1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大河ドラマ軍師官兵衛(黒田官兵衛)第37話あらすじ、ネタバレ、みんなの感想まとめ(ネタバレあり)

岡田准一、軍師官兵衛(黒田官兵衛)、大河ドラマ2015「花燃ゆ(はなもゆ)」(井上真央主演)、大河ドラマ2016「真田丸」(堺雅人内定)のまとめ、2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」の感想速報、視聴率です。

更新日: 2014年09月14日

18 お気に入り 327538 view
お気に入り追加

■第37話「長政の血、怖い…。」

軍師官兵衛は思ったよりは結構しっかり描いたんじゃないかな…まぁこうであったろうという一番思われてる感じにしたと思う。 ただ酒こぼしたあとぽたぽたと落ちるシーンが真剣なのにややコントに見えたのはゴンさんが逆にシュールに見えるアレに似てるのかもしれない…w

【NHK大河】軍師官兵衛:鑑賞終了〜(´・ω・`) ”一人で出来るもん出陣”を盛大に惨敗、リベンジ戦を却下されて怒られる長政。抜き打ちテストには合格するも、臣従した宇都宮を騙し討ちで成敗!長政の暗黒面が覚醒してて笑ったw 来週は波乱の予感...助けて官兵衛っ! #軍師官兵衛

軍師官兵衛は今日は重い展開。ダークさ爆発だな。殿がダークになってた。外道シンケンレッドか。

だめだ…精神的に落ちてる時に今日の軍師官兵衛はつらい(´;ω;`) 佐々成政の描写については両手の指じゃ足らないほど注釈つけたいけど、やっぱりうるってきてしまう。。 でも、それよりも…長政たんが…長政たんがぁぁぁぁ(/o\) わかってるけど!でも!

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』 戦国武将といえば、合戦の勇ましさ、格好良さ(俺はよくわかりませんが最近はビジュアル的?な部分もあるのでしょうか?)にばかり注目がいきがちではありますが、彼らが実際に存在し、日々の生活を営み、生きていた事が確かであるならば…(続きます)

(続きです)その悩みも今と変わらないように思うのです。子供の事、仕事の事、人間関係、上司や部下との折り合い… 官兵衛も、決して楽ではなかったようにも思います。生きていくのは今も昔も大変で、悩みは尽きず…。

今週の軍師官兵衛、なんかあっという間に終わった気がしました。 最初の奇襲と最後の奇襲がめちゃくちゃハラハラした。

「軍師官兵衛」#37-若どうにか帰るもぶん殴られ。恵瓊らの協力を得て宇都宮と和議を結ぶもお怒りの太閤殿下。親父に殴られてもまた独断行動しちゃう若。主役官兵衛を守るためか秀吉の命令にした上で息子が全部被る羽目になるとはなぁ。 #軍師官兵衛

でも、視聴率気にし過ぎると、無難な内容しか放映できなくなっちゃう。 NHKなんだから、視聴率度外視で、いいもの、伝えて行くべきものをやるべき。 いまどき視聴率もないのに、周りが騒ぎ過ぎなんだよなぁ QT 軍師官兵衛は、ますます視聴率が落ちそうな展開。

軍師官兵衛「城井谷の悲劇」了。これぞ戦国大河であります。待ち伏せ、騙し討ち、返り血、ブラボー。完全な敗北、衆人環視の叱責、そして卑怯者の謗りを一身に受け、凜と佇む長政@桃李君、ブラボー。物語と長政のターニングポイントとなる異色かつ出色の回でした。テレビの前でスタオベです。

■第36話「秀吉がチャンスという言葉を使った…。」

軍師官兵衛に松坂桃季が出てから、毎週日曜日に必ず松坂桃季の話をするようになった。 まあ、先週までは名前の由来を週一で聞かされてたw 「うん、知ってるわ、この話先々週から話していたよね」って思いながら聞いてた。

軍師官兵衛、ながら見だと ただ怒鳴り合いを延々と続けているようにしか見えないな。

「軍師官兵衛」試練の新天地:長政が父に反発し、自分のやり方で父に認めてもらいたいと焦っている…というのだけはよく分かった回。史実を人間の感情レベルにまで落とし込んで、ドラマを解りやすくしているけど…なんか甘口ね。光がお福を引き留めるシーンは長すぎると思ったよ。 #軍師官兵衛

NHK 大河ドラマ「軍師官兵衛」を観る。中国大返しと山崎の戦いを45分間足らずで描ききったNHKのことゆえ宇都宮鎭房など秒殺されるのではないかと思つていたがなかなかしぶとい。ホームドラマかと嫌みを言いたくなる場面はあれど政府の地方創生政策にも準ずるNHKの歴史観を評価したい

大河ドラマ「軍師官兵衛」 主人公の変化で見応え出てきたと評価。大河ドラマ「軍師官兵衛」が、主人公の変化で見応えが出てきているという。裏切りにあったことで、厳しい形相へと変貌した官兵衛が天才軍師として復活。今後は、晩年の秀吉による朝鮮出兵をどう描くかが注目だと指摘しているそうだ。

軍師官兵衛「試練の新天地」了。桃李君、@長政が大将に。出陣の命を下す声がびいんと張っていて素晴らしいです。長政の勝ち戦はナレーションで済まされ、今後の負け戦だけクローズアップされるのは何とも切ない。でも、覚悟をもって手を血に染める長政をずっと楽しみにしていました。次週、必見です。

■第35話「目が笑っていない秀吉と、佐村河内コエリョ」

この大河は「軍師官兵衛」なのに、官兵衛さんの物語というのは子供の頃に少しあったくらいで、後は信長の物語、秀吉の物語に部分的に官兵衛さんが関わっているだけなんですよね。黒田官兵衛という人が何者なのかが殆ど見えてこない #軍師官兵衛

軍師官兵衛見てたらキリシタンがゼウスのこと"でうす"って発音してて吹きました

帰宅して途中から軍師官兵衛見てお風呂入ってすっきりしたー。今日めっちゃ汗だくになったし。しかし、島津が戦のシーンもなしにあっさり降伏なのが納得できん!戦シーンが見たかった。釣り野伏~!!

軍師官兵衛見た後の親父の背中だったので、兄貴が荒木村重、社長が後藤又兵衛に見えてしまった(笑)

今日の軍師官兵衛の感想2 やっぱり城井さんは役者が同じだからだが安倍貞任さんに似ているな 江でも茶々さんが秀吉にデレるのもこの辺だったな 秋月さんの一夜城の話や秋月で宗茂さんに合った話や羽犬塚の由来の話はカットか ここで龍造寺政家さんの登場か どうせなら鍋島直茂さんの方がよかった

軍師官兵衛「秀吉のたくらみ」了。桃李君@長政の未熟さと秀吉・家康・官兵衛の老獪さがきれいに対比。桃李君、うまいです。来週から本格化する対宇都宮氏篇での長政を思うと、胸が苦しくなると共に、今後の長政の変貌に期待大です。

「軍師官兵衛」視聴。九州征伐も予想通り大した合戦シーンもなく終了…。登場人物の政治的駆け引きシーンにでも期待したくなるが、それも無し。基本、軽薄な台詞で怒鳴ったり凄んだりするだけで終わりなんだから、一体何を楽しみにすればよいのか?

今日の大河ドラマ 軍師官兵衛。秀吉の九州征伐あっさりしてたなー。戸次川の戦いも全く無視!官兵衛は直接参加してないけど一番の激戦、戸次川には触れて欲しかったなぁ(´Д` ) 賤ヶ岳も小牧長久手もあっさりしてたし、今年の大河はなんか残念だ…。最後まで観るけどね(=゚ω゚)ノ

1 2 3 4 5 ... 32 33




エンタメ・雑学中心です。

このまとめに参加する



公式まとめ