1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大河ドラマ軍師官兵衛(黒田官兵衛)第34話あらすじ・みんなの感想まとめ(ネタバレあり)

岡田准一、軍師官兵衛(黒田官兵衛)、大河ドラマ2015「花燃ゆ(はなもゆ)」(井上真央主演)、大河ドラマ2016「真田丸」(堺雅人内定)のまとめ、2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」の感想速報、視聴率です。

更新日: 2014年08月25日

18 お気に入り 291806 view
お気に入り追加

■第34話「小六に感動からの官兵衛のツバ飛ばし熱演」

軍師官兵衛今回は男臭い回だった。激しくたたみかけるシーンで官兵衛の口から唾が扇状にブシャー!何か喋る度にブシャー!ってマーライオンみたいになってて、噴射ってLvじゃねーぞ…と、唾が気になって集中できなかった。流石に出過ぎっつーか、なんか物凄かった。

軍師官兵衛、官兵衛様の家老たち3人全員好きなんですけど、中でも九郎右衛門が1番クールでカッコ良いんですよ…!薄桜鬼でいうとこの、一さん&山崎さんなイメージ!^^善助さんは鬼の副長より物腰柔らかいけど、土方さんポジションで、太兵衛は完全に左之さん&新八っつあんね!

今回の軍師官兵衛、黒田勢と毛利勢が手を組んだ瞬間は思わず身震いしたな…。吉川元春と黒田官兵衛のタイマン、岡田のつばを飛ばしながらの熱演は凄かった…

軍師官兵衛 第34話 岡田君のセリフをいうときのツバがいい意味で凄かったです。あれだけの迫力で説得されたらさすがの吉川も折れるに違いありませんw。

大河「軍師官兵衛」。島津義久は豊後には入ってません。ですから、弟の義弘(と末弟家久とも)と会ってません。三兄弟が会同したのは日向でのこと。三弟歳久は豊後から肥後へ撤退途中で発病、日向に出陣せず。養嗣子の忠隣が名代として出陣、官兵衛らが守る根白坂の戦いで奮戦して壮烈な戦死。

【NHK大河】軍師官兵衛:鑑賞終了〜(´・ω・`) ピエールをビンタ連発な葬式で官兵衛が九州征伐の先陣に!しかし病気で引きこもってた吉川元春が出社拒否。これを官兵衛流の病人にも容赦ない”命の使い道”で説教、出陣させ緒戦を勝利!過労死した元春が可哀想だったなw #軍師官兵衛

■第33話感想まとめ『村重は最後までしぶとかった…。』

ドラマは見逃すこともあり、見ても展開についていけぬことも多い。でも、今回の軍師官兵衛はわかりやすく、幽玄の雰囲気が漂ってるように感じられた。

軍師官兵衛33話「傷だらけの魂」。道薫=村重で、ここまで引っ張るとは思わなかった。だし=桐谷さんといい、茶々=二階堂さんといい、目つきの鋭い配役。

今日の「軍師官兵衛」も面白かった。茶々と秀吉と官兵衛が同席している場面や、村重の一族の唯一の生き残り、岩佐又兵衛とのエピソードなどもよい。あまり描かれることのない荒木村重を最後まで丁寧に描いている。

軍師官兵衛 官兵衛がキリシタンになったがあのシメオンの洗礼名は宣教師が勝手に決めるのかな? 変な洗礼名だったらいやだなぁwwww

寝酒を飲みつつ、ふと再度見たくなったので、録画してた今週の軍師官兵衛をもう一度見る。荒木村重をここまで魅力的に仕上げたのは、脚本も然ることながら、田中哲司さんの役者としての力量あったからこそなのだなぁと。ポロポロ涙に思わず涙腺が緩む。 #軍師官兵衛

大河の軍師官兵衛では清州会議と賤ヶ岳の戦いはさらっと流したけど、人間にフォーカスしたドラマを目指してるようだな。荒木村重の息子についても良く調査してるし、真相はわからないけど村重はそう考えて行動したのかもしれないなと思わせてくれて村重感が少し変わった

■第32話『合戦はスピーディーに職隆の生き方はじっくり』

官兵衛のホームドラマ的なシーンがいやってわけではないんだけれどさっきもかいたように軍師っぷりがみたい。タイトルが黒田官兵衛 ではく軍師官兵衛なんだし。 比較するのはどうかなんだけれど、、、独眼竜政宗もホームドラマシーンよくあるけれど政宗がどう考えて動いているかは伝わってくるよ

今日の軍師官兵衛見てて改めて思った。やはり社会の歯車になるのではなく、社会を動かす側に立ちたいと。そしてそのためには、さらに説得力を磨いていく必要がある。

今日は光成と官兵衛の軍師観が明らかに違うことが鮮明になった回だったなぁ。。 #軍師官兵衛

なんだか悲しい回だったなぁ(>_<) 大河ドラマ「軍師 官兵衛」 おじじさまは亡くなっちゃうし 秀吉さまの官兵衛のあつかいヒドイし 官兵衛の服、地味だし ウレシイのは官兵衛が杖なしで歩けるようになってる事くらいだった… なんか悲しくて眠れなくなりそ。

軍師官兵衛。学ばせてもらった。納得の放送でした。そして身も心もズタボロですが、私は明日も引っ越し屋になるのである。全身が筋肉痛。。。明日頑張ればお休み。。明日。とりあえず明日。

軍師官兵衛、見た。またあっさりな小牧長久手だな、おいっ(笑)。官兵衛いないからねって、あれで分かります?秀吉は信長の死んだ長男の息子を立て、家康は信長の次男に加勢をお願いされ参戦するも、秀吉が負け戦にすぐ次男と取引して家康の戦う大義名分が無くなるという。あっさり(笑)。

歴史に詳しい人ほど、最近の『軍師官兵衛』の省略ぶりに不満を得てると思う。しかしあの場面も入れろだろ、あの場面は詳しくやれとかいろいろ言ってたら今年上にとても終わらないよ。頭を真っさらにして見た方が良いと思う。(^_^;) #軍師官兵衛

描き方は様々だと思うけど官兵衛の人生=秀吉を中心とした官兵衛の立ち位置を描くのであればこういう描き方になると思うし、今日の回も個人的には良かったと思う。ただ軍師としての活躍ぶりをもっと前の回に描いて強調してくれれば良かったのにと思う。周りの証言じゃなく実際のシーンで。#軍師官兵衛

今日も官兵衛面白かった(´ー`)インタビューでよく言ってた「官兵衛の事だけじゃない、黒田家のお話し」になってきたなーと思った。悩みぶつかりながら成長する長政、軍師として突き進む官兵衛、そんなみんなを優しく見守る父上…父上ぇぇぇ(´;ω;`)

本日の「軍師官兵衛」も大変見ごたえありました!。・゚・(ノД`)・゚・。職隆父ちゃーん! 三成ィ!おまい少し調子乗り杉ィィィィィ!秀吉に心酔して仕える事とおまえいがエバるのは違う事何だよォ!?

■第31話感想『スピーディーな展開に…。』

最後に真面目に… 今日イチ素晴らしいと思ったシーン 官兵衛と村重が再び対峙する場面のこのアングル…いつも思うけど、光と画角のバランスが芸術的…と思う瞬間がある。絵画みたい。 #軍師官兵衛 pic.twitter.com/rrb3nNB83G

大河ドラマ 軍師官兵衛。 柴田修理亮、柴田勝家とお市の方との婚姻、実はかの羽柴筑前守 羽柴秀吉が勧めたものという説が濃厚だという前提で視聴していた。 存外清洲会議も淡々と行われていたのではないか?揉めていたのは織田信孝、信雄の間とか?映画「清洲会議」も見たくなった。

1 2 3 4 5 ... 31 32




エンタメ・雑学中心です。

このまとめに参加する



公式まとめ