1. まとめトップ
  2. カラダ

ぽっこりお腹を凹ませるコツは腹筋じゃなかった

脂ものは避けてるし、腹筋も気にしてる…けどなかなかお腹まわりのタポタポがとれません。なぜ!?実は、いつも意識していなかった箇所を鍛えると効果的らしいです。

更新日: 2013年10月14日

alilbirtdmさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8234 お気に入り 1881340 view
お気に入り追加

夜中のつまみ食い?癖が、最近あって、ぽっこりお腹がへこむ気配が全くありません…腹筋だけじゃ追いつかない〜(つД`)ノ

お腹の肉ってどうしたらなくなるのかしら…前に腹筋毎日してたときですら腹は変わらなかったんだよなぁ…くびれは出来てもぽっこり出っ張ったまんまやった

食事や腹筋だけでは、ぽっこり解消できない

お腹のぽっこり、どうすればいいの?

ぽっこりお腹になる原因の1つは、仕事中の背中全体が丸まった姿勢= 肩甲骨が広がり、腰がまるまっている姿勢

背中を丸めていると、腹筋が使われにくいのでお腹に脂肪がつきやすくなる

お腹の筋肉は表面に張り付いている部分だけ。それだけでは引き締めてくれないし、脂肪も減らない

お腹の筋肉は「腹直筋」といいます。意外と薄いんです。

そうか、お肉が前に行っちゃうの、わかります。。。
腹筋以外の2カ所を意識すると、お腹がぐっと凹む効果があるようです。

凹ませるコツ(1)わき腹

【わき腹】出たお腹を引っ込め引き上げてくれているのは、肋骨から骨盤につながっている腹斜筋(ふくしゃきん)と呼ばれる部分

お腹(腹直筋)を鍛えればいいと思いがちですが、脇のほうや背中側を鍛えると、出てしまったお腹に効果あるみたい

【いちばん内側のわき腹】腹横筋がしまってくると、お腹の中の内圧が高まると同時にぽっこりお腹が解消される効果がある

内臓を取り巻くようにあって、いちばん内側にある「腹横筋」。この筋肉が弱いと、お腹が出てしまう原因にも。

ウエストの引締め運動「ドローイン」は、お腹の深層筋を刺激してくれます。

しっかり背すじを伸ばして、へそを背骨に引き寄せるイメージで、腹を思いっきり凹ませる

呼吸をわすれないで。

凹ませるコツ(2)背中

背中は、自分では見えないだけに意識しにくい部位なので見落としがち

背中のお肉で実年齢よりも老けて見られてしまうことも

出典slism.jp

背中を意識すると、なんと腹筋にも効果あり

肩甲骨とその周辺を動かすことで、脂肪を燃やしやすくする効果がある

この周辺には「褐色脂肪細胞」という、余分なカロリーを消費してくれる細胞がある。

背中の筋肉は量が多いため筋肉を付けることで基礎代謝が高まる

鍛えると、脂肪燃焼効率が高まり太りにくい体になる。

出典slism.jp

姿勢をよくすることは、なんとなくイイことは分かっていたけど、何がいいの?

腹に力を入れて背筋をのばすと、自然と呼吸が深くなる。実は、姿勢を整えることには結構エネルギーを使っている

「ゆったり座る」より「背筋を伸ばす」と酸素消費が多く消費されることがわかっている。

肩甲骨を真ん中によせたり、開いたりするイメージで動かす

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

alilbirtdmさん

小耳にはさんだコネタ、ためになることをつらつらまとめていきます。
健康に気遣うようになったので、その辺が多めです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう