵文字に対応するようになった

絵文字が世界標準になったことにより、絵文字を使ったコミュニケーションも増加。

「絵文字」を使ったメールのやり取りが米国でも人気

米国の若者達の間では、絵文字は既に定着しているようです。

今では「Sushi」「Tsunami」と同じように、英語でも「Emoji」 で通じる

英語版Wikipediaにも、ちゃんと「Emoji」のページがあります。日本発祥の文化が海外でも喜ばれているのは、なんだか嬉しいですね。

絵文字を活用したユニークなミュージックビデオも話題に

「Roar」のリリックビデオ(歌詞ビデオ)。絵文字がとてもポップ!

アメリカを代表する人気シンガーソングライター、ケイティ・ペリー(Katy Perry)の新曲「Roar」も、絵文字を使ったユニークなMV(ミュージックビデオ)で話題を呼んでいます

絵文字を使って歌詞を表現したケイティ・ペリーのリリックビデオは5千万回再生を突破。

iPhoneの絵文字を巧みに使いながら歌詞を表現していておもしろい!

絵文字で歌詞を表現する手法は"Emoji Lyric"と呼ばれるようです。

今アメリカではアーチストの曲の歌詞を絵文字で表現することが流行っている

カーリー・レイ・ジェプセンの大ヒット曲“Call Me Maybe”なども、絵文字を利用して歌詞が表現されており、話題になりました。

出典ameblo.jp

▷ 歌詞を絵文字で表現した"Emoji Lyric"が流行っています。
こちらの画像はカーリー・レイ・ジェプセンの“Call Me Maybe”のEmoji Lyric。

Emoji Art(絵文字アート)なる文化も定着

実はEmoji Artなるものがあった

アメリカで人気なのが、複数の絵文字を組み合わせた「絵文字アート」。

絵文字は組み合わせることにより、さらに豊かな感情表現ができます

日本では顔文字文化の普及により絵文字を複数組み合わせることはあまり目にしませんが、海外ではTumblrなどのSNSサイトでも「Emoji Art」のコミュニティが出来ているようです。

パトカーに追われています。

豪華なハートマーク。

無数の絵文字でできた一枚の絵。これはすごい!

おすすめまとめ

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう